スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015 20th Anniversary 9月26日

2015年09月28日 14:58

今年も行ってまいりました横浜赤レンガ!

私的には、2011年から連続参加のAugusta Campへ♪


お馴染みの横浜の風景が出迎えてくれました。

いつもと違うのは。。。そう灼熱じゃないってこと!(笑)

心配されていた前日までの雨も上がり、澄んだ青空ではなかったものの、

涼しい海風が心地よく快適な野外空間を演出してくれておりました。


例年の夏フェスの過酷さと比較すると、雲泥の差!

来年も秋に開催してみてはどうでしょう~なんつってw


恒例のオーガスタ食堂、今年も秦くんの物をチョイス致しました♪

ハタコス&ハタオレを頂きつつ、福引でステッカーをもらいつつ、しゃっぽ君のお土産をもらいつつ。

偶然バズリズムの収録隊とすれ違って、至近距離でバカリズムさんと、マギーさんを拝めちゃいました。



横浜の海、抜ける空、青い椅子がずらーーーっと並ぶ風景はいつみても圧巻!


自分の座席から、斜め前方に見えるステージは想像よりも近くて、、

肉眼でちゃんと顔が確認できる距離に、ムフフなのでした♪



また新しい伝説が生まれる瞬間に立ち会える喜びで、

胸がドキドキと高まるオープニング。


今年は山さん20周年を祝して開催された特別なAugusta Camp


どんなセッションが見られるかとても楽しみにしていました。

曲数も多くて、記憶も曖昧なのですが、

オフィシャルなレポを参考にしつつ、感想を少しばかり振り返ってみます、、。


■第一部
○山崎まさよし

M1. 僕はここにいる

ビジョンに映し出される山さんの映像

横浜の街を歩き、この赤レンガ特設ステージまでたどり着いた演出です。

「どうも、山崎まさよしです。オーガスタキャンプへ、ようこそ」

ひとり、弾き語りで届けられた「僕はここにいる」。


ここからはオーガスタのミュージシャンと山さんの楽曲を演奏する第一部の始まりです。

一対一の弾き語りワールド。


M2. 六月の手紙 with 浜端ヨウヘイ

ヨウヘイくんの大きさと、歌声の力強さを実感。


M3. 妖精といた夏 with 長澤知之

長澤くんの独特の雰囲気を纏った歌声にどこか懐かしさを覚える。


M4. ア・リ・ガ・ト with 竹原ピストル

ピストルさんの真摯な姿に胸アツ。

唯一無二の歌声に恋に落ちたのでした、、。


M5. 花火 with COIL

しっとりと歌い上げる山さんと、ベースで音を重ねるサダさん。

季節の移り変わりを感じながら、花火の歌詞が心に沁みました。。。



M6. ツバメ with 秦 基博


前髪を切りすぎた♪
前髪を切りすぎた♪、、、秦くんの登場(笑)


三文字の曲名が多かったらしく、

山さんが間違えて、一度サダさんの順番の時に呼び込まれた秦くん(笑)


山さんのピアノに乗せて、、クリアに響き渡る、秦くんの歌声

忽ちに潤む視界。。。

二人の歌声に想いを寄せて、気持ちを重ねて、記憶に刻む瞬間でした。。



M7. セロリ with スキマスイッチ


ここで秦くんに呼ばれて登場したのは、直属の上司(当たりがきついw)のスキマスイッチ!

山さんの格好に身を包んだシンタくんでしたが、シンタクンそのまんまでして、全然似てないw


山さんと、スキマの三人でフリートークを繰り広げてる横で、

どうしたろうかと、うろうろする秦くんがツボでした(笑)

和やかなトークから続くセッションも、軽やかに心地よく~♪

山さんとタクヤくんの企みで、長めの間奏でメロディオンのシンタくんの息が続かなくなる一幕も(笑)


M8. Fat Mama with さかいゆう

山さんのおうちで、お好み焼きをご馳走になった時の事、

途中で何かの境に豹変する山さんのお話などなど~


多彩な世界観を表現できる、ゆうくんならではの、ファンキーセッション!

奏でられる音達と、グルーブに、気持ちを共鳴させて一緒に刻むリズム~♪



M9. Let's form a R&R band with ALL CAST


「オーガスタって、みんなでこうやってオーガスタバンドができるでしょ?

だからこの曲を第一部の最後に、やりたいと思って。」と山さん


AC2015_1_all.jpg




休憩の途中、山さんへのお祝いメッセージが映し出されていたのですが、

コスプレKANにニヤケました。

バカリズム&マギーちゃんがステージに登場して、番宣とやってみたかったという

「盛り上がってますか横浜ーーー!!!」

「どぅもありがとぉう!!!」←発音w

コール&レスポンスを繰り返してましたww


≪第二部≫

杏子
M10. ねぇ、もっと with 山崎まさよし/COIL/あらきゆうこ/長澤知之
M11. Flamingo Rose *新曲9/30リリース with 山崎まさよし/COIL/あらきゆうこ/さかいゆう


「オン・ドラムス!山崎まさよし!!でてこいや!」←実際はもっと、長かったのw

杏子さんが山さんと一緒に演奏したい楽曲を、、山さんのドラムで~

妖艶な歌声を、全身に纏いながら、ステージで華麗に舞う杏子さんは相変わらず素敵でした。



さかいゆう
M12. Superstition(オリジナル:Stevie Wonder)with 山崎まさよし
M13. 僕たちの不確かな前途 with 山崎まさよし
M14. ジャスミン *新曲10/21リリース


一緒に音を奏でるのが楽しそうなゆうくん。

うねる歌声とリズムに合わせて体を揺らす極上な時間。

独特の冴え渡るセンスを持ち合わせた二人ならではの

ミラクルな音の交わり合いにゾクゾク。

初めてフルで受け取る「ジャスミン」

「この曲には、シンガーソングライターとして、順風満帆とは言えない時期を長い間過ごしてきた僕にしか歌えないような、

自分そのものを歌った自伝的な要素もたくさん含まれています。」

以前インタビューで読んだ事をふと思い出しながら、、


美しく、澄んだ、歌声が横浜の空に溶けていく。。。

やわらかな風がふっと心に吹き抜けるように、、やさしい言葉達が語りかけてくる。

フレーズの一つ一つが、、、胸をギュッと熱くさせるのでした(涙)



COIL
M15. ホームタウン(オリジナル:仲井戸“CHABO”麗市)with 山崎まさよし
M16. バス待ち with 山崎まさよし
M17. Sunset Blues(オリジナル:西 慎嗣)with 山崎まさよし

あらきゆうこ
M18. Sonnet♯9(オリジナル:杏子)with 山崎まさよし/COIL
M19. Train run with 山崎まさよし/COIL


元ちとせ
M20. 腰まで泥まみれ~Waist Deep In The Big Muddy~(オリジナル:Pete Seeger/日本語詞:中川五郎)
M21. We Can Work It Out(オリジナル:The Beatles)with 山崎まさよし
M22. 名前のない鳥 with 山崎まさよし


初めて山さんに会った時に、「猿がおる!」と言われたちーちゃん(笑)


メロディが流れ始めた瞬間、、一気に楽曲の世界へ引き込まれていく。

そんな力を持った「名前のない鳥」

乾いたアコギの音色と、歌声の響きが相まって、浮かんでは消えるいつかの情景。

胸に迫る切なさが、さらに哀愁を誘う。


長澤知之
M23. Lucy In The Sky With Diamonds(オリジナル:The Beatles)with 山崎まさよし

浜端ヨウヘイ
M24. 大男のブルース with 山崎まさよし
M25. MUSIC!! with 山崎まさよし

大男のブルースの歌詞が可笑しくて、、ヨウヘイくんそのまんま(笑)

見るたびに「でかいなっ」と山さんに言われるヨウヘイくんw



秦 基博


ウコンの力のCM以来、演技の出演依頼がサッパリ来ないので、山さんに責任を取ってもらいたいと秦くんw

明日もがんばろうっw


M26. アイwith 山崎まさよし


弾き語りで届けられるアイ。

美しいアコギの旋律に乗せて、横浜の夜空に解き放たれる秦くんの歌声に

そっと寄り添うように重なるハーモニー、、。

奇跡の瞬間、瞬間を胸に焼き付けて、、。



M27. FaFaFa with 山崎まさよし/あらきゆうこ


まさかの選曲に、ひゃっほう!!!っとなったのは言うまでもなく、もちろんワタクシもニンマリ顔。

山さんと一緒に「ごめんね~」歌えて良かったね秦くん♪


M28. ひまわりの約束 with あらきゆうこ


「山崎まさよしというシンガー・ソングライターは、常に僕の遠い先にいて、同じようにはできないけれど、

僕なりのやり方で目指したいと思わせてくれる存在です。

その偉大な先輩がすぐそばにいて、そして同じステージに立つことができて、とても幸せです。」


堂々とステージでうたを届けてくれる秦くんの姿が眩しかったな、、、、。


大きく花開いた「ひまわりの約束」を受け取りながら、、

どこか遠くにいってしまったような切なさを感じたり・・・

でも嬉しくもあり、、色々な想いが交差して、じんわりと胸が熱くなる。



スキマスイッチ

M29. ガラナwith 山崎まさよし


今年のオーガスタキャンプも「I」が無いトーク(笑)

恒例のAからNまでのコールやりたかったなー!


笑顔全開なスキマに、沢山のパワーをもらって一緒に盛り上がる最高のステージ♪


M30. Englishman In New York(オリジナル:Sting)with 山崎まさよし

山さんが途中なにかを間違えて、、、はっとする二人(笑)

山さんの事をずっと心配そうに見つめながら歌う、タクヤくんの優しいまなざしを忘れないw


M31. マリンスノウ


シンタくんのピアノと、タクヤくんの歌声が全身に降り注ぎ、、

深海へゆっくりと落ちていくように

心を奪われて、ただただ酔いしれ、涙がほろり、、ほろり、、




竹原ピストル

M32. 未完成with 山崎まさよし

山さんとの出会いのエピソードや、真摯な想いを切々と、長々と(笑)綴ったお手紙を読み上げるピストルさん。


面白くて、真面目なピストルさんの人となりを垣間見れて良かったなぁ~。


「まるで自分の曲のように愛着を持って歌っている曲です。」と歌いだした途端

グサリと刺さる熱い歌声に、心を奪われてしまったのでした。。。

歌い終わったあと、涙が流れていた事に気づいたくらい、、。




≪第三部≫
□ 山崎まさよし
M33. アドレナリン
M34. アレルギーの特効薬
M35. 晴男
M36. ガムシャラ バタフライ
M37. パンを焼く
M38. ド ミ ノ
M39. Flowers
M40. 振り向かない
M41. One more time, One more chance
M42. 月明かりに照らされて


ゲンタさんと、キタローさんと作り上げる怒涛の熟練・山崎ワールド!

音楽職人「山崎まさよし」、ここに君臨です!

兎に角、格好いいの、すごいの。

サウンドも、卓越されたギターも、疲れを知らない歌声も!


大声で歌って、ハンドクラップして、ぶんぶん手を振って、早口言葉でわちゃわちゃになって、楽しいなんのって(笑)

お客さんと一緒に作り上げるステージ、それは、それは圧巻の一言でした。


One more time, One more chance、また横浜で聴けて感無量でした。。涙



あー山さんやっぱりすげいやっ、流石!!!

またワンマン行きたいっ!、、、って終わった直後、叫んでた自分です(笑)



≪All Star Session≫
M43. 21世紀マン
M44. 根無し草ラプソディー 2015
M45. 星のかけらを探しに行こう Again


「星のかけらを探しに行こう」また最後に一緒に歌えて嬉しかった!

オーキャンには欠かせないし、

これからもずっと歌いづづけて欲しいな!



ステージにいる秦くんからずっと目が離せなかったわんw

お馴染みのマラカスふりふりも、

「根無し草ラプソディー 2015」の笑い声も、ガヤも♪

最後の花火にビビる姿も見逃さない(笑)



オーガスタキャンプの楽しさを存分に味わいつくしました。

この場所で、生の音楽を受け取れている事がただただ幸せで、楽しくて、、笑顔が溢れる

そんな胸がいっぱいになったアンコール、最高でした!


AC2015_home.jpg




ラストの撮影OKの心遣いも嬉しかったな~~~激写しまくりなお客さん(笑)


arigato.jpg


山さんを尊敬してやまない、愛してやまない、オーガスタファミリーと一緒に、

20周年をお祝いできて嬉しかったし、参加できた奇跡に感謝しています!



これからも、偉大なパイセンとして、長男として、オーガスタを引っ張っていって欲しいなぁ、、♪

山崎まさよし先輩、20周年おめでとうございます!





2015akarennga.jpg


来年は秦くん&長澤くん10周年。

どんなオーキャンになるのかなぁ。

来年も絶対に参加するぞーー!そう心に誓ったのであります。


なんだかんだと、、結局長くなってしまいました(笑)


ここまで読んでくれて、ありがとうございました♪



スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. クマミ♪ | URL | -

    Re: Re:YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015 20th Anniversary 9月26日

    > takekobaさん

    はじめまして♪ブログ訪問ありがとうございます♪

    私もオーガスタのミュージシャンの才能に惚れて早数十年(笑)
    始まりはバービーボーイズの杏子さん、山さん&スガさんでした( ´ ▽ ` )ノ
    ピーちゃんこと、竹原ピストルさんの魂の歌声、心に刺さります!

    今年のAugusta Campも秦くん&長澤くんの10周年ですし、
    絶対参戦したいと思ってます〜♪

    ツイッターのほうもフォローありがとうございました!
    これからもブログ共々よろしくお願いします(´ー`●)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/540-a06c9bb0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。