スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STADIUM 5月4日(木・祝)みどりの日

2017年05月06日 12:16

北の大地もようやく桜の季節を迎えました。

芽吹き始めた命の輝き、春の風に揺れる緑が目にも鮮やかに。

遅い春の訪れを、指折り数える日々。

この瞬間をどれほど心待ちにしていたことでしょう。

ふわふわと夢心地の心を弾ませながら・・・

風薫る5月の青空の下、秦くんに逢いに行ってまいりました。

横浜スタジアムへ!


『HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STADIUM』



今年に入ってから娘っち達の大事な行事が立て続けにあり、それはそれは怒涛の日々でした。

受験&卒業、ダブル入学も無事に終えて、ほっと一息ついたところです。


私的には、去年の福岡以来、今年初の秦くんのライブとなりました。

懐かしい横浜の風景、頬を撫で髪を躍らせる海風。

お友達と横浜秦巡りもさせてもらって、逸る気持ちを携えていざハマスタへ!


会場に吸い込まれていく青に身を包んだ沢山の人達。

見上げるYOKOHAMA STADIUMと、空の青のコントラストが眩い。


securedownload (70)


秦くんがこの場所で奏でる音楽を想像しただけで、鳥肌が立ってしまいました。


何とも言えない感動と興奮が湧き上がり、否応なく期待に胸が高鳴る15時。


野球のアナウンスのように、バンドメンバーが紹介されて、それぞれが登場。

秦くんの紹介が「四番ピッチャー、、」(ザワザワ笑いが起こる)

「失礼しました!ボーカル、ギター秦 基博」

青いユニフォームに身を包み、さらりと登場した秦くん。



第I部【All Stars Pieces】

1.今日もきっと

2.SEA

3.キミ、メグル、ボク


澄んだ青空と、吹き抜ける潮風に歌声を乗せて、爽やかで軽快なナンバーが続く。

笑顔満タンで歌を歌い、時に走るアクティブはったんが目白押しww

キミメグで丸めたサイン入りTシャツ&ボールを文明の利器を使って会場の遠方へ飛ばす飛ばすw


野外ならではの解放感が最高に心地よくて自然と揺れる身体♪

私の座席からステージは少し離れていたけれど、

肉眼で小さめ秦くんの姿は見れたし、なによりビジョンがあったから表情も笑顔も交互に確認しながら楽しみました♪


securedownload (72)



4.Girl

最近、ドラマ主題歌やMVで何かと話題になっていたGirl。

新しい意味合いを持たせた曲へと変化を遂げ始めて、、どこか納得できないモヤモヤが胸の奥で燻っていたけれど。。

生の歌を受け取りながら、大丈夫、自由でいいんだよって言ってくれてる気がした。

あの時、この曲を受け取って感じた想い、刻まれた記憶を自分の中で大切にしていっていいいんだって。

それでいいはずだよね♪



5.虹が消えた日


皆川さんのピアノで始まった虹が消えた日。

久しぶりに演奏してくれて嬉しかったな♪



パンフレットの中で秦君がハマスタの座席に座ってフォトを撮ったものがあるんだけど、

その座席に座ったラッキーなお客さんにサプライズ!

ビジョン越しに写真を撮ってもらっていました。

後でサイン入りでプレゼントしてくれるなんて~粋な演出でした!


6.水彩の月


皆川さんと二人で、、

美しく幻想的な世界へ誘われる。

少しずつ染まり始めた淡い空の色に溶け込むような歌声に、滲む視界。

冷たさを増す風が音と共に心に吹抜けて、しっとりと五感に染み込んでいきました。


7.プール

ギターの音色が流れてきた瞬間、、鳥肌が立つ。

零れる涙・・・

メロディが、、言葉達が、心のドアをそっとノックする。

語りかけるように、一音一音が優しく耳に届く。

広い空のスクリーンに映し出される映画のワンシーン。

浮かんでは消える儚い夢のようでした・・


8.青

凛と張り詰めた空気感を作り出す、青。

スタジアムに、空に、突き抜ける歌声に感化されて

この世界に隔てるものなんてないと思わせてくれた。閉ざされた心がスッと洗われた気がしました。


9. Halation

10.花咲きポプラ

11.スミレ

12.スプリングハズカム


スミレのダンス指導の途中で、リリーフカーに乗り込み大移動のはったん。←絶対どこかであると思ってたw



ストリングスが加わって、より一層華やかさと、厚みを増した音達と一緒に

リズムに乗って加速しながら、ハンドクラップしたり、踊ったり。

会場のお客さんと一帯になって、音楽の楽しさを共有する時間を味わい尽くしました♪

52218_66104_170505-CI-115001.jpg


52218_66104_170505-CI-115002.jpg


13.言ノ葉

新しい息吹が吹き込まれた美しい言ノ葉

優しい色を纏わせて、今という色に塗り替えられていく。


あなたがいたから僕がいるよ


沢山の思いが詰まった大切な一曲だから、、

いつも以上に言葉が突き刺さってしまったよ。

止めどなく、、ぽろぽろと流れる涙

歌ってくれてありがとう・・・。


14.水無月

移ろいゆく季節を感じながら、淡く茜色に染まりゆく空を眺めながら、秦君とお客さんと一緒に歌う。

水無月の言葉が意味をもって響いてきました。

想いを、願いを歌に込めて、声を集めて重ねるハーモニー。。とっても素敵でした!


securedownload (71)



第II部【GREEN MIND】

15.アイ

久しぶりのGM。

心ゆくまで秦君の弾き語りに浸れることをとても楽しみにしていました。

語りかけるような歌声、優しく爪弾かれるアコギの音色。

どれも秦君にしか奏でられない唯一無二の音。

これぞ秦基博の真骨頂。

この瞬間に立ち会える喜びを噛みしめながら、、静かにそっと灯された心の中の温もりを抱きしめる・・・


16.シンクロ

ボサノバverにお色直しされたシンクロ。

若さが迸るようなアグレッシブなシンクロから、大人の階段を10段上ったような曲に生まれ変わってびっくり。

変化球投げてきたぞーー

最初なんの楽曲かわからなくて、ドキドキしてしまいました。クゥーやりよる!


17.Sally

二度目の弾き語りSally

自由に羽ばたく鳥のように、歌い、そっと背中を押してくれる。

私の心を解き放つ翼となってくれる歌。

何度も空を仰ぐ、、目の前に広がる光景を、尊い瞬間を焼き付けました。



18.嘘

ループマシーンで音を重ねる。

永遠に終わりのない、問が自分の中でループするみたい。

信じたい 信じたい ・・・


ドラムを叩く秦君の姿が印象的だったなぁ・・・


〜Movie〜 Theme of GREEN MIND


秦君の小さいころの写真をお披露目するコーナーがあって、

まーるくて、シマシマのシャツをきたもとひろ少年がめんこかったーーw

ジョイマンの隣で、先生にピースサインしたらダメだよっ!って言われたのに下の方でピースサインをするやーつw


Movie〜 Theme of GREEN MINDでは秦君を支えるスタッフさん達の姿が映し出されて、、

こんなに沢山の人達に支えられて、このライブが作り上げられた事が改めて感じられてジーンとしてしまいました。

ありがとうございます、、、と心の中で感謝の気持ちでいっぱいになりました。



19.未発表曲(タイトル未定)

それまで明るく会場やステージを照らしていた照明が一気に落とされて、、、

一筋の光の中で、爪弾きだした聴いたことのないメロディ。

言葉を噛みしめながら受け取っていたら、、ひとこと一言が優しくて、泣けてきた。

小さな花見つけてくれたんだね。。

 
 君に会うために うまれたんだ



20.Dear Mr.Tomorrow


美しく旋律を奏でるカルテット、横浜の街に、夜空に解き放たれる魂の歌声。

ただただ、圧倒されて、、心から瞳へ次々と伝わる涙。。


この時代に生きている一人として、出来ることを探し続けよう。。

日々感じる理不尽な出来事、空虚感、目に見えない不安、憤りを抱えることもある。

それでも今を受け止めながら、自分に出来ることを見つけながら歩いていきたい・・・




21.風景


やわらかな歌声に呼び起こされる記憶のかけら達。

描き出される穏やかな情景に、自分自身の想いを重ねる。

横浜で聴くとより一層、特別に感じるから不思議です。

凝り固まった心を溶かすような歌に救われた気がしました。



22.グッバイ・アイザック
23.Q & A
24.透明だった世界

アグレッシブで、躍動感溢れるアレンジの数々。

また違った弾き語りの醍醐味を感じさせてくれました。



25.朝が来る前に


凍える闇夜の中で、研ぎ澄まされた、揺るぎのない歌が心に染みわたる。

変わり続け、変わらない姿を、歌を、音楽に真摯に向き合う姿勢を感じさせてくれました。



26.ひまわりの約束


「この10年間、たくさんの曲を作り、たくさんの歌をうたってきました。
その中でもいちばん多くの人たちに歌ってもらったと思う曲<ひまわりの約束>を、今日はみんなに一緒に歌ってほしい」と秦君。



ひまわりの約束を一緒に歌えて嬉しかったよ、秦君の表情も笑顔もやわらかくてもらい泣き、、。

沢山の人に愛されて、それぞれの人の中で、響き渡って、何かを残して育ってきた大きな曲。

私も、、ファンのひとりとして、誇らしくて、嬉しくて、、歌いながら胸が熱く熱くなってしまいました。

これから先も大切にしていきたい大好きな曲です。。


27.鱗(うろこ)


音楽の力って、言霊って本当にあると思うのです。

今まで幾度となく受け取ってきたけれど、こんなにも心に刺さるのはなぜでしょう。

超えてくる、、何度でも、、。

またしても記憶に刻まれる素晴らしい鱗に出会ってしまったのでした。


魂を奪われて、掴まれて、こらえきれない想いが溢れる。

しばし、、放心状態でした。。。涙

歌い終わったあとも、、さざ波のように会場から感動の余韻が漏れていたよ、、、恐るべし秦 基博!!!


52218_66104_170505-CI-115005.jpg


Encore

28.月に向かって打て


ハマスタの夜の情景が、、ってここですからね、歌ってくれると思ってました♪

歌詞の世界が、リアルに重なってキュンとしちゃいました。

秦くん、でっかい、でっかいホームラン打ったじゃないですか!



「日中は暑いなか、夜は寒いなかありがとうございました。
10年間音楽を続けていたから、みんなと音楽を通じて繋がっていられるんだと思います。
次の曲は携帯のライトをつけてもらえるとうれしいです。本当にありがとう御座いました」と秦君


29.70億のピース

iPhoneのライトのつけ方がわからなくて右往左往しちゃったけれど。

ふと会場を振り返ると、、暗闇に無数に煌めく光達。こんなに沢山の光が、、、


52218_66104_170505-CI-115003.jpg


美しく、輝く星のように、儚くすぎゆく一瞬一瞬を忘れないように、、目に焼き付ける。

ステージから見渡す光はきっともっと素晴らしい光景だったのでしょうね。。

この場所でピースが揃う意味、隣り合えた意味を噛みしめながら、、

音楽で、寄り添えたこと、つながれたこと、、忘れません。

素晴らしい時間をありがとう。。。


52218_66104_170505-CI-115004.jpg



横浜で、夢のハマスタで、、受け取れて本当に幸せでした。

またね。またね。また会いに行くね。

securedownload (69)



バンドメンバーの皆さま、スタッフの皆さま、、お疲れ様でした。

秦君、本当にありがとう!感謝の言葉を並べても並べきれないけれど、、、

記念すべき10周年(私的には9周年くらい)、共に同じ時代を過ごしてこれて幸せでした。

これから先も秦君から生まれる音楽を楽しみにしています。



自分目線全開の感想ですが、、少しでも素晴らしいライブの雰囲気をお伝えできていたら幸いです。

お会いできたお友達ありがとう!

お会いできなかった皆さま、、またどこかで会えたら嬉しいです♪


ここまで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/563-3cebd284
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。