心をあたたかく灯してくれる Signed POP  

2013年01月30日 09:35

「Signed POP」

受け取りました。

CDから流れてくるメロディと歌詞を心に流し込む。

感じるままに、心を解き放って・・・

秦 基博にしか描けないPOPの世界を旅しよう・・



M1.Hello to you 


やさしい歌声とアコギの音色。

語りかけるような歌声に心の扉が一つずつ開いていく。

心にそっと寄り添って、

優しさを届けてくれるような言葉に

ポロポロとこぼれ落ちる涙。

止まらない涙。


自分の中に隠されて、閉ざされていた色々な場面が淡く蘇る。


そっと そっと つながるから


音楽に心を委ねて五感を揺さぶられる瞬間が始まる・・・



M2.グッバイ・アイザック


決定的な君だけのステップを刻んでよ 踏み出してよ


一緒に踊るように跳ねるようにリズムを刻む。

深く考え込んじゃう前に、

まずは一歩を踏み出す勇気も時には必要なのかも!



M3.Girl 


アルバムを受け取る前から聴き込んでいた一曲でした。

曲の中に息づく想いが聴く度に輝きを増して、

優しくて強くて眩しい、、そして揺ぎ無い。



きっと、これからも自分自身と一緒に育てていける

大切な一曲になってくれるような気がしています。



M4.初恋


M5.現実は小説より奇なり
 

夜の闇に飲み込まれてしまいそうな空気感

曖昧に過ぎていく深夜の憂鬱。

ひとりきり、夢と現実の狭間で自分自身と語りあう時間。

白いため息が闇の中へ消えていく。


私がまるでそこに息づいているかのような浮遊感。

新しい朝に取り残されないように、、光を見つけよう



M6.ひとなつの経験


ゾクゾクと首元をなそるように妖艶な曲の中に潜り込む。

リズムとメロディに合わせて自然と揺れる身体。

豊夢さんが刻むドラムの音色が本当に心地よくて。。。LOVE



M7.May
 

チクチク

チクタク

大事な人のことを、大切に描ける秦君がすき

私にとっても大切だと感じられるようになれたらいいな

チクチク

チクタク


M8.FaFaFa
 

軽くテンポ良く、時に調子よく乗り越えようよ!

お互いの腹の探りあいがどこか滑稽で頷いちゃう(笑)


駆け抜けるような疾走感がライブで絶対楽しい一曲になりそう!

~ごめんね~♪



M9.エンドロール


アルバムの中に自然と溶け込むエンドロール。

胸を切なく締め付ける。


この曲を始めて受け取った時から2度目の冬を迎えました。


今年もエンドロールが雪の情景や肌に触れる空気と共に

新しい記憶として刻まれていっています。



M10.自画像


出会った事のない秦 基博に心を抉られる。

ひずんだ声、ゆがんだ世界観に胸中を侵食される。


あれも紛れの無い本心。

これも人間の真の姿。



増殖する孤独感

  とどのつまり 何より愛されることを望んでいる


侵食された心は音を立てて歪んだ。

私の中に黒くチラつく闇の部分が疼きだす。。




M11.水無月


力強く、爽やかに真っ直ぐに描かれる水無月。

自画像との並びに

秦君がこのアルバムで描きたかった

心の中の多面性を強く意識させられたりして。




M12.Dear Mr.Tomorrow


イントロを聴いただけで、、涙が込み上げてくるのです。


乾いた歌声、雑踏に紛れるような情景の羅列。

どこにでもあるような日常を切り取った場面がリアルに息づいている。

頭の中を流れていくのは

今の私の目の中を通して記憶されたものだから




M13.綴る


歌詞だけを目でなぞる

秦君の歌声を重ねてみる

自分の想いを重ねてみる


何度も、何度も繰り返し心に問いかけながら

秦君が綴った言葉の意味を自分に問いかけながら。。


そらの色、風の匂い、季節と共に刻まれた色々な記憶

誰かの心に、記憶に、、思い出に自分の存在を残せたら、、

かけがえの無い一度きりの人生を、

輝き生きていくために。



今の自分に何が出来るのか

何を残せるのか、、

そんな事をとり止めも無く考えながら、、

私も自分の人生を印しながら、綴っていけたらいいな。。

秦君の音楽と共に・・・



繰り返しアルバムを聴きながら

自分の気持を確かめながら想いのままに書いてみました、、。


秦君、素晴らしいアルバムをありがとう。。




新しい「秦 基博」の内面を、今を注ぎ込んだ渾身の音楽達を

これからじっくり聴き込んで、

もっともっと自分自身に沁み込ませていきたいと思っています。


私の歌に変わるまで・・・


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/469-8d27d4ea
    この記事へのトラックバック


    最新記事