世界遺産劇場 - 縄文あおもり 三内丸山遺跡 - 秦 基博 Special Live 2015年9月5日

2015年09月08日 11:38

思い起こせば中学の修学旅行以来の青森へ行ってまいりました。

世界遺産劇場&HGお楽しみ企画を受け取る旅です。


車窓に流れる稲穂が揺れる原風景や、のんびりとした空気感もどこか北海道と似ていて、

不思議な親近感を覚えました。


初日は今年初の秦くんワンマン。


ライブが始まるまでのドキドキを味わいつつ、青森の味覚を味わいつつ(笑)

全国各地から集まったハターの皆様とお久しぶりのご挨拶もそこそこに。。

乗り込む決戦の会場・・・・・


座席番号が果てしなく遠かったので、双眼鏡を準備しつつ、

蚊の対策&防寒も滞りなく~開演の時を待つ。




01. 色彩

ひとりステージに登場する秦くん、弾き語りからのスタートです。

懐かしいメロディに胸がときめく♪

パッと開けていく音楽の扉。

ドキドキと逸る気持ちを、加速する音に重ねて、、、


02. トラノコ


やわらかなアコギに乗せて、あたたかな歌声が響く♪

連なる後頭部の隙間と隙間からチラリとのぞく、

小指の先くらいの秦くんの顔を双眼鏡で覗きながら(笑)

どこか滑稽な自分の姿が、この楽曲のご主人とリンクして、ちょっぴり切なくなるそんなトラノコでした~

パン・パン・パパンし忘れちゃったな(笑)



ここで秦くんが「座りますか?」ってそっと言ってくれたけど、、座る様子がない会場のお客様。。。

私は座りたかったよ~。。。



03. 恋はやさし野辺の花よ※カバー


風に溶け込むような、、やわらかで、まろやかな歌声が

音の粒になって、全身に降り注ぐ。。

大正オペラが秦くんの歌声によって生まれ変わり、

この場所で生で受け取れる奇跡に感謝しながら、、

繊細な音の調べは、、心にしっとりと響き、、それはそれは極上な、幸せな時間でした。。


04. アイ


今日のライブの目玉としてストリングスの皆様がステージに呼ばれ

「ここでLIVEをやる事が決まって、一番最初に浮かんだイメージがストリングスでした。」←レポから頂戴しました。


05. Dear Mr.Tomorrow


美しく繊細な弦の響きと、アコギと歌声が、澄んだ夜風に溶け込んでいく。


交わる三位一体の音達の共演は、想像を超えて五感に響いてきて、、、。

涙がグッと込み上げてポロポロと零れ落ちる涙

言葉のひとつひとつが、心に問いかける。


素晴らしいDear Mr.Tomorrowをありがとう。。


news_xlarge_HIK_1819.jpg




06. 季節が笑う

07. 青い蝶


昔の楽曲がアレンジで新しく生まれ変わり、生のライブで届けられる楽しさを、驚きを味わう事ができました!

秦くんの歌声を包み込むように、軽やかに彩りを変えるように、楽曲にそっと寄り添う

カルテットの音色は華やかで、美しく、、本当に素敵でした♪



08. 水彩の月


皆川さんのピアノが水彩の月の世界へ誘ってくれました。。


数曲後から、姿が全く見えなくて、途中から必死に背伸びすることを諦めて、

ずっと耳と、心で受け取っていたのです。

だから、、、この楽曲の歌詞が、言葉がより一層深く深く心に響いてきたのかもしれません。

心で言葉に触れながら、噛みしめながら、、真っ直ぐに受け取ることができました、、涙


news_xlarge_YOR_5308.jpg


09. キミ、メグル、ボク

一部の最後はこの曲で会場が一体になる~♪

ええ、ええ、勿論、ワタクシもハンドクラップではっちゃけました(笑)



2部からは皆川さん、鈴木正人さん、ゆうこさんと一緒に!


10. ダイアローグ・モノローグ

11. Halation


12. トレモロ降る夜

軽快にアレンジされたトレモロはまた違った世界を見せてくれました!

しっとりとアコギで作り上げるのも勿論大好きだけれど、新しい発見が楽しい♪

何度も夜空を見上げてしまったよ~星は見えなかったけれど、、

この奇跡に 星の様に心を震わせながら・・・☆


20150907135512.jpg


13. 月に向かって打て


夜の野外、、色んな情景がリアルに頭に浮かんでは消え。

自分自身の心境がリンクして、秦くんに、この楽曲に励まされて元気がでたのでした(笑)



14. 鱗(うろこ)

皆川さんのピアノ、さざ波が広がるように会場に期待のざわめきが起こる。

強く放たれる歌声に圧倒される鱗。



15. 花咲きポプラ


縄文カルテットが加わって、さらに華やかさを増すメロディ♪

優しくて、あたたかくて、背中をそっと押してくれるような、元気を沢山もらえる大好きな曲です。

心を弾ませながら笑顔で一緒に盛り上がりました!


16. グッバイ・アイザック

寒さも吹っ飛ぶゾーンの連続です!一緒に口ずさみながら、

ハンドクラップで壊せ 君を閉す殻!


「9月9日にニューシングルをリリースします!3作連続の映画主題歌で、

今回は『天空の蜂』という映画の主題歌です。表裏一体の物事に対し、

自分だったらどうするか?を問いかけた曲です。

ストリングスを迎えての、今夜だけのアレンジで「Q & A」を聴いてください」と秦くん


17. Q & A


さらに鋭さを増す歌声に、刻まれる重厚なドラム、シャープなギター

研ぎ澄まされた感覚の中で、

本能のままに魂に突き刺さる、音や言葉の駆け引きに全身に鳥肌が立つ

奇跡の瞬間を繰り返すような、化学変化を生で体感して

、、ゾクゾクが止まらない。

「格好いいーー!!」終わった瞬間叫びました。。。!


18. Girl

可憐な世界にほっと心が和む~


「2009年の弾き語りツアー以来の青森です。縄文という、遥か昔に人の営みがあったこの場所で、

皆さんと共有できた現在を、この三内丸山遺跡に刻めた事が本当に嬉しいです。」と秦くん


19. ひまわりの約束


秦くんの言葉を胸に、受け取る「ひまわりの約束」

同じ風を感じ、同じ空を眺め、ひとりひとりに届けてくれる、大きな歌・・・

ただただ、、涙が流れて止まりませんでした。

お互いが支えあい、感じ通じ合える

縄文の風景と共に、心に刻まれました。。。



Encore

「さぁ、あの方を・・お呼びしましょう!」と言った途端、

きたーーーーー!ザワザワ笑いが起きる客席(笑)

ねぶたのお囃子に合わせ、客席から池ちゃんが登場した模様(笑)←全く見えずw


iketyan.png


ブルーフォレスト・青森♪♪♪ケビンコスナーさんが連呼w

お母さん率が高くて、ウケないなぁと~

「べっぴんさん」やった方がいいですか?と少々会場の雰囲気が滑り気味なのを気にしいな綾小路君麿さんww



1. 年貢for you ※with レキシ


「皆で一緒に年貢を納めましょう!」いぇす!

初ひろしバージョンを受け取れて感無量でした(笑)


「盗んだバイクで走り出す 行先もわからぬまま 自由になれた気がした年貢の夜~♪」byいい声のひろし


「バイクは盗んじゃダメ!自分のバイクで走らなくちゃ!」と池ちゃんに言われて


「自分のバイクで走り出す~♪」と全力で歌いなおした秦くんが今日一番のヒットでした(笑)←


news_xlarge_HIK_2006.jpg


おびえた目の皆川さんからの、怖くないっ(ナウシカ)、、、www←おきまり

脱線しまくりの長い長い年貢w最高でした!

池ちゃん大阪からの大移動お疲れ様でした&ありがとー!



「世界遺産劇場、ありがとうございます。この嬉しい気持ちを制作中のアルバムにぶつけます。

今日は本当にありがとうございました!」


2. 僕らをつなぐもの


静かに静かに心を、身体を満たしていく切なさを纏った音達

やさしく、、ギュッと胸を締め付ける

語りかけるように、ひとり、ひとりに届けるように歌を紡ぎだす。

終わってほしくないよ・・・涙

この夜の情景を心に焼き付けながら、、、



秦くん、素晴らしいLIVEを届けてくれてありがとう。。

気持ちの奥深くに浸透して離れない、生の歌声を受け取れて感無量です。

やっぱりLIVEは最高です!

縄文の風景と共に、沢山の気持ちと共に深く記憶に刻まれました。



yoin.jpg



ライブの最後、流してくれたものが新曲の音源だったなんて思いもしなかったな~

ちゃんと聴きたかったに1000点(笑)

ぼんやりと音楽が鳴っていたのは覚えているけれど(ライブの余韻でぽわーんとしてて)

ちゃんと受け取れるその日を心待ちにしております♪


そんなこんなで、、世界遺産劇場初日は無事に終了いたしました。

怒涛の2日目はまた、、後日、、


ここまで読んでくれてありがとうございました!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/537-fa2277b3
    この記事へのトラックバック


    最新記事