Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA 8月5日

2012年08月07日 17:26

カーテンを開けると眩しすぎる青空と太陽が

今日の始まり予感させておりました。


昨日の余韻も冷めやらぬまま迎える2日目のAugusta Camp2

朝からピーカンです!

o-kyann_convert_20120807211638.jpg


刺す様な日差しだったけれど、

昨日よりもカラリとした強めの海風が吹くと清々しく感じられました。


ライブが始まるまで日陰でオーガスタ食堂のご飯に舌鼓♪


本日は杏子さんのカレーを頂きました☆

お友達もそれぞれ違ったメニューになったので味見させてもらったけれど

どれもなかなかのお味でした。


さて、今年のもっちゃーはん@あんかけバージョンと山さんのあんかけ対決の結果は如何に(笑)



昨日とは反対側の座席でしたが、

丁度いい日陰スポットが近くにあって、

おまけに風が前からも横からも吹き抜けて、

端っこならではの快適な特典つきで灼熱の太陽にも打ち勝てました(笑)



そんなこんなで本日も迎えるオープニングの時。


★スキマスイッチ
M1. 奏(かなで)
M2. ユリーカ
M3. ガラナ
M4. 全力少年
M5. ラストシーン


登場したのはスキマでした。

流れるピアノの旋律。

まさか奏を聴けるなんて。。!


優しい歌声、歌詞がすっと心に届いて胸がギュッと痛みを感じる。


戻れない過去と、先の見えない未来をつなぐだけの今・・・


つながっていける、、そのコトバが優しくて

溢れ出す涙を止めることが出来ませんでした。

111.jpg


奏の余韻にしばし浸りながらも

次々に繰り広げられる爽快な音楽にグングン引っ張られていきました。

あっと言う間に汗だくで、だくだくで、、、つゆだくで。。(笑)←

やばいぞ、このままでは干上がってしまう!

水分補給しつつ楽しく、熱くスキマと会場のお客さんと一緒に駆け抜けました!


壮大なラストシーンでまたもや涙涙・・・



★COIL
M6. 微炭酸
M7. 赤い靴
M8. BIRDS
M9. 夏の約束
M10. Loveless
M11. ミュージック
M12. バス待ち

定さんの歌声にまったり、ゆったり時間が流れる。

しばし日陰で音に身を委ねる時間・・・♪

今日のBIRDSはハタクヤではなくて山さんでした!

山さんの独特の渋い歌声が加わる事で

より一層曲の世界感が深く抉られて、色気が増した気がしました。


社長さんと杏子さんのリクエストでもう一曲

弾き語りの「バス待ち」一服の清涼剤・・・☆


★元ちとせ
M13. コトノハ
M14. ワダツミの木
M15. あなたがここにいてほしい
M16. 語り継ぐこと


音で空気が揺らぐ、私の心に静かにしみてくる。

何も考えず、風に吹かれて、日差しを受け止めて

耳に流れ込む音に酔いしれる。。。至福のひととき。

上質の音楽をありがとう・・・



ステージのセッティングで、次のアーティスト予想が出来るのですが

秦君のアコギが運ばれてきて、

心臓の鼓動がどくどくと忙しく騒ぎ出す。


★秦 基博
M17. アイ
M18. 青い蝶
M19. 水無月
M20. キミ、メグル、ボク
M21. 鱗(うろこ)


弾き語りで始まったアイ

静まり返る会場、

目に映る秦君の姿を焼き付けながら、、

思考回路をオフにして耳と心を開放して、唯一無二の歌声に包まれる。


青い蝶

ピアノとアコギと歌声。

徐々に音の膨らみと速度を上げながら

青空にどこまでも伸びていく歌声を心に響かせて、酔いしれる。



水無月

力強い意思が伝わってくる水無月の世界。

ライブを重ねるごとに、歌う度にどんどん成長し続けている気がします。

私もこの気持を届けたくて、、

秦君と一緒に歌うよ、、何千回でも!


キミメグ


熱い、熱い、溶けてしまう。。よぅ、よぅ、、ニヤニヤw

いつの間にか帽子もタオルもどこへやら。。

一心不乱ににハンドクラップで盛り上がっちゃいました(笑)

容赦ないんだから秦君も、太陽さんも。。!


hata オーキャン

グッズTの話

秦君がスヌーピーのキャラになった話題で

選ばれた理由は「かわいさ?」じゃないかと自分で言っちゃう秦君がかわいかったですw





夏の風に吹かれながら、聴く鱗はより一層鮮やかに華やいで聴こえました。

熱唱する姿にグッと込み上げてくる熱い涙・・・

心に深く浸透していく。


それでいいはずなんだ・・・!


★スガ シカオ
M22. 午後のパレード
M23. 傷口

スガサンがステージに現れてまず空をチェックしたよねwww

凄いよ?奇跡だよ?雨降らなかったよ(笑)


昨日同様コーラスで会場が一つなる!

ふらふらになりながらも、、ハンパなく楽しかったのであります!


ここでしばしの休憩タイム!

★杏子
M24. タイムリミット
M25. 惑星タイマー
M26. イコール ゼロ
M27. ねぇ、もっと
M28. DISTANCIA〜この胸の約束〜


スキマ、ゆうくん、ちーちゃんを迎えて惑星タイマー!の前にAからHコール(笑)

もう恒例です、Iが無いw

定さんや長澤くん、秦君&山さんのコラボを立て続けにリレーしていく。

贅沢で、甘く気だるい大人の雰囲気に酔いしれる。

どの曲も杏子さんらしくて、セクシーでかっこよかった!


ソロデビュー20周年の杏子さんおめでとうございます。

これからもチャーミングでセクシーな杏子さんでいつづけて欲しいなぁ!


★長澤知之
M29. あんまり素敵じゃない世界
M30. バベル
M31. RED
M32. 茜ヶ空



長澤君の熱唱を後押しするように

バンドの演奏も熱を帯び化学変化して素晴らしかった。


この頃から太陽も雲に隠れて

淡い夕焼け空が美しく、気持ちよい海風が吹いておりました。


茜ヶ空に寄り添ってより一層曲の世界を演出してくれているようでした・・



★さかいゆう
M33. まなざし☆デイドリーム
M34. サンバ☆エロティカ
M35. ストーリー
M36. 君と僕の挽歌

君と僕の挽歌

何度聴いても、涙腺を崩壊させてしまうのです

移り行く空の色。

茜色から深いブルーへとその色を変えていく。

心模様も色々な思い出が混ざり合い、

深く深く眠っていた記憶の扉の鍵を開けていく。

いつかの悲しみも、時と共に淡く優しい思い出に変わっていくのかな・・・

心を揺さぶるコトバに、歌声に癒された極上の時間でした。。。


★山崎まさよし
M37. アフロディーテ
M38. アレルギーの特効薬
M39. 審判の日
M40. HOBO Walking
M41. 長男〜パンを焼く
M42. One more time, One more chance


昨日の大雨真っ只中、山さんの楽曲をじっくり聴くことが出来なかったので

夜の山崎さんを味わいつくすぞ!

そんな想いで一音一音完成された上質の音楽を堪能しつくしました。

そして、、、

そして、、、

One more time, One more chanceです。。。

まさかこの曲を演奏してくれるとは思ってもいなくて全身に鳥肌が立つ。

初めて生で聴く、横浜で聴くワンモア。

物語のワンシーンが頭の中に流れ始める、切ない情景が切なく胸を刺す。


スクリーンに映し出される横浜の夜景、空に浮かぶ朧月。。。

今もどこかで捜してしまうのでしょうか 君の姿を・・・


気持の熱が冷めやらないままに、、

歌い上げる山崎まさよしの姿と共に、この夜が刻まれました(涙)


---Encore---
★ALL STAR
M43. DANCE BABY DANCE
M44. Summer of Love
★Augusta band
M45. 星のかけらを探しに行こう
M46. LOVE & LIVE LETTER


ここで全員でセッションタイム!

の前に、、AからHコール(笑)本日2回目!


最後の2曲はオーガスタのメンバーだけで構成された

“オーガスタ・バンド”で「星のかけらを探しに行こう Again」

やっぱりオーキャンはこの一曲をみんなで歌わなくちゃ終われない!


011.jpg


腕もパンパン、足もパンパンだけど

精一杯の力を振り絞って一緒に音楽を楽しむ時間を共有できました!


そしてオーラス

「LOVE & LIVE LETTER」

この2日間の時間が走馬灯のように頭の中を駆け巡る

楽しかった時間が終わってしまう寂しさと、

過酷だった時も、涙した時も、心が震えた時も、笑顔が溢れた瞬間も

空の色や、肌に触れる風の感触と一緒に大切に記憶に刻まれました。


素晴らしい時間をオーガスタのアーティストと共に過ごす事が出来て

本当に幸せでした。

また来年、きっときっとねオーキャンで会いましょう!


その時まで・・・またそれぞれに沢山の新しい音楽を期待しつつ待ってます♪


オーキャン2012



ハードな二泊三日の横浜の旅、心の栄養補給しっかりできました!

今まで以上にオーガスタのアーティストの魅力を感じる事ができたライブでした。

強い絆でつながった、アーティストとスタッフさん達の

音楽に対する情熱に胸が熱くなった2日間でした!


アーティストの皆様、スタッフの皆様、関係者の皆様

そしてオーキャンに参戦された全ての方々お疲れ様でした!


長く長くなってしまいましたが

ここまで読んでくれてありがとうございました!


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/438-dba62593
    この記事へのトラックバック


    最新記事