「evergreen」

2014年10月30日 11:36

冬へ一歩ずつ歩みを進めておりますこちら北海道。

みぞれ交じりの冷たい雨が降った後には、

気持ちを晴れやかにしてくれる虹が待っていてくれました。

心待ちにしておりました弾き語り”によるベストアルバムの封を開け

ヘッドフォンから流れ出す音に全神経を集中させて再生ボタンを押す・・・

クリアに響く音の粒は、心の隅々まで染み込み、、感情を揺り動かすのです。。

色々な場面で、ライブで聴いてきた曲達なのに、ひとつとして同じものはないと改めて感じました。

CDを聴きながら、、この歌声はもしかしたら?あのライブかも?と思う瞬間があって、、

最後まで聞き終わって、、今度はどのライブのテイクなのか特定したくてうずうず(笑)


ライナーノーツのヒントを頼りに、カナケンのDVDから該当曲を探す旅へ。。。←猪突猛進


■DISC 1

1.ひまわりの約束

新録で届けられた、弾き語りの「ひまわりの約束」

目の前で歌ってくれているような音の響きから、色々な感情が伝わってきて・・・涙

今年一番聴いてきた曲だけど、、受け取るたびに優しい気持ちになれるよ。。


2.青い蝶

広がりのある音達に、心が解き放たれていく、、、

大阪城ホール(LIVE AT OSAKA-JO HALL)かな


3.初恋 

4.言ノ葉 

美しくクリアに響く歌声、、問いかけてくる言葉達。

瞳を閉じて、耳に流れ込む消えゆく音の粒を逃さないように・・・


NHKホール(GREEN MIND2014)

違うかもしれないけれど、、

今年GMで聴いた言ノ葉の弾き語りに雰囲気が似ている気がして。。




5.ダイアローグ・モノローグ 


刻まれるアコギの乾いた音に乗せて、

今を歌う秦君の切なる願いが伝わってくる。

切なく軋む心中。

自分自身に問いかけながら、、、


NHKホール(GREEN MIND2014)



6.メトロ・フィルム

色々な風景や記憶に溶け込んできたメトロ・フィルム

武道館(2011年GREEN MIND AT BUDOKAN)


7.Halation 

結城市民文化センター (GREEN MIND 2012)


8.キミ、メグル、ボク

キミメグのライブテイクでこれ!っていうのを見つけられず、、


9.Dear Mr.Tomorrow 


初めてラジオで聴いたときからこの歌声は、、、と思っていました。

ライブで生で受け取り、その後Blu-rayで繰り返し聴いてきたから、

自分の中にしっかりと刻まれているのかな。。

淡々と、弾き語りで綴られていく世界。

自分自身と向き合うかのように、、

そして受け取る一人一人に語りかけるように歌ってくれる。

Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-


10.鱗(うろこ) 

ライブの熱量や、会場に張りつめた空気感までもが、

伝わってくるような歌声と、潔いアコギの音色。

自分の五感で感じる一対一のライブ感に、心を鷲掴みにされる、、

唯一無二の秦 基博の神髄を味わい尽くすことが出来ました・・・・涙


高知(AUGUSTA CAMP 2012 IN KOCHI)



11.朝が来る前に


懐かしさに包まれながらも、、今この瞬間に秦君が歌ってくれているような錯覚に・・・。

「朝が来る前に」と一緒に刻まれてきた記憶が淡く蘇って、、

哀調を帯びた旋律の中に息づく物語に、胸が締め付けられる。


武道館(2011年GREEN MIND AT BUDOKAN)



■DISC 2

1.Girl 

弾き語りのGirlの世界は、大きくて揺るぎのないアイの形がより自然体で、

等身大の姿を感じられるからすき、、♪


2.グッバイ・アイザック

くすっと笑ってしまったの、、ちゅちゅちゅ。。(笑)←ごめんなさい

刻まれるリズムに背中をポンっと押されて、

一緒に足並みそろえて軽快に歩きたい気分♪

新しい息吹が吹き込まれたアレンジは、この楽曲にピッタリでした!

 
3.虹が消えた日


虹が消えた日のライブテイクを探しながら、、

暫く再生していなかったカナケンGMの映像を観てしばし追憶に浸ってしまいました。

この少し前に秦君と出会って、心を奪われたんだよ~。

久しぶりに会う2008年の秦君の姿にきゅんとしてしまったの巻ね(笑) 


神奈川県民ホール(2008年 GREEN MIND Vol. 1)


4.エンドロール

この楽曲が流れてくると私の中で冬が始まるみたい・・・。

美しいメロディに乗せて、、描き出されていく白黒の世界・・・。

秦君も白シャツだったなぁ・・・似合ってたなぁ・・・


結城市民文化センター (GREEN MIND 2012)


5.フォーエバーソング
 
武道館(2011年GREEN MIND AT BUDOKAN)


6.シンクロ

ライブの臨場感が伝わってくる一曲。

どこまでも広がる青空を仰いで一緒に体を揺らして歌いたい♪ ←実際聴きながら歌ってる(笑)


宮崎(GREEN MIND 2011)


7.透明だった世界 

結城市民文化センター (GREEN MIND 2012)


8.僕らをつなぐもの 


秦君に出会った頃、何度も繰り返し聴いては、心を震わせてきた「僕つな」

夜道を歩きながら月が目に映る度に、赤信号で立ち止まる度に、、

そんな何気ない瞬間に不意に蘇る僕つな。

淡く切ない気持ちと一緒にこのメロディが浮かんで来たりしてね・・

どこにでもある情景の中に息づく

恋の儚さと、尊さにそっと寄り添ってくれる、今も色褪せることのない名曲です・・


最初、大阪GMの音源かなぁ?と迷ったのだけれど

HG magazineでヒントをもらって、、もしかしたらこれが渋谷O-WEST?

ライブ映像がないので、、これは勘でございます。


渋谷O-WEST(ぴあデビューレビュー VOL.126)


9.水無月 

ライブの臨場感溢れるテイク。

一緒に歌った私の声も、ハンドクラップも声援も。。この中に入ってるのかなぁ~


結城市民文化センター (GREEN MIND 2012)



10.アイ

空気に溶け込むような透き通る歌声の響きに酔いしれて・・・

大阪城ホール(LIVE AT OSAKA-JO HALL)



どれも、これも私の耳でそうかな~?と思ったものなので、本当にあしからずです!!!

いつか正解を教えて欲しいなぁ、、



新録された楽曲と、数々の弾き語りの歴史。

表情も感覚も秦流に、美味しく、時に切なく、熱く料理されて

ギュッと凝縮されて届けられました。



すべてを聴き終わったあとの満足感ったら、、、もう!


初めて聴くような、、それでいてどこか懐かしいような不思議な音の時間旅行。

時を経ても色褪せない名曲達を、

これからもじっくり、じっくり大切に聴いていきたいです。


秦君、素敵な音楽を届けてくれてありがとう!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/523-400c4bc9
    この記事へのトラックバック


    最新記事