J-WAVE LIVE 2000+14 国立代々木競技場第一体育館 8月30日

2014年09月01日 17:01

行ってまいりました、私的には4年連続のJ-WAVE LIVE !

毎年驚くほどの灼熱の代々木でございましたが、

今年は北の気温と大差もなく、それはそれは快適な東京でございました~!


予想外のデング熱騒動もありましたが、

そこは虫除けスプレーの出番ということで(笑)


30日のアーティストが発表になる度に、期待度がグングン上がっていった今回の一日目。


蓋を開けてみれば、、5組とも大好きなシンガーソングライターばかり♪


今年のラインナップはもう、もう、、本当にありがとう!!!なのでした。


そんなこんなで、涼しいハズの東京某所を颯爽と、、いや必死で走るワタクシメ。

お友達と合流するまでに山手線を乗り間違えたりね、

冷や汗タラタラのすったもんだありましたがw

そこは、ほら旅の醍醐味っていうことで!←大迷惑

ライブが始まるまでは、美味いランチや、

久しぶりのハターさん達との再会も堪能致しました♪

今年は2年連続一桁はならずとも、

なかなかに素敵なお席でライブを見ることができました♪ありがたや~~



●高橋優

1. パイオニア
2. (Where's) THE SILENT MAJORITY?
3. 太陽と花
4. 泣ぐ子はいねが
5. 同じ空の下


トップバッターとして高橋優くんが登場。

このステージに立つのは前回のオープニングアクトの時以来です。

あの日は手に汗握る想いで、一緒にドキドキしながら客席から応援していたなぁ。


沢山のライブを積み重ねて、大きな進歩を遂げたその雄姿に感動しました。

より一層力強さを増した歌声と、ライブパフォーマンスで会場を一つにしていく。

「泣ぐ子はいねが~!!!」

思いっきり歌って叫んで一緒に盛り上がりました~~♪


「同じ空の下」のストレートな言葉が心に響いてきて、、潤む視界。

駆け抜けるようにあっという間に終わってしまったけれど、凄く楽しかった!

11月のワンマンが待ち遠しくなったよー。



ステージ転換で次のアクトが秦くんだと分かった瞬間、、緊張からの手汗、息切れ動機(笑)←メンタル弱っ


●秦 基博


1. 鱗(うろこ)


流れ出すイントロと共に、夏の風が吹き抜けていく。

スクリーンに映し出されるようにいくつもの夏の情景が流れていく。。


クリアに、伸びやかに、どこまでも響き渡る唯一無二の歌声に包まれて、

気づけばポロポロと零れ落ちていた涙。。

心を解き放って、ただただ真っ白な気持ちで受け取ることができた鱗。

魂が揺さぶられる程に・・・素晴らしかったのです・・・涙



2. 今日もきっと

3. グッバイ・アイザック


やさしい笑顔で歌う秦くんの姿を目に焼き付けながら、

一緒に口ずさみ、ハンドクラップで想いを共有する心躍る時間・・♪


pc-hata05.jpg



「J-WAVE LIVE 2000+14、皆さん楽しんでいますか?

僕は7年連続で J-WAVE LIVEに出させていただいております。ありがとうございます!」

「凄いことですよね。7年って。でもスガさんと平井さんが最初からずっと出ているから、

あんまりスポットライトが当たらないんですよね、7年連続に。」

「とにかく1位になりたいんです。だから今だけは皆さんの中で1位にしてもらいたいなと。」


4. ダイアローグ・モノローグ


刻まれるメロディに乗せて、言葉が語りかけてくる。

自分自身の姿を投影しているかのような気持ちになる。

思うようには生きられないからって、嘆くばかりじゃ前には進めないよね。。。

答えを探しながら、自分を信じて歩いていくんだ。。




5.自画像


去年もこの場所で思いっきり打ちのめされたのに、、!

受けて立ちましょう。。。!

ダークで、ディープな秦 基博の世界へ引き込まれていく。

pc-hata04.jpg



未知数の歌の魔力に身動き取れずに、

身を委ねるままに翻弄されていく・・・・

ごめんなさい・・・今年も完敗です・・・。



6. ひまわりの約束


弾き語りで届けられる、ひまわりの約束。


やわらかな旋律と、あたたかい歌声が、この瞬間を宝物にしていく。。


生の音の響きを全身で受け止めながら、、

溢れる涙と、感じたこの気持ちを忘れないように一音一音を胸に刻んでいく。


pc-hata01.jpg



これからもずっと幸せの意味を見つけながら

秦くんの音楽を受け取っていけたらいいな・・・

そんな取り留めもない想いが浮かんでは消え。。


歌い終えた秦くんが、ステージ袖へ戻るとき、場所を間違って

ステージセットにぶつかりそうになってね(笑)

その時の咄嗟の動きが妙にお茶目さんでしたのーー(笑)くすっ



●平井堅

1. 瞳をとじて
2. 楽園
3. even if
4. KISS OF LIFE
5. POP STAR
6. LIFE is...

変わらない澄んだ歌声に、魅了されて、、心から癒されました。

楽園、そしてeven if

神セトリが続き・・・

久しぶりに聴く曲達に、懐かしい思い出が蘇り、、思わず涙がほろほろり。

ゆっくりと自分自身の記憶を重ねていけた贅沢な時間でした。

空気に溶けて、しっとりと心に沁み込んでいくような、極上の歌声は本当に素晴らしかった。。。


勿論、大人の余裕が感じられるMCも冴えわたっておりましたw

「ひとえにこうして応援してくださる皆様、応援してくださるJ-WAVEのスタッフの方々、

そして私の実力に他ならないです。」そのとーりっ!


●斉藤和義 (ゲスト 奥田民生)

1. やさしくなりたい
2. 月光
3. 映画監督
4. ハローグッバイ
5. Cheap & Deep
6. I Love Me
7. 恋のかけら with 奥田民生
8. ずっと好きだった with 奥田民生
9. 歩いて帰ろう

saito_jl20141-thumb-310xauto-86223.jpg



歌う姿はめちゃくちゃセクシーで格好良いのにね、←ドストライクな体系(笑)

話すとお茶目で、お手手フリフリがかわいい、せっちゃん。←ギャップがたまらん

本日も豊夢さんのドラムに心底痺れましたし、、はぅ♪


熟練された音楽、滲み出る渋み、独特の世界観で繰り広げられる

圧巻のステージに何度も鳥肌が立ちました!


「素晴らしく人生をなめてる男」・・wこと、民夫さんとのコラボも素敵だった~

随所に散りばめられた「シカオちゃんイジリ」も、

スガさん登場時に「こんばんは。斎藤和義です!」ときっちり落としてくる辺りは流石w

生ならではの連携プレーも最高でした(笑)


●スガシカオ

1. Progress
2. 19才
3. 黄金の月
4. LIFE
5. Real Face
6. 俺たちファンクファイヤー
7. コノユビトマレ
8. 奇跡

「斉藤和義」が作り出した冷める事のない熱が随所に残る代々木体育館。

スガさんが歌いだした途端に、

会場の色彩を一瞬で自分色に変えてしまう歌力には脱帽致しました・・!

聴けるとは思ってもいなかった「黄金の月」

胸がぎゅっと切なく音を立てたよ。。。


紆余曲折を経て生み出された楽曲、言葉達は胸を打つものがありました。


色々な世界観を楽しませてくれた多種多様なセトリも楽しかったーー!


ENCORE

EN1.夜空ノムコウ with 平井堅

suga_hirai_jl2014-thumb-310xauto-86232.jpg



二人の声が重なって、呼び合って、溶け合って、

奇跡のハーモニーが生まれました。

そこには見たことも、感じたこともない夜空ノムコウが広がっていました。

幾度となく心を掴まれる瞬間が訪れて、、

最後はもう感動を超越したような、不思議な感覚に・・・

二度とない奇跡の瞬間に立ち会えたことに感謝します。



EN2. 午後のパレード

最後の最後まで会場のお客さんと一緒に盛り上がって、

こうして初日の幕は閉じました。

音楽で一つになって本当に楽しい時間を過ごせて幸せでした!


やっぱりJ-WAVE LIVE最高だーー♪


大好きなミュージシャン達の生の音を思う存分に堪能しつくして

大大満足でこの夏のライブを締めくくる事ができました!


秦くん8年連続、期待してますねーー!

スガさんと堅さんの骨肉の争い・・いや最多出場争いを、これからも見届けたいなww♪

色々な化学変化が起こるようなコラボも期待しつつ。。。

J-WAVE関係者の皆々様方、どうぞ来年も宜しくお願いします!


私も5年連続参加を目指すぞーー(笑)


長々と、、ここまで読んでくれてありがとうございました♪

私の感想レポートはこの辺で終了と致します。

ではでは。。またっ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/519-f93f7f34
    この記事へのトラックバック


    最新記事