秦 基博 Visionary live 2013 -historia- 12月18 パシフィコ横浜国立大ホール

2013年12月20日 11:54

朝のカラリと冷えた空気を吸い込んで、深呼吸。

この時期にしては雪の少ない北の風景を横浜に重ねてみたりして。。

胸が例えようのない切なさに包まれる。



パシフィコ横浜 国立大ホールでファイナルを頂いて参りました。


LIVEの余韻というお土産で心はまだ立ち止まったままです。


脳裏に焼き付いた秦くんの姿、歌声が鮮やかに蘇ってきます。


そんな中楽しみにしていたWOWOWの生中継の映像をわくわくしながら再生してみましたが、、


あれれ?あれれ?これはファイナルの映像かしら?


私の記憶と一致しない時間の流れに、歌声の響きに

不思議な感覚に陥ってしまいました。


記憶の上書きになってしまうとは思っていなくて、

とても楽しみにしていた映像だけれど、

ここは自分の気持ちの整理が終わってから楽しみましょう!!

ということで途中で一度封印いたしました。




一日目のライブが終わってから、

沸々と溢れ出る感情を抑える事が出来なくて

ファイナルが始まる前に書き留めておかなくちゃ!、、

とホテルのベッドの上で(ぼさぼさ頭のパジャマ姿でw)

ただひたすらに感じた気持ちを綴った前回の日記。


スッキリした状態で迎える事ができました2日目のライブ前。


秦友さん達と一緒に中華街ランチをしたり、

沢山のハターさん達とのお久しぶりの再会も嬉しかったのでした。

ワクワクした楽しい時間の中で抑えきれないその瞬間を心待ちに・・♪


昨日は2階席からの参戦でしたが、、

本日は素晴らしい場所でその時を迎える事が出来ました!


本当に素敵な席をありがとう!お友達に感謝感謝です!



会場が暗転し、、始まる映像演出。

昨日はステージ全体を見渡せる状態で映像もまるごと楽しめたから、、

今日は秦くんに集中しよう、、!

近いとどうしても映像に目がいかないっていうのが本音なのですが(笑)


LIVEの感想レポートというよりも、、自分の目を通して感じたことだけ、、すこしだけ



1.Hello to you


少しざらついた歌声は、昨日の一曲目とその雰囲気も質感も似ていたけれど


胸に響く歌声は全然違って感じました。


伝わる温度、耳から心に届くその速度

歌い上げる表情、感情も、、リアルに伝わってくる。


何とも言えない幸せな気持ちが込み上げてきて、自然と込み上げてくる涙・・


これから始まるライブへの期待が高まり

心に静かに火種が灯される。



2.やわらかな午後に遅い朝食を


バンドの重低音がビリビリと体中に響いてくる。

同じ会場なのにやっぱりその伝わり方も全然違うんだと実感致しました。




3.今日もきっと
 
4.青い蝶

5.初恋

6.アゼリアと放課後


双方向な音楽のキャッチボール。

笑顔で歌う秦くんの姿は眩しくてキラキラ輝いていました。


視線が一瞬交わる度に胸がキュンと高鳴って嬉しさ3倍増し。。はぅ(笑)

いいんです。目が合ったのは勘違いなんかじゃないのw←


横浜で聴く「アゼリアと放課後」は

秦くんの思い出にそっと触れられるようで嬉しかったり、、♪


news_large_hatamotohiro_live201312_3.jpg



7.Girl

8.メトロ・フィルム


ふわり羽のよう


今年は何度この楽曲を聴いたでしょうか。

揺るぎのない真っ直ぐな瞳で歌い、その思いに触れて

そのたびに共感しながら心に響かせてきました。

Signede POPの中の一曲がここまで大きな存在になるなんて、、





昨日のライブでは映像とのお遊びは「パリン」だけでしたが、

今日は「ペロン」に「こしょこしょこしょ」も大放出(笑)

その言い方がいちいち可愛くてニヤニヤしっぱなしでしたっww

ちょいちょいドSな発言で客席を沸かせてくれた秦くんでしたw



9.Dear Mr.Tomorrow

10.Lily


弾き語りでじっくり、繊細な音の揺らぎを味わう極上の時間。

身体ごと心ごと包み込んで、深く深く浸透する歌声。



この瞬間を忘れないようにと身体中の細胞がざわめく。


秦くんしか描けない景色を感じさせてくれてありがとう。。。。涙



11.dot

dotが持っている独特の湿度や色に染まっていく


12.言ノ葉

13.グッバイ・アイザック

14.花咲きポプラ

15.パレードパレード

16.スプリングハズカム

17.自画像


news_large_hatamotohiro_live201312_1.jpg



自然に任せて心の赴くままに音楽を楽しみました。

笑顔になったり、思わずホロリとしたり、

心を鷲掴みにされて痺れたり陶酔したり。




秦くんとバンドメンバーと、会場のお客さんと一緒に想いきり盛り上がりました!


18.綴る



皆川さんのピアノのメロディの乗せて現れる女性が手紙を読む、、


そこからは、ただただ、、歌い上げる秦くんの姿から目が離せませんでした。



走馬灯のように浮かんでくる家族の顔。

未来の風景。


この先もずっとずっと見続けていられる訳ではないけれど

後悔のないように、日々を慈しみながら生きていきたい、、


色々な気持ちを、重ね合わせながら、、

込み上げてくる涙の滴。。。


綴るを聴くたびに、この曲が持っている大きな愛が深まっていくような気がしています。。



news_large_hatamotohiro_live201312_2.jpg



MC


「2013年12月で、あっと言う間に1年が終わろうとしています。
今年は4枚目のオリジナルアルバム『Signede POP』をリリースして、
このメンバーと共に全国31本ツアーを回りました。
その後夏フェスにもたくさん参加させていただき、
たくさんの人に自分の曲を様々な形で聞いてもらうことのできた1年でした。
ツアーのその先、2013年の後半に何かできたらいいなと考えていて、
島田大介さんにお願いして“映像”と“音楽”とのコラボレーションという形で
誕生した今日のライヴ。
“変わらずにとっておきたいもの”と、“新しい挑戦から生まれるもの”、
その融合が今回の“Visionary live”だったと思うんです。
今後どうやって育ってくれるか僕自身もとても楽しみです。
これからも色んな形で、でも変わらない“歌”を
皆さんに届けられるよう頑張って歌い続けたいと思います。
今日は本当にありがとうございました」


19.風景


やさしい眼差しで、ひとりひとりに届けるように

歌い上げる秦くん。

じんわりと温かい気持ちに包まれて、、


<Encore>


ここで秦くんより嬉しいお知らせ♪

アコースティックライヴ“GREEN MIND”が来年、2年ぶりに開催され、

4月30日よりで全国12都市を廻ることが決定しましたと♪


来年のGMの発表、本当に嬉しかったな!

最高のご褒美をありがとう!


実はGMがあること思いっきり期待してたんです、、今日の発表もねーー♪

詳細は焦らされちゃったけどね(笑)

春の息吹が感じられる北の大地にも歌声が響き渡る事を願っていますね♪

きっとまた、ぴゅーっと飛んでいきたくなってしまうんだろうけど(笑)


ここで

光太郎さん、カースケさん、鹿島さん、皆川さん、島田さん、スタッフさんへの

温かい拍手が送られました!



1.アイ

2.ドキュメンタリー



丁寧に描かれるアイの世界に、、酔いしれる。


魂の歌声で歌を、想いを届けてくれたドキュメンタリー。

最後の一音まで生の醍醐味を味わい尽くしました。


本当に最高の時間をありがとう、、!


A1FC_W3A8274.jpg




生のライブでしか味わえない空間の中で

そこに流れていた音楽も景色も

自分の中の気持ちと一緒にかけがえのない記憶として刻まれました。


この先も何度でもこの感動を味わいたい、、そう感じさせてくれる素晴らしいLIVEでした!





今は楽しい時間が終わってしまって抜け殻です、、

今年はこれで秦納めになってしまうのかな。。

クリスマスLIVEへの未練がまだ捨てきれなくて、、情けない自分がいます。。てへへ


よし、これからWOWOWの映像を観よう!

私が直接感じた想いは綴ったから、、上書きもなんくるないさっ。

だって同じ空間にいたんだもの、紛れのない秦くんだもんね♪


長くなりましたがここまで読んでくれてありがとうございました!




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/503-3fa120e8
    この記事へのトラックバック


    最新記事