suzumoku“生声弾語りSolo Live” aim into the sun ~step by step~追加公演6月24日

2012年06月26日 00:17

いよいよ生声弾語り全国51公演ツアー最終ゴールの日がやって参りました。


普通に考えても4ヶ月で全国各県を回り、

その間にも沢山のライブをこなし

ハタマタ沖縄でレコーディングもしちゃうだなんて!!

これは相当のハードスケジュールです。


でもsuzumokuくんは見事にやり遂げました。



今は幸せな余韻と、楽しかった時間が終わってしまった寂しさで

何ともいえない切なさが込み上げてきて胸がギュッと苦しいです。


楽しかった時間を少しだけ巻き戻して、、、

記憶を呼び戻そうと思います。



スカイブルーの空と夏模様の雲が初夏を告げる気持のいい一日になりました。


爽やかな風に足取りも軽く向かうPROVO。

ここでsuzumokuのワンマンライブは4度目になります。


今日という一日は私にとって、、

suzumokuにとってどんな思い出として刻まれるのだろう。



昨日とは若干セッティングの違うステージ。


昨日とは違う会場の熱気。

会場を埋め尽くすお客さんの多さにじんわりと胸が熱くなる。


座る場所が無くて困ってしまう程だったから・・・。

ここに集まる人達は皆suzumokuの音楽を聴きにきたのだから・・・。


1.盲者の旅路


緊張感が伝わってくる、指先から奏でられるメロディー。

静かにでもストレートに発せられる歌声に

これから始まるライブへの期待が高まっていきました。


2.プラグ

3.退屈な映画

4.鴉が鳴くから


昨日と同じセトリが続く。


歌声もアコギの躍動感も最高に痺れました!

内心、、、違う楽曲も聴きたいなぁ。。と思ったら


5.モダンタイムス


挑戦的な視線を放ちながら鋭い刃が見え隠れする。



激しいピッキングで弦が跳ね上がり、、やむなく中断!

再び歌い直すsuzumokuは容赦ありません!

より激しさを加速させるように走り出すメロディー。


終盤またもや弦が切れる(笑)


「2本切るって早々ないです」と歌い終わってニヤリとするsuzumokuくんでした(笑)



6.セスナの空


軽やかなアコギの調べと、柔らかな歌声に

会場の空気が次第に和んでいくようでした。

心地よいリズムに酔いしれるひととき。


北の清々しい青空を、白い羽のセスナが泳いでいく・・・



7.平々 -ヘイヘイ-


今日は最初から元気な「ヘイヘイ~~♪」

吹っ切れてます!北海道民は(笑)

身体を揺らして、リズムに合わせて笑顔でハンドクラップ♪

会場が一体感に包まれる楽しい時間でした~~!



8.身から出せ錆


肩の力がいい感じに抜けて、

声もアコギを奏でる指先も華麗に踊りだす。

楽曲の持っている魅力をより引き出して・・



9.蛹 -サナギ-


生で届けられる蛹は聴く度に変化しているように感じました。


言葉も音楽も何かを伝えるために進化しているように・・



10.僕らは人間だ


夜が明ける、まっさらな心で向かえる朝。

毎日の積み重ねが、どんな些細なことでも残っていくと信じて。

心にも希望が満ちていきますように・・・


11.ノイズ


初めて聴く新曲でした。

ギターの奏法等、詳しい事はわからないのですが、、

とにかくかっこいい!!!


全身から発せられる音に心も身体も痺れました。



12.コワイクライ


ガンバルコトデハジマルカラ

シンジルコトデハジマルカラ


リズミカルに問いかけてくる歌詞に耳を傾けながら

自分に問いかけながら。。。



頭の片隅に「セブンイレブンsuzumokuを」とsuzumokuくん(笑)

7月11日の誕生日には、是非アルバムをと申しておりましたw

早速先程予約ポチッとさせて頂きましたとここで報告w



13.真面目な人


去年12月のPROVOで聴いた時の事がふっと頭の中をよぎる。


あの時よりも一段とタフでパワーを増した歌声に

改めて感動したのであります。

一歩一歩確実に自分の足で歩いてきた証。



全部で51本歌ってきて本当に凄い経験をさせて頂いたと。

色々思い出して何を言っていいかわからなくなると・・・

全ての関係者、お店の人、そしてお客さんに「ありがとう」という気持です、とsuzumoku。




14.フォーカス


長い旅の中で見た沢山の景色や街並み。

そして沢山の出会い、人との触れ合い。

一音一音、丁寧に音楽を届けてきたこのツアーの思い出は

きっとかけがえのない財産になったのでしょうね。。

ひとりひとりの心に温かい思い出を残しながら・・・


私も色褪せない日々の思い出の中に

大切にこの時を瞬間を刻んでいこう。。。


優しさに包まれて、、、熱い涙が込み上げてくる。

最高の音楽をありがとう・・・


こうして本編は終了致しました。



アンコール

何を歌おう、、と悩むsuzumokuに

会場から曲がリクエストされました。



14.レイニードライブ


穏やかな音の流れに身を委ねて、心がしっとりと満たされていく。

心の潮騒に耳をすませる。

染まりゆく想いを確かめながら。。。



もしアンコールの曲が決まっていないのなら。。

次はホープが聴きたいなぁ・・・とぼんやり考えていたのですが



最後の最後の一曲は、、と始まったのはまさかの「ホープ」!



15.ホープ


札幌で生まれたというのもあり

何気ない日常が大切だと思わせくれるこの一曲は

とても愛おしくて大好きなのです。


ららら~♪

ららら~♪

一緒に口ずさみながら、、感動と感謝の想いで胸が一杯になりました。




51公演全ての楽曲を歌い終えたsuzumokuは

とってもいい笑顔でこの瞬間を迎えておりました!

勿論私も!きっと会場のお客さんもね♪




一緒にツアーを回ったスタッフさん達にも

会場からは温かい拍手が沸き起こりました。


色々詰め込んだ「ありがとうございます」が今の気持ですと、

これからもライブも楽曲も、ここにとどまる事なくグイグイやって行きたいとsuzumoku!


素晴らしいライブをありがとう!

感動をありがとう!



2012 6 24


こうして全国51公演ツアーは無事幕を閉じました。





今はもうホッと一息つけている頃でしょうか。。?

ライブ後も札幌からそのままフェリーで大移動という過酷なスケジュールだったようなので(笑)

ツアーは自宅に帰るまでがツアーですものね(笑)



本当に長い長いツアーお疲れ様でした。

退屈が嫌いなsuzumokuくんにとっては、楽しくて刺激的な毎日だったのでしょうね!


でもきっと、辛い事も大変だった事も、、

人には見せない色々な想いもあったのかもしれないですね。


でも絶対このツアーの経験はこれからのsuzumokuくんにとってプラスになるはず!


だって確実に音楽も、彼自身の魅力も

今まで以上に輝いていたから!


生音、弾き語りの世界は成長し続けてると確かに感じさせてくれたから!



またライブでお会いできる日を

北海道、そして札幌にも歌いにきてくれる日を心待ちにしております。。。♪



ふーー。

長い感想レポ読んでくれてありがとうございました!

誤字脱字、セトリの間違い等々、多々あるかもしれませんが、、

ご愛嬌ということで(笑)


ではでは、、このへんで、、


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/435-2b0b882e
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます



    最新記事