Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014”6/18.19 大阪フェスティバルホール

2014年06月21日 14:42

蝦夷梅雨の北の空から太陽が消えて、、数えれば2週間も雨が続いていました。

静寂と湿度を含んだ澄んだ空気に包まれてしっとり、、しんみり。

大阪へ行く数日前に一本の電話。

ずっとずっと心配していた事態に、ざわめく心。

。。。もしかしたら全てキャンセルすることも覚悟しておかなければ、、、。

心を落ち着かせることが精一杯で、自分が出来る事は、ただ、、祈ることだけ。

そんな不安な状況が大阪へ飛ぶ直前まで続きました。

頭の中で理性と欲望が渦巻き、葛藤を繰り返す時間


本当に不謹慎で、弱くて情けない自分の姿を自覚しながらも、、


こんな状況の中でも、、秦くんの歌を受け取りたい想いがどうしても消せなくて、、苦しかった。

迎えた当日の朝。

不安で後ろめたい気持ちを抱えたまま、乗り込む飛行機。

どうかこの旅が無事に終われますようにと、何度も何度も祈りながら

自分自身に戒めながら、、。




大阪セミファイナルは自分の気持ちがちょっと不安定な事もあって

ちゃんとした感想が書けそうもなくて。。ごめんなさい。


ライブ中も、、どこかぼんやりしてしまうことが多々ありました。


GM札幌でも実は同じような感じで、、それは自分自身の問題なのか

秦くんへのものなのか、、、。


どんなに素晴らしい歌声を聴いても感情が動かない、心が震えない。

深く楽曲の世界に入っていけない。

何故?

どうしちゃったんだろう・・・何が変わったというの?

気持ちの飽和状態なのかな?


戸惑いと疑問が残るばかりで答えは見つからなくて。


今まで何度も深く浸透して、胸を熱くさせてくれた音が自分の身体をすり抜けていってしまう。

ライブに集中出来ない自分がいたのです。


しかし、大阪セミファイナルの

「言ノ葉」で

そんな気持ちのモヤモヤも、、何もかも忘れて歌の世界へグッと引き寄せてくれた。

何も考えずに、ただ心を真っ白に解き放って受け取る秦くんの歌声。

心の何処かで頑なに閉ざしていた感情が次々に涙と一緒に溢れだしました。


もっと単純に、素直に聴けていたら違っていたのかな。

過去と今のギャップに戸惑っていただけなのかもしれないと気づいたのです。。



そんな反省と、秦友さんと一緒に飲み明かした美味しいお酒で自分を取り戻したわけです。。笑

ぺしっと頭を叩かれて、ほっぺたごむぎゅーーーっと引っ張られた気分のセミファイナルでした。。。←意味不明

そんなこんなで、、ごめんなさい。ちゃんとした感想になっていなくて、、、笑


そんな疑心暗鬼な気持ちがクリアになって迎えたGMファイナル。

とっても、、とっても素晴らしかった。

秦基博の本質は何も変わっていなかったし、ちゃんと心の真ん中にいてくれた。



秦くんの歌声を生で受け取れる事の尊さを噛み締めて、一曲一曲大切に受け取る事ができました。


「Theme of GREEN MIND」

1.サークルズ


昨日のライブの疲れを感じさせないクリアな歌声に包まれる。

心が穏やかに解き放たれていく

熱く熱く焦がれていく

サークルズの歌詞が優しく心に届いて、

ちくちく痛む心の傷の癒してくれました。


「『GREEN MIND 2014』ファイナルへようこそ! 

今日はアコースティックなライヴということで、リラックスしながら聴いてもらえたらと思います」

。。MCはまるごとレポから頂いております。


2.My Sole, My Soul

3.現実は小説より奇なり

4.アイ


今日の座席からは、粒な瞳まではちょっとわかりづらかったけれど(笑)

穏やかな表情で、リラックスしながら丁寧に紡いていくメロディ。

弾き語りで描き出される自由な音の揺らぎの中で、

伸びやかに会場に響き渡る

今この瞬間にした歌えない歌を、ひとりひとりに届けてくれました。



5.ダイアローグ・モノローグ

MATONの乾いた太い音がこの楽曲の持つ世界に音色にピッタリで

抱える色々な想いが重なって胸がギュッと締め付けられて。。


6.自画像


ループマシーンで音を重ね、描き出す赤と黒の世界。

艶と鋭さが溶け合い独特の色を放つ歌声。。

圧倒され、、酔いしれる極上の時間でした。。。




今日のウォータードラムセッティング、やかんではなく、大五郎で給水をする朝ちゃんでございました。

打ち上げかっっていうねw ステージで足を投げ出して横になろうとする朝ちゃんww

秦くんとのお経トークも手慣れたものでございまいました。

「みどりの窓口」はツアー中のハプニングのお話で、

昨日の打ち上げのお店のメニューのフォントが、色々混ざり合ってて見えにくくて、

鹿島さんがサラッと言い放った言葉がフォントにかけたダジャレ風で、、にんまりでございましたw。

「このメニューのフォント読みづらい」っていったら「ほんとだ」って天然返し(笑)


皆川さんの選んだ質問は「刑事ドラマみたいなあだ名をつけるとしたら?」

朝ちゃん→3年寝太郎 ソファーがあれば寝なくちゃと思うらしいw
鹿島さん→フォントw
皆川さん→ツアーT  色々な方のツアーTを着てくるらしいw
秦くんは自分で→ベビーフェイス♪  みんなからは→ハッピータイムでしょ!と突っ込まれるw

今回のバンドメンバーが本当にみんなふぉんとに、ほんわかしていてね、、大好きですw

これらの話は忘れちゃっていたのでついったーなどで拾ってきましたw



8.プール


水の調べと共に、夏の情景が脳裏に流れていく。

 永遠なんてない だからこの瞬間が愛しく思えるんだ



フォントの鹿島さんが登場で、、さらにステージが和むわけで(笑)


9.君のいた部屋

アコースティックなウッドベースの重低音に導かれるように

深く曲の中へ落ちていく・・曲の持っている湿度も匂いも音で伝わってくる。

低音の音の響きに切なく軋む胸・・


10.Rain

皆川さんの美しく繊細なピアノの旋律が流れ始めて、、2度目のRain

雨の情景が浮かんでは消える。


11.SEA
12.Honey Trap
13.Girl
14.スプリングハズカム
15.キミ、メグル、ボク

ここからは、勿論大いに盛り上がりました♪

遮るものはなにもないの~♪ Honey Trapを歌う秦くんの視線にクラっとしたのはないしょ(笑)

会場のお客さんと一帯になってにグングン加速していきました!

ハンドクラップして笑顔になって、、本当に最高に楽しかった!


16.五月の天の河

ピアノの旋律が流れてきた途端に、、グッと込み上げてくる涙。。。

  一緒に何かを共有する、そんな時間を大切にしたい

この楽曲に込められた秦くんのメッセージが自分の心情とリアルに重なっていく。

、、この瞬間を大切に思えるってこんなに嬉しい事なんだ

E1403193563477_2.jpg


ステージに散りばめられた天の川を見つめながら、、自分の心に焼き付けよう


17.鱗(うろこ)

18.言ノ葉


ツアーの初日、、

言ノ葉の途中でマイクオフで歌ってくれたこと忘れません、、

あの日はステージがすぐ近くだったから、、生の歌声が届いた気がしたのです。。

札幌も、そして昨日も、、ファイナルも、、秦くんの魂の歌声で鷲掴みにされました。。


凄く感動したし、やっぱり秦くんの音楽は、

音楽に対する真摯な姿は、、揺るぎないのだと信じられました。

 あなたがいたから 僕がいるよ

一言、一言が自分自身に響いてきて、、止まらない涙・・・


E1403193563477_1.jpg



<Encore>

1.ひまわりの約束

今日はひまわり側で、、幸せでした♪

遠回りして席に着く秦くん。左側のお客さんにもやさしさ届いたかな♪

「突然やってきたドラえもんは、いつも当たり前のようにそばにいてくれて、
でも本当はいつ居なくなってしまうのかわからない……。
そんなことが、僕らの日常に置き換えてみてもあって、お互い同士が認め合うことで、ここにいる意味を見いだせる。
そんな関係性の二人っていうのは自分の中にもあるんじゃないか? そんなことを思いながら作った曲です」と秦くん


涙腺のスイッチが、、壊れてしまったみたいに、、

ポロポロとこぼれる涙の訳は、、

この楽曲に息づく秦くんのあたたかい想いに触れたからだよね。。

色々な想いで胸がいっぱいになる。

ちょっぴり切なさも感じてしまうのは、、秦くんの事が大好きだからだよね。。。


ふっと、浮かぶ家族の顔、、愛おしい娘達の姿と重なる、、今とっても幸せだよ・・・涙


2.グッバイ・アイザック
3.1/365

楽しかった時間が、GMが終わってしまう、終わって欲しくない!!

1/365の歌詞がダイレクトに刺さってきて、一緒に歌いながら

笑顔なのに涙が止まらなくて、、



全21曲を全力で歌い切った秦くん、バンドのメンバー、そしてスタッフさんに盛大な拍手が送られました。

アンコール終了後も鳴りやまない拍手・・・

もうダブルアンコールを信じて疑わないお客さん!もちろん私も!


<W-Encore>


ステージに再び現れた秦くん!それはそれは大盛り上がりでございました!

一緒に歌おうと奏で始めたメロディに弾む心♪

水無月一緒に歌えて嬉しかった!


歌い終わってステージ脇で、両手を挙げてガッツポーズした姿、、ジーンとしたよ。。。。


こうして無事に『GREEN MIND 2014』は幕を閉じました。

全国13会場17公演、本当にお疲れ様でした。


私もこのツアー中、色々な事があって、心が折れそうになったり、、

不安な事もいっぱいあったけれど、

こうして秦くんのライブで、音楽で沢山の元気を貰えたし

頑張ろうって思えました。ありがとう。。!

元気の源、パワースポットだよ、、いやハタースポットだよ(笑)


秦くん、皆川さん、朝倉さん、鹿島さん本当にお疲れ様でした!

そして素晴らしい音楽を届けてくれてありがとうございました!


遠征させてくれた家族には本当に感謝してます!


長々と、、GMの思い出話、、ここまで読んでいただいてありがとうございました♪

ちゃんとしたレポが出来なくてごめんなさいっ。

ライブ会場でお会いできた皆様、、お会い出来なかった皆様、、またどこかで会えるといいな♪



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/515-dd9e6696
    この記事へのトラックバック


    最新記事