「青の光景」の片鱗

2015年11月05日 10:09

ゆく秋の寂しさ身にしみるころ

皆様いかがお過ごしでしょうか。


耳に届く音楽や、心に留まる言葉と向き合いながら、、今頃忙しくしているのかしら。。。

黙々と読書に勤しみながら、ふと思い出す、、今日も歌っているのかしら。。。

アルバム制作が佳境なのかしら、、、

HG日記も更新が途絶えたままだし、、。


そう、何気ない日常の片隅にふっと思い出すのは秦くんのことでした。


そんなふわり、ふわりとした日々の最中に、、

待ちに待った秦くんのアルバムの全貌が明らかになりました♪


タイトルは『青の光景』


2015年12月16日(水)発売
5thアルバム『青の光景』

収録曲 (初回生産限定盤・通常盤共通)

01.嘘
02.デイドリーマー (大東建託『みんなの想い編』CMソング)
03.ひまわりの約束 (映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)
04.ROUTES (NHK Eテレ『人生デザインU-29』テーマソング)
05.美しい穢れ
06.Q & A (映画『天空の蜂』主題歌)
07.ディープブルー
08.ダイアローグ・モノローグ
09.あそぶおとな
10.Fast Life
11.聖なる夜の贈り物 (ハウス『北海道シチュー』CMソング)
12.水彩の月 (映画『あん』主題歌)
13.Sally (GLOBAL WORK CMソング)
全13曲

5639d71ee8c47.jpg

5639d72c725a2.jpg





昨日のラジオで秦くんがタイトル「青の光景」について語ってくれました。


アルバムを作り出した時に、イメージカラーとして青がありました。

空の青 海の青 色々な青があるけれど、、、

ひとつは若さとしての「青さ」、未熟なことを言ったりしますが、

自分自信も年齢も重ねて、段々深まっていく、成熟していく表現を見せれたらいいなという想いだったりとか、 、


「青」は英語で「Blue」ですが、どこか物悲しさを持っていたりだとか、

ただ爽やかな空の青だけじゃなく、そこには人間の悲哀みたいなものが隠されているんじゃないかと。

そういったことをイメージしながら、青という色をモチーフにアルバムを作ろうと思い、

タイトルを「青の光景」と付けました。と秦くん。


「秦 基博のフィルターで切りとった青い光景、景色であり、気持ちであり、

表現者としてより深まっていった秦 基博自身の姿や想いが込められたものとなっている。」 (エキサイトミュージックーより)



色々な「青」を感じながら、思い描きながら、生まれた楽曲、言葉達なのですね。

昨日、初めて目にしたタイトル、新曲の曲名に出会い、、ジャケット写真に

ドキドキとワクワクの連鎖が止まらなくて。。

脳内、青の世界、、いや青の光景に染められたのでした。



穢れ、、、「けがれ」と、読めなくてすぐ調べた人は私です。笑


穢れっていう言葉の意味を紐解くと、、、忌まわしく思われる不浄な状態などと、あまり良い意味では使われないけれど、、

美しい穢れ、、どんな切り口で描かれているのだろうと想像するだけでゾクゾクしてしまう。


「嘘」「ディープブルー」も「あそぶおとな」も「Fast Life」も早く受け取りたい。

どんな世界が広がっているのだろう、、。

もちろん、タイアップで全貌が明らかになっていない数々の曲達とも早く出会いたい!



曲名から想像を膨らませる楽しさったら、、、にやにやにや←あやしい

この時期にしか味わえない幸福感ですよねー。


想像以上のボリュームに、期待に胸を弾ませるワタクシメでございました。


秦くん、沢山の新曲をありがとう!


今は、あれや、これや妄想をフル回転させながら、、受け取れるその日を心待ちにしております。


でもでも、、実の所、、まだアルバムのREC中なのかしら、、?

秦くんの想いの全てを、歌声を、研ぎ澄ました音を、メロディを、、、

アルバムに注ぎきるその瞬間まで、、待ってます!



『ダ・ヴィンチ』も買わなくちゃね。。北は発売が数日遅れるけど、、w♪


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/543-886eec5e
    この記事へのトラックバック


    最新記事