J-WAVE LIVE2000+12  国立代々木第一体育館 9月1日

2012年09月03日 23:16

私にとってこの夏最後の夏フェス

去年に引き続きJ-WAVE LIVE2000+12に行って参りました。

今年のラインナップが発表になった時から絶対行きたい!

そう思わせてくれた魅力的な方々でございます!


西野カナ、平井 堅、藤巻亮太、アンジェラ・アキ、JUJU

そして、

J-WAVE LIVEには5年連続で出場の我等が秦君でございます!


そんなこんなで、残暑厳しい北の大地からひょいと飛行機で一時間半。

最近はね、北海道と東京が遠く感じなくなりました。

凄くないですか?

もう、もう、飛行機が大の苦手なワタクシメがこの発言(笑)

かれこれ2009年の上賀茂神社でのライブ遠征から数えて、、ごにょごにょ

。。。。っとまぁ場数は踏んで参りましたからねっ←

話がそれましたが!


そんな感じであっと言う間に羽田へこんにちはーーって着陸しましたら

そこはまさかの豪雨。。!

天気予報は雨予報じゃなかったのにと思いつつ

今年も雨のJ-WAVE LIVEと相成りました!



見慣れた風景に吸い込まれるように代々木体育館へと足を踏み入れる。

去年はスタンド席でしたが、、


今年は胸の鼓動が暴れだしそうな極上の席が待っていました(涙)

秦友さん本当にありがとーー何度でも言いますっ!


自分のすぐ目の前に広がるステージを見つめ、、

この場所で、ライブを受け取れる奇跡に感謝しながら・・・


ここからは駆け足で。。


■西野カナ
1.GO FOR IT!!
2.私たち
3.たとえ どんなに…
4.SAKURA, I love you
5.Together

想像していた以上に歌がすっと気持に入ってきて、どの楽曲も楽しめました♪

そして、、相当かわいかったです(笑)

J-WAVE LIVEはタイムテーブルが発表にならないので、

次に誰が来るのかハラハラなのです。

ステージ転換の際に次のミュージシャンが誰なのか予想が始まりました!

ステージにはグランドピアノ。

てっきりアンジェラかと思いきや、まさかの平井 堅さん!


■平井 堅
1.告白
2.桔梗が丘
3.僕は君に恋をする
4.Kiss of Life
5.POP STAR
6.センチメンタル

甘く、透き通った歌声が会場に響き渡り、音が降り注ぐ。

初めて生で聴けて本当に感動しました。

改めて独特の歌声とそれをより引き立てる楽曲の美しさに酔いしれる時間でした。

■藤巻亮太
1.オオカミ少年
2.キャッチ&ボール
3.ハロー流星群
4.Beautiful day
5.光をあつめて
6.月食

ソロになってからも精力的に自分の音楽を追い求める姿を

ライブでも強く感じる事ができました。

熱いライブを届けてくれました!


■アンジェラ・アキ
1.サクラ色
2.You and I
3.告白
4.Give It Away(Red Hot Chili Peppers)
5.たしかに
6.This Love

会場を突き抜けて空まで届きそうなクリアで、

それでいて力強い歌声に圧倒されました。


今までも、歌が上手だし、いい曲も沢山あるし、

歌詞も心に響いて涙してしまう事もあったけれど、、

生声でその実力を改めて感じさせてくれました。



いよいよ秦君の登場です。


今日はバンドでどんな世界をみせてくれるのだろう。

去年のライブもバンドでしたが、今回は光太郎さん以外メンバーが違うので

また楽しみでもありました。


■秦 基博

1.アイ


一人ステージに立ち、歌い始めたその瞬間、

会場全体の空気が変わったような気がしました。


すぐ目の前で弾き語る秦君の姿を見つめるだけで

心がギュッと掴まれて、、動く事も出来なくて・・・。


018.jpg



ただただ目に映る秦君の姿を、歌声を心に焼き付けて、、、



会場を包み込むような歌声に、身体とごと、心ごと満たされていく。




2.水無月

バンドの音がより水無月の力強さを表現

秦君の声の響きも、強さも迫力を増して、

歌詞の一つ一つが問いかけてきてくれました。


020.jpg


3.トラノコ


溢れる笑顔で会場が明るく照らされる。

お客さんと一緒に音楽の楽しさを共有する時間へ連れて行ってくれました!


楽しくて、嬉しくて一緒に歌を口ずさみながら

パンパンパン♪



4.キミ、メグル、ボク


きた~~~!!!


笑顔の先には、盛り上がりタイムが待ってました!

バンドの音と一緒に走り出す。

秦君ったらものすごく乗せ上手なんだから(笑)

とにかく男らしくて、かっこよくて、、、(笑)


017.jpg


グイグイ客席との距離を縮めて会場の一体感がより一層強く

会場が熱気に包まれました。


5.新しい歌


渾身の歌声で届けてくれた新しい歌。


一時は心に鍵をかけて聴けずにいた楽曲だったけれど、

改めてこの楽曲が持っている力を強く感じるようになって

秦君が歌ってくれる度にその魅力を増していきました。



深く、深く、熱く、切なくこの楽曲が持つ不思議な力に惹きつけられる。


心に真っ直ぐに届いて、心が素直に反応して

溢れ出る涙・・・


素晴らしい一曲をありがとう、、。

私の中でもどんどん変化して成長した、

大切な一曲になりました。


「デビュー前には観客として来ていたJ-WAVE LIVEに
5年連続で出演できるなんて本当にうれしい。
これからも出続けられるようにいい曲歌っていきたい」と秦君


6.鱗


全身全霊を傾けて歌い、心を揺さぶられる秦 基博の「鱗」

魂に訴えかけてくる音楽。


表情から、眼差しから想いが伝わる。

私も溢れる想いを重ね合わせて、、

自然に一つに溶けあう音を全身で受け止める。


かけがえのないこの瞬間を胸に刻んで・・・


こうして秦君のライブは終了致しました。





■JUJU
1.光の中へ
2.素直になれたら
3.ただいま
4.この夜を止めてよ
5.明日がくるなら
6.I'm every woman(Whitney Houston)
7.やさしさで溢れるように
N.ありがとう


しばし放心状態の中

ずっと憧れだったJUJUの濃密で妖艶な歌声で包んでくれました。

大好きな楽曲の連続に、 心を解き放って、、、

心地よい安らぎに癒されていきました。




極上の時間はこうして幕を閉じました!

今回のライブで、沢山のミュージシャンの魅力を存分に味わうことが出来て

本当に楽しい時を過ごせました。

それぞれが持っている音楽への情熱を受け止めて完全燃焼できました!


また、来年もね、きっと秦君は記録更新してくれるはず!

またこの場所で音楽を共に共有できる日を夢見て。。。♪

ご一緒してくれたハターの皆様

お会いできたハターの皆様ありがとうございました♪

素敵な夏の思い出ができました。



さて、次の日は。。。名古屋へ・・


ざっくりとしたライブの感想になってしまいましたが、

ここまで読んでくれてありがとうございました♪


ではではこの辺で。。


スポンサーサイト


コメント

  1. ニコハヌル | URL | -

    Re: J-WAVE LIVE2000+12  国立代々木第一体育館 9月1日

    いや~クマミさんのレポは音楽雑誌より読みやすくて、感情がこもってて好きです。
    私もあの日の事がよみがえりました!
    今回も楽しく読ませていただきました♪
    ありがとうございましたv-22

  2. クマミ | URL | -

    Re: J-WAVE LIVE2000+12  国立代々木第一体育館 9月1日

    >ニコハヌルさん

    感想レポ読んでくれてありがとうございます♪
    私が感じたライブの気持中心のレポなので、、
    かなり偏った文章になっておりますが
    記憶の焼きまわしのお手伝いが出来ていたら幸いです♪

    ガイシの感想もがんばらねばーーです!!!(自分自身にプレッシャーw)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/441-dd9c168e
この記事へのトラックバック


最新記事