suzumoku”生声弾語りSolo Live”aim into the sun 〜day to day~5月11日musica hall cafe

2013年05月12日 10:01

suzumoku札幌2日目行って参りました。

41公演目は雨の幕開けと相成りました。

冷たい風に大粒の雨、、空を一様に灰色に覆う雲。

でも生憎のお天気も今日はちょっと得した気分だったりしたのです(笑)


何故ならばsuzumoku的雨ソングを聴けるから!

雨の情景にそっと寄り添うような素敵な楽曲が大好きなのです、、!


今日はいつもの超至近距離の席ではなく、

あえて一番後方から見てみようとお友達と意見が一致しまして

ゆったり会場全体を見渡せる場所でスタンバイ。


2013 5 11



窓ガラス越しにぼんやりと滲む空、ポツポツと雨の雫が模様を作り出す、、


音楽と向き合う時間は自分の人生を豊かにしてくれる大切な時間。

言葉を越えて伝わってくる音に耳をすませて・・・


爽やかな白とブルーのチェックシャツをサラリと着こなしてのご登場です(笑)


放課後スリーフィンガー

ライトゲージ

レイニードライブ


始め数曲はちょっと緊張気味?のsuzumoku君でしたが

歌い進めるうちにカフェの温かい雰囲気に和やかに朗らかに。。。

柔らかい歌声が空気に溶け込み心地よく響き渡る♪

雨の匂いが漂うような楽曲達。

描き出される雨もそこに流れる空気も質感も違う、それぞれが素晴らしい。


ここからは昨日のセトリと同じでしょうか。


ブルーブルー
どうした日本
平々-ヘイヘイ-
メンドクセーナ

ブルーブルーもどうした日本もキーが高いのでちょっと声を出すのが大変そうだったりしましたが

お客さんとの掛け合いの中でそれも楽しさの一部に出来ちゃう所は

suzumokuの弾き語りの成せる業☆

平々の拍手の速度はもっとゆっくりいきましょう~と修正したり客席と双方向な感じは流石です(笑)


真夜中の駐車場

鴉が鳴くから


鴉が鳴くからのアコギが本当にカッコイイ。

変幻自在に変わる歌声も痺れる




夜明けの雨

適当に透明な世界


聴きたかった2曲でした。

情景が目の奥に浮かんでは消えていく。

美しいメロディが切なさを連れてくる。

しっとりと涙を含んだ歌声に心を揺り動かされる。

ただただ、、音に身を委ねる時間・・・


モンタージュ

リエラ


本日もアンコールは「はにかみ」ながらのステージ上で(笑)


フォーカス


2013 5 11 2




最後の最後まで歌いきってくれたsuzumoku。

温かい拍手が会場を包み込みました。

少しばかり副鼻腔炎の影響で辛そうな所もありましたが、、

そんなの全然気にしないのであります。

一期一会の生のライブだから、今の精一杯の歌を届けてくれる気持ちが嬉しいのです!



昨日とは受け取る場所を少し変えただけで、全然違ったライブに感じました。

すぐ目の前で直球で音がダイレクトに響いてくるのと、

音を含んで揺らぐ空気や、お客さんの表情やカフェの空間と色々な要素が融合されて

また一味も二味も贅沢な時間を過ごす事が出来ました。




本日はいよいよ3DAYS最終日。

お天気は薄曇でございます。

どんな楽曲が私に響いてくるのでしょう・・楽しみにしています♪


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/479-27c9c8b8
    この記事へのトラックバック


    最新記事