言の葉の庭と秦の庭

2013年05月31日 19:22

5月最後の日、北の空は青一色に塗り替えられました。

ぐずついたお天気が続いた後の

澄んだ青空に輝く太陽はより一層の輝きと力強さを感じます。


先日は関東の梅雨入りと、

言ノ葉の発売が重なったミラクルもありましたね☆


そして本日『言の葉の庭』が公開になりました。

新海誠監督の作品は、

秒速5センチメートルやほしのこえを観させて頂きましたが、

どちらも人間の心理描写が丁寧に描かれていて、

いつまでも不思議な余韻の残る映画でした。


『言の葉の庭』は

秦君の「Rain」がエンディングテーマとして使われている作品なので

これは絶対に映画館で観たい!!!と思っておりました。



朝一番の上映に合わせて向かう道すがら

初夏を思わせる清々しい朝の風を吸い込みながら仰ぐ青空。


5 31

生れたばかりの緑達と、

遅咲きの八重桜のコントラスが美しくて思わず涙ぐむ。



スクリーンに映し出される

「言の葉の庭」の美しい映像美にただただ魅せられて。。。


描き出される二人の心の距離は近いようで遠い。

すれ違いながらも、、

雨の分だけ心を通わせていく。



雨に濡れる新緑

響く靴音

心を映し出すような雨粒

複雑な空の色

不安を掻き立てるような稲光

匂い立つようなリアルな情景描写が本当に素晴らしかったのです。



Rainのメロディが流れてきた瞬間、思わず感極まり、、涙が滲む。

劇中の中に息づく秦君の歌声は、

見事に映像と溶け合って美しく響いてきました。


CDで聴いたRainよりもずっと、その熱量も、歌の意味も輝きを増して

映画を通して本当の姿を感じられてたような気がしました。


素敵な作品に出会えて良かった!




そして今改めて「言ノ葉」を聴いて

深く深く秦君の言葉が、想いが心に染み込んできました。



秦君の音楽があるから大切に感じられる風景も沢山あるのです。


心が曇ったり、、泣いたり、、

そっと寄り添ってくれる言葉が、音楽があるから、頑張れる。。

秦君に、秦君の音楽に出会えて良かった・・

今まで幾度となく感じてきたけれど

それを強く再確認できた5月最後の日でした・・・。




話は変わりますが、


先程のマネさんの呟きに思わず心が反応してしまいました。


「追加公演の予定はございません。札幌ニトリ文化ホールがファイナル公演となります。」


嬉しかった・・・そしてほっとしました。


実はずっと、小さな不安を拭えずにいました。

もしかしたら、どこかで追加公演があるのでは?

突然の発表で泣きたくない・・・

そんな不安がいつも心の片隅から消えなくて・・・。


でもようやく6月10日が本当のファイナルなんだと信じられました。


疑い深くてごめんなさい・・・(笑)


追加公演を期待していた方々には、、申し訳ない気持ちもありますが・・でも

秦君が全国各地を回って、ひとつひとつのLIVEで

全身全霊の歌声を届けてくれたから・・ねっ・・


最後もバシッと決めてくれる!

その心意気に乾杯(笑)


秦君、スタッフさん、

終着駅を変えずにいてくれてありがとう!


Signed POPツアーのファイナルを

札幌で迎える気持ちに一点の曇りも無し!



今はその時を心待ちに、、♪


今日は名古屋で最高の歌声を届けてくださいね。。。♪


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/482-5cf85a32
    この記事へのトラックバック


    最新記事