Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014” 5月11日 札幌市民ホール

2014年05月13日 10:27

5月11日


抜けるような青空と

鮮やかな新緑が目にしみる。

爽やかに北の大地を吹き抜ける風は

いつかの懐かしい記憶を連れてくる。


心を和ませてくれる自然の息吹に

そっと背中を押されながら会いにいくよ。 

たった数時間だけれど

かけがえのない時間の大切さや幸せに気づいたから・・・



風薫る五月の札幌に秦くんが歌を届けに来てくれました。


GM初日の記憶がまだ鮮やかな色彩でふとした瞬間に蘇り、、

物思いに耽る日々でした。


ライブ前は沢山の秦友さん達に再会出来る喜びも、楽しさも味わいつつ

楽しい時間を過ごすことができました♪



今回は自分の座席の横も、そのまたお隣も、

ずらーっとお友達5人が一緒になるというミラクルシート!

チケットを別々に取ったのにあるんですね~こんな偶然(笑

そんなこんなで、すっかり気分はリラックスモードで、

初日に感じた緊張感は何処かに置き忘れてきちゃったみたです(笑)



1.サークルズ



クリアに響き渡るアコギの音色、


温もりを感じさせる歌声が全身に降り注ぐ。



肉眼ではその表情を伺うことは出来なかったけれど、、


生の歌声は、この目に映る景色は確かにここにあるのだから・・




「卓球選手みたいな衣装ですが・・・」と会場を瞬時に和ませる秦くん(笑)←掴みはOK?

青いポロシャツが本当にそれ風で「サーーーッ!!!」とね、物まねしたくなるよね(笑)



2.My Sole,My Soul

3.初恋


4.現実は小説より奇なり


アコースティックに生まれ変わった楽曲は

その温度も質感も変えて届けられました。

巧みなファルセットに酔いしれる・・



5.アイ


6.ダイアローグ・モノローグ


Maytonギターの乾いた太い音が刻むメロディに乗せて

今の秦基博の描く世界を感じさせてくれました。



7.自画像


巧みに音を重ねていきながら作り上げていく


燃え盛る炎のように迸る歌声に

研ぎ澄まされた世界観に飲み込まれていく・・・



待ってました朝ちゃんのチキンラーメン、、いやウォータードラムのセッティング(笑)


みどりの窓口コーナーは

母の日の話題から始まりました。

三男坊の秦くんは母の日は何もしていないと、、それはダメだとお叱りの朝ちゃん(笑)

ライブが終わったら電話しなさいとご立腹w

朝ちゃんが子供の頃、キュウリを新聞紙に包んでプレゼントした思い出話でカッパを連呼する秦くんw


鹿島さんが選んだ質問は北海道に関するものでした。

秦くんが抱く北海道民のイメージは、すごくのんびりして平和な感じだそうですw

この前白い恋人パーク?に行った話とか、北海道の形は函館を掴んでブーメランに出来るよねとかw


皆川さんの選んだものはえっと・・

秦くんが女性に生まれ変わったらどんな下着をつけたいか(笑)


純白もいいし、ガーターベルトもいいし、、なんだかんだでスナイパー!ww


・・・などなど色々面白トークしてくれたのですが、

お友達と爆笑しなが聞いていたので曖昧にしか覚えておりませんw




8.プール


たゆたう水の流れに身を任せて

柔らかで、澄んだ音の響きに酔いしれる時間・・




9.君のいた部屋


鹿島さんの低音が切なさを置いていく。

なぜ・・・

どうしちゃったんだろう・・・


自分の身体を通り抜けていく音


気持ちの飽和状態・・・

深く沈んでいく・・・



10.アルタイル


初めて生で受け取るアルタイル。


美しいピアノの旋律が心を穏やかに満たしてくれて

北の夜空に届くようなどこまでも伸びていく秦くんの歌声が、

描かれていく物語が涙を誘う。


Rainに続き嬉しい初聴きになりました、ありがとう・・・



11.SEA

12.Honey Trap

13.Girl

14.スプリングハズカム

15.キミ、メグル、ボク


会場のお客さんと笑顔全開で一緒に音楽を楽しむ時間♪

市民ホールの2階はステージと距離はあるけれど傾斜が結構あるので

遮るものは何もないの~~

視界も良好で気分も気持ちも急上昇♪



16.五月の天の河


涙が頬を伝う・・・


ひとこと、ひとこと、噛み締めながら受け取る言葉達。

いろんな気持ちにリンクしてくるから泣けてくるよ。


同じ光をきっと見てる

2度とないこの瞬間を焼き付けよう


自分の暮らす街に会いに来てくれて、歌を届けにきてくれてありがとう。。





17.鱗(うろこ)


変化していく歌声とメロディの中に溶け込む言葉が

胸に刺さり、、涙



18.言ノ葉


秦くんに出会えて良かった。

秦くんの音楽に出会えて良かった。

過ごしてきた日々が、時間が愛おしく思い出されるよ・・


静かにつながっている、、それだけで幸せなのだから・・・涙


私はただただ圧倒され

心が揺さぶられるのでした。



アンコール


今日は右側で幸せでした。。♪←単純

ドラえもんに似てると言われてショックを隠せない秦くんでした(笑)



19.ひまわりの約束


心を真っ白にして受け取るひまわりの約束。

言葉を噛み締めながら、尊さを噛み締める。



秦くんがこの曲に込めたあたたかな感情が伝わってきて胸がくるしいよ・・

ポロポロと涙が溢れて止まらなかったよ。。。


究極のラブソング


本当の幸せをみつけたんだね





20.グッバイ・アイザック


21.1/365


あっという間の3時間でした!

最後は笑顔で一緒に想いを弾ませて~


会場に集まったお客さんと一緒にほっこり幸せなラストでした♪

秦くん、バンドメンバーの皆様ありがとうございました!



852445062.jpg






ライブ中

ふとした瞬間に自分の家で歌を聴いているような錯覚になったり、、

ふわふわと夢の中にいるような夢心地の時間もあったりで、

いつもとは一味もふた味も違ったライブになりました。


生で受け取っているのに不思議な感覚の余韻が思い出されます。

地元だったせいもあるのかなぁ?


勿論、音楽の世界に入り込んで涙した瞬間も沢山あったけどね、、♪

たまにはこんな風にゆったりマイペースに浸るLIVEもいいかもね♪


そんなこんなで次は大阪へ会いに行きますね!

どんな風にライブが成熟しているのか楽しみにしています。



ではでは札幌の思い出を綴ったところで、、これにておしまい。


一緒にライブを楽しんでくれた皆様ありがとう~♪

お会いできた皆様、お会い出来なかった皆様、、またどこかで会えるといいな!


自分目線ばかりの感想レポート読んでくれてありがとうございました♪



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/514-2b9a3f38
    この記事へのトラックバック


    最新記事