suzumoku 生声弾語りSolo Live” aim into the sun ~step by step~6月23日 PROVO

2012年06月24日 10:47

6月下旬の北海道。

厚い雲に覆われた空から覗く太陽の日差しはどこか控えめで

肌に触れる風はひんやりと冷たく感じられました。

より一層身が引き締まる天候の中・・・


行って参りました!

50公演目!suzumokuのライブに♪


3月9日から全国を巡り巡って辿り着いた最後の地。

ウェルカム札幌!


12月以来のPROVOです。

2012 6 23


会場に足を踏み入れると見慣れた風景に緊張もほっと和らぐ瞬間。

2本のアコギと、ステージのセッティング。

またこの場所でsuzumokuの生弾き語りを受け取れる奇跡に感謝しながら

どんな歌声を、音楽を届けてくれるのだろう・・・




1.盲者の旅路


この曲が一曲目に選ばれるとは思っていなかったのでビックリしました。

緊張感と高揚感が入り混じる世界へ誘われる・・・



2.プラグ

3.退屈な映画

4.鴉が鳴くから


刺激的で攻撃的なセトリの連続。

5月のムジカーザのセトリとは全く違っていて、

これが本当に同じツアーなのかと不思議になる程に。


アコギの激しく華麗なリズム、

マイクを通さない力強い歌声。


目の前で繰り広げられる音楽の真っ直ぐな表現に

ただただ心を鷲づかみにされました。


5.ラムネノーツ


ステージの上の窓からはまだ明るい日の光が。。

初夏を感じさせる選曲にほっと気持が穏やかに満たされました。


久しぶりに聴く生のラムネノーツ、素敵に生まれ変わったような気がしました。

大きく優しく包んでくれる温かい一曲に・・・


6.平々 -ヘイヘイ-


最初は恥ずかしくて小さめだった「ヘイヘイ」も

suzumokuの描き出す陽気で元気な世界に

いつしか乗っかって、一緒に足踏み揃えて歩き出す♪

ハンドクラップで手を繋いで♪


笑顔が溢れる瞬間、会場で作り出す一体感!

ヘイヘイ~~♪


MC 

カモメと穏やかな津軽海峡と、怪しすぎる函館の雲(笑)

朝9時にホテルを出てから札幌のホテルについたのが夜の8時だったとか!

北海道でっかいどうですからねー

地図で見るよりもずっと移動が大変だったようです。



7.身から出せ錆

8.蛹 -サナギ-

9.僕らは人間だ


今書き出したセトリを見て気づいたのですが

Album『80/20 -Bronze-』からの選曲が多かったんですね。


ライブを重ねるごとに魅力を増していく弾き語り。


アコギと歌声で自由自在に作り出す呼吸も、リズムも

歌声の強弱も、響きも、

機械に頼らなくてもここまで多彩に表現出来るなんて・・・!


生の弾き語りの醍醐味を味わいつくしました。

進化し続ける姿にただただ感動しました。


今まで以上にsuzumokuの表情が輝いて見えたのも、、

きっとこの長いツアーで色々な経験を積み

自信と手に入れた数々の表現力の賜物なのかなぁ。。と感じました。




10.コワイクライ


初めて聴く新曲でした。

意味深な曲の世界感・・

独特のメロディーに乗せて、歌詞がグイグイと心に問いかけてきました。


「おまえになにができるのかと」


suzumokuらしいのに新しい、、

今まで余り無かったようなコトバの羅列に胸がざわざわと高鳴る。

いいじゃない!

ハリのある歌声が魅力的に会場の中を揺らめいていました。



11.愛しの理不尽


優しい旋律と、優しく切ない歌声が心に染み渡る。

世の中理不尽な事ばかり


初めて聴いた新曲なので、曲の中の世界をじっくり理解出来なかったので

アルバムで受け取れる日を楽しみに。。。。



12.週末

どこまでも伸びていく太く強い声。

空間に自分とsuzumokuだけしか存在しないような錯覚に陥る。


心を抉られるような絶望の先にも、きっと救いがある。

「確かに明日へ歩く」

それを信じたい。



13.素晴らしい世界



迷うことくらい何度もあるさ 

涙が浮かんだら そのまま流せばいいよ

理想に疲れたら 静かに崩せばいいよ


ネガティブをポジティブに。。。


素晴らしい音楽をありがとう・・・



温かい拍手が会場を包み込み本編は終了致しました。




アンコール


14.フォーカス

何気ない日常の風景も

歩き馴れたいつもの道も、空の色も

かけがえの無い幸せな時間だと感じられるように

私も一日一日を大切に生きていきたい。


suzumokuの描き出す温かいコトバにまたひとつそっと背中を押してもらえた気がしました。




15.ベランダの煙草


久しぶりの「バイバイバイ~♪」一緒に歌えて嬉しかったのであります♪


こうして札幌でのライブは無事終了致しました。


2012 6 23 2


心も身体も生の音に酔いしれた至福の時間でした!


ありがとう!



ライブ中も明日でツアーが終演を迎えてしまう事への思いが溢れていました。

残りわずかな大切な時間を惜しむように丁寧に音を届けてくれました。


色々な思い出が走馬灯のように蘇ってきているのか、MCの最中もぐっと来ている感じに

こちらも胸が熱くなりました。


そうそうsuzumokuのブログを読みました。

多くを語らずとも、、じんわりと心に伝わってくるものがありました。



いよいよ本日は全51公演のファイナルです。


私はこのツアーの全てを知っている分けではないけれど

suzumokuと一緒に旅を共にしてきたスタッフの皆さんも、

全国各地でsuzumokuの音楽を受け取った

沢山の皆さんと一緒に

ファイナルを迎える気持で、私なりに思いっきり楽しんでこようと思っています!



泣いちゃってもいいんだよ(笑)


そうだよ!


札幌ファイナル楽しもう!



ではでは、、、この辺で

読んでくれてありがとうございました♪


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/434-e58f7066
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます



    最新記事