e Songs Zepp Sapporo 11月23

2013年11月25日 11:49

北の空からポツリポツリと冷たい小雨が降る中

逸る心を抑えつつ向かう足取りは軽快に♪

行ってまいりましたe Songs!


Zepp Sapporoでのライブは沢山行っている私ですが、

思い起こせば秦くんの初ワンマンがこの会場でした。


2008年、あの日は一般でやっとの思いで手に入れたチケットを握りしめ、、

ぎゅうぎゅうに詰め込まれたスタンド後方。

結局秦くんの姿を殆ど観れないまま、

耳に流れ込む歌声だけに集中した、ほろ苦い思い出が詰まった初ライブとなりました。


しかし、それがキッカケでHGへの道が開けたし、

生の歌声の醍醐味を味わえた忘れられない思い出です。


目を閉じて歌声だけに集中し、心が震え涙したあの日から月日は流れ・・・


本日は夢のような場所で秦くんの歌声を受け取ることができました。


ステージがまで一メートルって凄い。。見上げるスタンドマイクの近い事、、!

本当にお友達には感謝感謝なのでした!

北の秦友さん達と一緒に参戦出来て、あれもこれも楽しさ倍増でした♪

ありがとーー♪


そんなこんなで、、前置きが長くなりましたが、、


トップバッターはシクラメンの3人。


真っ白な状態で臨んだのですが、一曲目から会場をひとつにまとめ上げてくれました。


MCも面白かったし、歌声にもグッときたし、何より盛り上げ上手!

笑顔に包まれた楽しい時間を過ごせました!



2組目は札幌出身の女性シンガーソングライターRihwa

数年前小樽のGOLDSTONE で行われた

ライブのオープニングアクトで一度歌声を聴いたことがありました。

クリアで、パワフルなハイトーンボイスは圧巻でした。


3組目はMs.OOJA


ラジオなどで、頻繁に耳にする機会がありましたが、生歌はお初でした。


圧倒的な表現力、歌唱力、伝わる歌声の温度もリアルで

本当に素晴らしかったです。


「Be...」のアカペラで涙腺崩壊。

ライブ終了後はしばし放心状態でした。。(秦くんごめん、、、w)←

いつか必ずワンマンに行きたい!



トリを務めるのは我らが秦くん!

一人ステージに現れた時の会場の盛り上がりはハンパなかったです!

みんな待ってたんだよ~~この時を♪



1.鱗(うろこ)


鱗のメロディをつま弾く・・・

それだけでざわっと客席の熱量が変わるのが分るほどに。。。


見上げる秦くんの姿は大きくて眩しい・・・。

瞬間瞬間を目に心に焼き付けながら、

ダイレクトに伝わる力強い歌声を胸に刻んでいく。


2.今日もきっと


ここからは光太郎さんと皆川さんを交えてライブが進行していきました。

より一層音の厚みを増して、、届けられる唯一無二の歌声。



次の曲にいく前に

皆川さんが素敵な音楽をポロポロ弾き出して、、

えっ?っとびっくり顔の秦くんw


粋な間奏に和むひと時から続いていくのは・・・



3.グッバイ・アイザック

4.花咲きポプラ


ステージと客席を隔てるものは何もないの~

溢れる笑顔とハンドクラップで、この気持ちを伝えよう!

同じ速度でリズムに乗って、口ずさむメロディ。

キラッキラの笑顔で楽しそうに歌う秦くんと一緒に音楽を楽しむ時間♪

札幌で聴くポプラは嬉しくて楽しさ三倍増し(笑)


全部全部、最高でした!


5.Girl


心の真ん中がほっと温かくなるGirl

今日は涙じゃなくて笑顔で受け取れました。

包み込まれるような大きなアイが伝わってくる。。私も強くなれる気がするよ。。


ありがとう・・


MC


6月にツアーファイナル、7月にJOINと今年は沢山北海道に来ている話。(ありがと☆)


「2008年にZepp Sapporoにきた人~?」との問いかけに

はーーぃと素直に手を挙げるお客さん達、、モチロン私もピーンとあげたらね、、


「誰も手を挙げろとは言ってないとっ」ドS発言ww


逆に「初めて秦基博を見た人は挙手してください!」と強要してたりw


テレビで観るより痩せて見えるでしょ~?とトークもリラックスして終始饒舌でした(笑)

客席と双方向な感じがとても嬉しかったです☆




6.言ノ葉


あなたがいたから僕がいるよ


今日もそっと背中を押してくれる。

明日を照らしてくれる。

歩いていく勇気をくれる。



熱い熱い歌声を北の大地に響かせて・・・


本編は終了いたしました。


客席から惜しみない温かい拍手が贈られ、、高まる期待。。!



アンコール


環境について語る秦くん

何から始めたらいいか分らないかもしれないけれど

自分の出来ることからやっていけば、何がが変わってくると思うし

地球にとって未来にとって素敵な事が待っていたらいいなと思えるイベントでした。と秦くん



7.アイ


弾き語りで綴られるアイ

何度も聴いているはずなのに

同じものは一つとしてなくて・・


どうしてこんなにも心を奪われてしまうのでしょうか・・・



全身に音のシャワーを浴びて、

心の奥のまで染み込んでいくような感覚に酔いしれる。

一音一音が空気に満ちていく。繋がってく。。

堪えきれずに込み上げてくる涙・・


秦くん、歌を届けに来てくれてありがとう。




伝わる息遣いも、熱量も、

味わったことの無い近さで受け取れた今日のライブは

私にとってかけがえのない思い出になりました。




最後は司会のアナウンサーのお二人と

ミュージシャンの皆様がお揃いのTシャツに身を包んで登場。


esongs4.jpg


ピチピチMサイズを着こなして笑いを取るシクラメンw

次回はTシャツで一儲けしたらいいんじゃないかとこっそり指で銭マークを作る秦くんw

会場は始終笑いに包まれました(笑)


素敵なイベントに参加できて本当に楽しかったし、

新しい音楽との出会いもあって貴重な体験でをすることができました。


私も環境に配慮しながら日々自分の出来る事を続けていけたらなぁと思いました!


札幌に集まったお客さんも、

分け隔てなくどのミュージシャンも温かく迎え入れていて

みんなで盛り上がろうっ!ていう温かい雰囲気がとても素敵でした!



esongs2.jpg



後日の放送も楽しみにしています!


ここまで読んでくれてありがとうございました!

ではでは本日はこの辺で♪

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/499-91c7c459
    この記事へのトラックバック


    最新記事