GREEN MIND 2012 5月26日 茨城県・結城市民文化センター アクロス

2012年05月28日 14:14

GM2012 ファイナル行って参りました!


茨城県結城市。それはそれは長い旅路でございました。

北海道からバスや地下鉄、飛行機、電車、新幹線。

色々乗り継いで9時に家を出てから会場に着いたのが3時半でございます。


ふふふ、ふふふのふ。←怪しい


でも、そんな事なんくるないさー!


だって秦君に会えるのならば、

そんなのへっちゃらなのさー!


ライブが始まるまで、お久しぶりの再会も始めましての出会いも沢山ありました。

人と人が繋がっていく奇跡に感謝して。。♪



今回は素敵なご縁でチケットを譲って頂けるチャンスに恵まれまして、

ちょっとだけ秦君に近づくことが出来ました!

本当にありがとう。。!


出来る事ならば目と目を見ながらライブを感じたい。


前回は3階からのGMでしたが、、今日は秦君の表情がわかるはず!

期待に胸を躍らせながら

いざアクロスへ!



流れはじめるTheme of GREEN MIND のメロディ


静かに、高鳴る胸の鼓動をリズムに重ねて・・

ステージ現れた秦君を見て涙が滲み、、視界が水色に変わる・・・



1.シンクロ


いきなりトップギアで走り出す秦君。

今回は同じ速度で私も一緒に加速していける!


見た事のない世界を一緒に感じ、心を共鳴させていこう。

気持に応えたくて、精一杯のハンドクラップに想いを込めました。


急加速しすぎて声が途切れてしまう場面もあったりして、、内心ハラハラ(涙)

もしかして昨日のライブで喉を痛めてしまったのかな・・・

大丈夫かな・・?



2.Halation


と、、、心配したのもつかの間。

あれ、、あれれ!

声の調子、全然大丈夫じゃないーーっ(笑)

秦君の歌声も、表情もいつしか自信に満ち溢れて・・・



3.oppo


4.鱗


会場に響き渡る唯一無二の歌声。

全身全霊で歌い上げる秦君の姿。


心に真っ直ぐに訴えかけてくる歌詞の一つ一つが心に響き沁み込みました。


君に伝えたくて歌ってるよ


自分の中でリンクする色々な情景、

鱗を受け取るごとに積み重なっていく記憶の欠片達。


より一層この曲を深く大切なモノへと導いていく。

澄んだ音色が遠い彼方から蘇っていく

素晴らしい一曲をありがとう・・



MC

茨城名物についてあれこれ

お昼に茨城の街を散策したそうで、「ゆでまんじゅう」を食したお話。

チイ散歩ならぬ「はた散歩」w

「ゆでまんじゅう」のレキシをざっくりとね(笑)



5.サークルズ


メトロノームが優しいリズムで時を刻む。


身体ごと、心ごと、

まあるく包んでくれるような温かいサークルズの歌詞が

心を解きほぐしてくれて

温かい涙と共に、感情が次々に溢れ出す。


これからもずっと、ずっと秦君の音楽で繋がっていきたい...



6.トラノコ


笑顔で会場を見ながら楽しそうに歌い上げるその姿を

この目で見られる、嬉しい、幸せだよー♪


照明が会場全体を明るく照らして、

一体感溢れる「パン・パン・パン♪」

身体と心を震わせて、「パン・パン・パパン♪」


今日も楽しい時間をありがとう~!



7.夕凪の街


オレンジ色と暗闇が作り出す世界。


切ない心情と、夕凪の街の情景が描き出されていく。


会場に響き渡る澄んだ歌声に浮遊する心を重ねて・・・

 

8.恋の奴隷


アコギの音色と静かに囁くような歌声に

魅了される極上のひととき。



9.エンドロール


聴くた度に、自分の中でどんどん熟成されていくエンドロール。


今日はこの一曲の持っている熱量が一段と増していったように感じました。


胸がギュっと苦しくて、切なさでいっぱいになる。

溢れる気持ちを抑えられないまま、、

ぽろぽろと流れる涙。。。



10.アイ


ただ愛おしくて

心に触れて・・・

ただの一秒が永久より長くなる・・・


今この瞬間を忘れないように大切に胸に刻む。



MC

SSTVの密着のお話

自分なりのいい角度を意識しているらしいです(笑)

途中はたくんの人格が崩壊しつつww

会場の盛り上がりを促しつつ

ココからはスタンディングで!



11.夜が明ける


グイグイ客席を曲の世界へ引き込んでいく。


攻めるアコギの旋律、男の色気をより強く感じさせる魂の歌声。



12.キミ、メグル、ボク


キターーーー!

会場が一気に熱気に包まれるこの瞬間、たまりません!


飛んで、跳ねて、揺れる鼓動、溢れる笑顔♪

秦君と一緒に作り出す一体感、本当に最高でした!



13.パレードパレード

14.最悪の日々

15.透明だった世界



もうね、なんっていうかね。。なんと申しますかね

はぃ

盛り上がりましたっ!!!

「男・秦 基博」グイグイくるんですもの。

容赦ないんですもの!

それはこちらもグイグイ行きますとも!


気持がぶれる事も、途切れる事も無くて、

ただただ一心に音楽を共有する事の楽しさを味わい尽くしました。

熱い音楽を存分に感じさせてくれました。


たった一人でこの世界感を作り上げる秦君、、ホント素晴らしいと思いました。


会場があかりで照らされる度に秦君の姿も、表情も良くみえたりして。

それだけで嬉しくて楽しくて♪



MC


実際にその土地その土地を訪れてみて感じる事があったり、

自分の中で強い思いに変わっていったり、

今曲を作っていて、

皆からもらったものが沢山曲になっていく気がしています、と秦君




16.水無月


秦君がライブをしなければ来る事がなかったかもしれない茨城

私も来る事ができたんだなぁ・・・


不思議な感覚に浸りながら・・


目に入る景色も、触れる空気もこの場所で生まれる感情も。

ひとつとして同じものはないから。

だからライブはやめられない!


今日この場所で水無月を一緒に歌えて、、嬉しかった。


何度でも何千回でも胸に鳴り響く歌奏でてくれるなら

私はどこへだって行ける気がする。



アンコール

MC

F.A.Dの姉妹店Club Lizard Yokohama10周年記念ライブのお話。

地元横浜に愛されてますね♪

ライブハウスでいつか聴いてみたいけれど、、なかなかね狭き門になりそうですね!


ここで恒例の三曲投票コーナー。

今日も全部ーー!エー!エー!の大合唱(笑)


みんなのコトバが全然聴こえこないとSな秦君w

全会場で同じように言われて、心の中で泣いているとw←ほんとかっ


どーんっとしてみたり、ごにょごにょやってました。

ふふふ、かわいい秦君に乾杯(笑)


私的には風景が聴きたかったけれど、

今回もプールの拍手が多かったのであります!


5公演中4回プール、昨日はなにやら2択で僕つなだったとか。



17.プール


ざわざわした会場の雰囲気を

一瞬で透き通る水のような世界に変えてしまう。


耳を澄ませ、音に身を委ねて包まれる夢のような最高の時間でした。



18.1/365


この曲で伝えたかった想いが、意味が、

その色を変えて生まれ変わったような気がしました。


コトバのひと言、ひと言が優しく心に届いて

止めどなく涙がこぼれ落ちて・・・


会いたいな 会いたいよ、もう一回会いたいよ!


終わりはないから。。。

一緒に口ずさみながら、秦くんの笑顔を、歌声を忘れないように胸に刻んで・・


ありがとうございました!


最後の最後まで、秦くんの歌声は、音楽は、笑顔は最高に素敵だったのであります。


こうしてGM茨城ファイナルは無事幕を閉じました。



秦くんが退場してからも

ダブルアンコールを期待してずっと鳴り止まない会場の拍手。

残念ながら秦くんは登場してくれなかったけれど、、

ちょっぴり寂しかったけれど、、ね♪



GMの弾き語りは毎年形を変えて、色々な変化を遂げて

秦 基博の音楽を新しい形で届けてくれます。


単純に弾き語りを続けていくのとは全然違って

いつも新しい何かを追い求めている秦君の真摯な姿勢に感動させられて

私もその一度しかない生のLIVEを体感したくて

遥々遠い場所まで足を運んでしまうのです。



今年の夏の北海道では、ひとつもLIVEがない秦くんですが、、

寂しくて、、寂しくて涙ちょちょぎれそうな私ですが、、、


やっぱり自分の生まれ育った北海道で秦君の歌が聴きたいと思ってしまうのであります。




でもいつか、必ずね、、北海道でライブをしてくれるハズ!

その時を待ってます!


次に秦君に会えるのは8月のオーキャンまで無いけれど、

今日受け取った沢山の幸せな思い出と、気持で何とか乗り切ります!



あ、、、感想レポから話が逸れてしまって申し訳ありません(笑)



ファイナルを受け取れて本当に幸せでした!


秦君ありがとう!

そして秦君を支えてくれたスタッフの皆様もありがとうございました!


GM滋賀、茨城と行く事ができて

それぞれが、それぞれに自分にとってかけがえの無い大切なモノになりました。


旅先で出会えた沢山の方々に感謝しています♪



僕らをつなぐサークルズ。

次の1/365で会えるといいな♪

これからも音楽の旅はまだまだ続きます!



ではではこの辺で

ここまで読んでくれてありがとうございました♪


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/430-4d4644d0
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます



    最新記事