J-WAVE LIVE 2000+13 8月16日

2013年08月19日 12:02

今年も行ってまいりました!

灼熱の東京へ!

私的には三度目となるJ-WAVE LIVE。

佇む代々木競技場第一体育館、

見慣れた風景の中を吹き抜ける風や湿度は

年々その温度を高めているような気にさえなってきます。


とにかく熱いっ、暑いって事です(笑)


秦友さんと合流してライブまでの楽しいひと時を過ごすことが出来ました。。♪

沢山の秦友さん達とのお久しぶりの再会や、

始めましてのご挨拶も出来て嬉しかったです!


そして、、

自分の座席を発見して、高まるテンション、想像以上に近い!!!(笑)

2年連続の素晴らしい座席が私を待っていてくれました(うれし涙)

秦友さん、本当にありがとーーー感謝感謝です!


トップバッターは


●androp

聴きこんだ事があるわけではないけれど、夏フェスなどで聴いたことがある楽曲達。

音に合わせて自然と揺れる身体に、反応する気持ちに任せて一緒に音楽を楽しみました!

1.MirrorDance
2.Boohoo
3.Bell
4.Voice
5.World.Words.Lights
6.End roll

最後に演奏された「End Roll」沁みました。。

私がandropをいいなぁと思ったきっかけになった一曲なのです。




●THE BAWDIES


2年前JOIN ALIVEで揉みくちゃになって盛り上がった彼らのライブ。


今回も強烈に炸裂するお祭り男ROYくんの歌声に痺れ、

骨太のバンドの音を全身に浴びながら、

踊る、跳ねる~!音楽を全身で楽しむ時間を味わい尽くしました!



●平井堅

次に誰が出てくるかわからない醍醐味があるJ-WAVE LIVEですが、

ステージ転換中に、、ピアノだけのセッティングで直ぐに予想ができました。


1.思いがかさなるその前に・・・
2.桔梗が丘
3.君の好きなとこ
4.POP STAR
5.Love Love Love


美しく澄んだ歌声が会場に響き渡る。

一服の清涼剤のような清涼感に心も身体もホッと一息。

会場を静かに、情熱的に平井堅の世界に染め上げていく。


MC

「小さなハプニングがありまして。(ステージドリンクの)
ストローに小さな穴が空いておりまして。飲めない!(笑)」

「友人の実家の蕎麦屋に行って『天ぷら蕎麦1200円が外国人だと1000円になる割引』を
(外国人と間違われて)適用されて200円浮いたのがこの夏のハイライト」 レぽより抜粋

などなど、、異国の情緒たっぷりの自虐的MCにクスクスしつつ(笑)

安定感のある大人のステージに酔いしれた時間でした。


●flumpool


今回初めてflumpoolのライブを体感してみて、、感じたこと。。

ノリが若いっ・・!ふふ(笑)←

元気やエネルギーがステージ上で弾けて会場を一つに結んでいく。


1.花になれ
2.星に願いを
3.大切なものは君以外に見当たらなくて
4.reboot ~あきらめない詩~
5.イイじゃない?
6.君に届け

新曲の「大切なものは君以外に見当たらなくて」

いい曲だなぁ・・・とじんわり。


残すアクトは秦君とサカナクション。

ステージに現れたのは・・・



●秦 基博



ステージに照明が照らされて、すぐ目の前に佇む秦君の姿。

それだけで胸が熱く高鳴る。。。



1.フォーエバーソング


久しぶりに聴くイントロにハッとしました。

一緒に歌詞を口ずさみながら。。♪



2.ひとなつの経験

3.グッバイ・アイザック


目に映る景色も、自分の気持ちにダイレクトに響いてくる音も

二度と同じものはないから、、

かけがえのない瞬間を心に刻んでいく。。



j-wave.jpg


4.自画像


刻まれるビートに呼び覚まされるように、

色々な記憶が蘇っては消えていく。

ツアーメンバーと一緒に積み上げてきた経験が、

今またこの場所で華やいで光を放つ。


歌声を自在に操り、唯一無二の魂の歌声を解き放つ・・・


突き放すような視線に、心中を覗きこまれるような

ゾクゾクとした快感に心酔する。



秦君もバンドメンバーも本当に素晴らしかったのです。。。

イメージを覆すような攻めのセットリスト

今までの「秦 基博像」が塗り替えられたのではないでしょうか。。。


5.Girl


優しい眼差しで届けられる「Girl」


slpp-hata03b_convert_20130819115643.jpg


この楽曲に込められた揺るぎない強さに身体ごと、心ごと包まれる。


言葉が優しく響いてきて、頑なな心を解きほぐしてくれてくれるようでした。

頬を伝う涙も、、胸を熱くさせる想いも響かせ合って・・


これからも同じ時を刻んでいけたなら幸せです。。。


MC

「夏に代々木に来ないと、胃腸の調子が悪いんです!」と

「今日のMCではそんなに実力発揮できてないんですけど……『ラジペディア』面白いですから!」

「6年連続のホームのつもりでいたら……代々木はアウェイなのか?」などなど(笑)



6.言ノ葉


涙の余韻を残しながら受け取る言ノ葉

言葉を自分自身に問いかけながら、、


7.鱗(うろこ)


自分の中でも成長し続ける楽曲。

受け取る度に違った感情が押し寄せては、胸を熱く焦がす。

2013年の夏の夜空にまで届くような渾身の歌が代々木の会場に鳴り響いて・・・

重厚なバンドの音に支えられながら、熱く強く歌い上げる鱗はまた格別でした。

歌い切った後の秦君の表情もとっても素敵でした・・・!


素晴らしい音楽をありがとう。。!




●サカナクション

1.ミュージック
2.アイデンティティ
3.ルーキー
4.僕と花
5.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』REMIX
6.ネイティブダンサー2013 REMIX
7.夜の踊り子
ENC.アルクアラウンド


トリのサカナクションが登場した時の会場の待ってました感ったら、、、

マジでハンパなかったです(笑)

一気に代々木の会場が熱気に包まれました。


先日JOINの野外で体感したサカナのライブも極上でしたが、

屋内での音の響き、照明、レーザー、色々な演出で

サカナが作り出したい世界観をよりリアルに濃厚に感じる事が出来ました!


踊って、歌って、音のシャワーを全身で浴びて思い残すことなく燃えつきました。



こうしてJ-WAVE LIVEの熱い熱い夜は幕を下ろしました。


また来年もきっと参戦するるぞーー!

7年連続更新してね秦君♪



ざっくりした感想レポになってしまいましたが、、

ここまで読んでくれてありがとうございました♪


ではではこの辺で☆

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/489-a85b750c
    この記事へのトラックバック


    最新記事