LIVE AT YOKOHAMA BLITZ 10月8日

2013年10月10日 01:07

私の住む街は日に日に秋も深まり、

しっとりとした涼しさを纏い、過ごしやすい日々が続いております。

読書の秋、音楽の秋、食欲の秋。

色々ありますが、、やっぱり秋の味覚に舌鼓でしょ。。♪

驚くほど食欲が止まりませんけどもっ!


毎年異常気象だと言われておりますが、

今年の空模様もどうやらご機嫌斜めのようですね。


横浜も10月だというのに常夏&台風接近ときたもんだ(笑)

旅立つギリギリまで天気予報と睨めっこが続きました。

幸いにも台風の影響もなくぴゅ~と快適な空の旅!

空港で颯爽と上着を脱ぎ捨ててw向かうはお馴染みのあの場所へ♪


秦友さん達と合流しまして、ライブまでのあれやこれを楽しみました。

中華街のとあるお店で「スズメバチ騒動」も経験しつつ(笑)

山下公園やみなとみらいの風景を眺めながらのシーバス観光まで、

おんぶに抱っこで案内して頂きました♪


そんなこんなで向かうは横浜BLITZ!

私的にはライブハウスでの秦くんワンマンはお初と言うこともあって膨らむ期待!

しかし整理番号が良くなかったのもあって、秦くんの姿がちゃんと見えるのかな・・と、

入場するまで不安な気持ちで一杯でしたが、、

すっと立ったその位置からマイクスタンドがちゃんと見えるじゃないの~!!!

。。否が応にも膨らむ期待(笑)←単純



そんな中ミラクルな事に北の秦友さんと偶然にも前後になり、

過去に数度同じような経験がある二人なので、

お互いこんな事ってあるんだね~っ!なんて笑っちゃいました。

本当に不思議なご縁です♪





19時少し過ぎ、ステージに登場するバンドメンバー達。


今日はどんな楽曲を届けてくれるのだろう。。高鳴る胸の鼓動。


1.フォーエバーソング


アコギを携えて歌い上げる秦くんの姿は、

想像していたよりもグッと近くに感じられて。。

全身に伝わる力強い歌声がダイレクトに胸に響いてくる。


2.色彩

1stアルバムの一曲目を飾る色彩。

迸る熱量が楽曲を通して、音を通して光輝いていました。



3.今日もきっと


この曲が持っている強さ、優しさに

何度も色々な場面で助けられました。

悩み立ち止まり涙した時も、心の支えになってくれました。


弱い自分自身を受け止めてくれるから

明日を信じて歩いて行こう・・・そう思えるのです。



4.花咲きポプラ


初めてこの曲を聴いた時から私の中でもどんどん大きな存在になっていった曲です。

聴くたびに元気になれる、無条件に大好きってなんだか大切。

自然と溢れる笑顔、リズムに合わせて揺れる身体・・・♪


会場を包み込む幸せな空気を感じながら、

一緒に想いを響かせ合う時間。



5.バイバイじゃあね

6.Halation

7.ひとなつの経験

8.シンクロ


ジリジリと迫りくる音の洗礼に、ライブハウスならではの攻めのセトリに

立ち向かうべく思いっきり楽しむ時間!

スタンドが揺れる。

カッコイイぜ男・秦 基博!!

デビュー曲のシンクロもさらに魅力を増して届けられました。





9.言ノ葉


無情にも時の流れの中で、

自分の心さえも見失いそうになる事がある。


先の見えない未来に翻弄されながらも、ふっと自分を取り戻す事ができるのは

秦くんの音楽がそっと寄り添てくれるから。


繰り返し心を震わせて、聴く度に涙が毀れてしまうのは、

語りかけてくれるような

言葉の中に息づく優しさを感じているからなのかもしれないね。




MC

客席を気遣う秦くん

気持ち悪くなったら周りの人にちょんちょんしてくださいと秦くん

その名も「キモチョン」ww


横浜に引っ越してきた時に「みなとみらい博」に家族で行って

ダンプ松本に会った話などなど(笑)


僕つなのMVを撮影したのが横浜で、、それはそれは寒い日だったとか。

真冬にふわっふわした衣装で臨んだそうですww



10.僕らをつなぐもの


弾き語りで静かに世界を作り上げていく。

描かれる一対一の物語は、痛いほどに透明で儚い。。

歌の世界に引き込まれ、、

目の前の秦くんの姿から一瞬も目が離せなくて・・


涙が頬を伝う。

心が静かに満たされていく・・



11.FaFaFa


ここでFaFaFaキマスカ・・・・?


「僕つな」からの気持ちの切り替えが出来なくて脳内プチパニック。

本音を言うと、もう少しね、、もう少し

しっとりと包み込む世界に浸らせて欲しかったのです。。。(笑)


ごめんね~ごめんね~わがままでごめんね~(笑)



12.キミ、メグル、ボク


イントロが全然違ったアレンジで頭の中は?マーク。

しかしキミメグだと分かった瞬間、気持ちのボルテージは急上昇!


会場が華やかな雰囲気に包まれる。


ここで跳ねずにどこで跳ねる~!

実際はぎゅうぎゅうで飛べなかったけれど(笑)

会場のお客さんとステージとで作り出す一体感を味わい尽くしました。



13.スプリングハズカム

14.最悪の日々


想いを響かせ合って、口ずさむメロディ♪

新しい楽曲も、懐かしい楽曲も

今この瞬間に一度しかない輝きを放って届けられました。

手を取り合って一緒に描く未来を感じさせてくれました。


熱を帯びてどんどん伸びていく歌声に感化されて

楽しい、嬉しい、幸せー!

LIVEってやっぱり最高だって何度も何度も感じさせてくれた秦くん、ありがとー!!



15.メトロ・フィルム


光太郎さんのトライアングルに導かれるように

静寂の中で静かに描かれていく車窓の風景。

いつか見た景色が頭の中を流れていく。。

音楽の世界に深く深く入り込む。


長いエンドロールから繋がっていくのは・・・


16.鱗


秦くんが一番歌ってきた一曲です。

成熟しても尚、成長し続けて色褪せる事無く輝き続けています。


弾き語りも、バンドも、その時々で表情を変え、

聴くたびに感情を揺り動かされ涙が溢れてくるのです・・

五感に感じる風景、風の匂い、空の色と重なり、溶け合って

沢山の記憶の中で鮮やかに息づいています。


今日の鱗も本当に素晴らしかった、、、涙

心に真っ直ぐに突き刺さるような魂の歌声に心を鷲掴みにされました・・・







横浜BLITZがなくなってしまうのは本当に寂しい。

ライブハウスのようなお客さんと近い距離で一緒に盛り上がれる

素敵な場所がなくなってしまうのは寂しいけれど、、、

地域の中で素敵な音楽が芽生えていってくれたらいいなと秦くん。。




17.Girl


優しい眼差しで、丁寧に慈しむように歌い上げられるGirl。

秦くんの姿が眩しくて、大きくて、、



涙が止めどなく流れてしまうのです。。

色々な気持ちが溢れて心が揺さぶられてしまうのです。


秦くん素晴らしい音楽を生み出してくれてありがとう・・・

これからも大切に大切に聴いていきます。。!



アンコール

余韻に酔いしれながら、気づくと足が棒のよう・・・。

お客さんの手拍子も早くなったり遅くなったり、、、頑張れ自分(笑)

スタンディングは相当キツイ訳です。

ライブ中は忘れちゃってるんだけどねっ。


素晴らしい演奏を奏でてくれたバンドメンバーにも温かい拍手が贈られました。



18.水無月

19.グッバイ・アイザック


最後は一緒に歌って、ハンドクラップして音楽を、

二度とない瞬間思いっきり楽しみました!

フルスピードで駆け抜けた

あっという間の、それでいて濃厚な2時間15分でした。


改めて教えて頂いたセトリを並べながら

攻めのライブだったなぁと。。。実感です。


またライブハウスでやって欲しい、絶対!

距離感も、ステージから伝わる熱量も秦くん自身のオーラも全然違って感じました。


凄く楽しかったし、爽快だったし、笑顔も涙も、てんこ盛りの時間でした。

今は余韻にひたひたです、、。

終わってしまって寂しいよ、、。


んにゃ。

来月に札幌でライブがあるじゃないかっ!

会場はZEPP SAPPOROじゃないのかーーあはっ(笑)

ワタクシメも体力つけつつ、栄養補給しつつライブに臨む次第でございます!



そうそう嬉しいことに横浜BLITZのライブに

NHKのカメラが入っていたみたいなのです。

それも、、あのSONGSだとかっ!!!

ずっと秦くんの出演を願っていた大好きな音楽番組。。念願叶うといいな。。♪




長ーい感想レポになってしまいましたが、、

ここまで読んでくれてありがとうございました♪

ではでは、、このへんで☆


スポンサーサイト


コメント

  1. ぴょんきち | URL | -

    ありがとう♪

    ブログ楽しく読ませていただきました。愛情溢れるブログですね(^_^)ハター歴短い私にとっては羨ましくもあります。
    人を心から応援し、好きになることってしたくてもできない人が多い中、夢中になれる人がいるって素晴らしいと思います。秦くんもこんなに愛されて幸せだなあと思いました。
    なんか幸せ(*´∀`*)をお裾分けしていただいた気分です。これからも秦くんと素敵な時間を共有して楽しい人生を謳歌してくださいね\(^_^)/

  2. クマミ | URL | -

    Re:LIVE AT YOKOHAMA BLITZ 10月8日

    >ぴょんきちさん

    ブログ訪問&コメントありがとうございました♪

    秦くんに出会ってから始めたこのブログですが、、
    自分自身にとっても気持ちの整理をしたり、伝えたい想いを
    誰かと共有できたらいいな。。と思って、、
    ぽつりぽつりと心の言葉を探しながら書いています!
    秦くんがいたから、私もいるよ、、っていうのはちょっと大げさかもしれないけれど(笑)
    そんな気持ちです♪

    またお時間のある時にでも覗いてやってくださいねd(〃v〃)♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/494-7ec97037
この記事へのトラックバック


最新記事