秦 基博 GREEN MIND AT BUDOKAN 12月22日

2011年12月24日 12:19

都会の雪は。。。シャーベット、いや雪が無い!

乾いた空気。

少しだけほっと心が緩むような

温かさを含んだ風を感じながら、、不思議な感覚で東京の街を歩きました。

見あげる空は冬の色。


私の心の矛先は一ヶ月前、緊張と期待に胸を弾ませながら

足を踏み入れた武道館へ続いている。



もう一度この場所で、秦君の歌声を受け取れるんだ。。!

顔と顔を合わせて、、秦君の笑顔を受け取れるんだ。。。


この前とは違った高揚感を胸に乗り込む武道館。



アリーナから望む風景はまるで違って見えました。

包み込まれるような客席を見上げる。

先月はあの場所から固唾を呑んで聞き入っていたんだっけ・・・感動が蘇る。


さぁ!

開演の時です!



会場に流れるTheme of GREEN MINDのメロディー。


静かに会場に現れた秦君。


ステージにただ一人。アコギを携えて弾き語り始める。



1. メトロ・フィルム


いわきGMの一曲目は確か風景だったはず・・・セトリが変わってる!


広い会場に響き渡る歌声、アコギの音色。

唯一無二の秦 基博の音楽が今この瞬間鳴り響いているんだ。

そう思うと熱い想いで胸がいっぱいになる。


この場所で受け取れた自分の想いも曲に乗せて

歌い上げる表情の一つ一つを確かめて、感じて、心に沁みこませました。



2.フォーエバーソング


3.Lily


曲の世界に深く沈んでいく。

妖艶な音に導かれながら、、全身の神経が研ぎ澄まされるような緊張感に酔いしれる。


喜び、悲しみ、愛しさや苦しさに心が染め上げられるたび深みを増していく。

深い濃紺のLilyの色。

吸い込まれるような奥深い魅力を存分に堪能しつくせました。


最高の一曲をありがとう・・。



4.Honey Trap


曲の中の世界に思いを重ねる。

一緒にリズムを刻むように溢れ出す幸せな気持で満たされて。。


さえぎるものはなにもないの~♪



MC



5年間の間に、良いこともあれば、調子悪い事もあったなぁ・・・と。

痩せたり太ったりとね色んな秦 基博を楽しんでいただけたらと(笑)

色々な事がつながって今日という日を迎えられて嬉しいと秦君。




5.虹が消えた日


秦君の呼吸で、リズムで自由自在に奏でられる弾き語りの醍醐味。

どこまでも響き渡る伸びやかな歌声。


hata 12 22 2


今日という一日が辛くとも、

明日のための小さな蕾を沢山用意して咲かせる事ができるかもしれない。

今日の自分は昨日と同じではないのだから。。

そう思うと毎日が特別なものに感じられるはず・・・

そんな事をふっと思いながら・・・


力強いメッセージが胸に響きました。



6.プール


アコギをセミアコに持ち替えて、


秦君が2009年のGMで作り上げたプールの世界を思い出させてくれるような、、

どこか懐かしい、水がたゆたう音の揺らぎ。


鮮やかに浮かんでは消えてゆく遠い思い出のように・・・

優しい歌声に色々な思い出が蘇り、、心が揺さぶられました。



あとからあとからこぼれ落ちる涙を

水色の世界に溶け込ませて。。。




7.夕暮れのたもと


島田さんの作り出す黄昏の色。



暮れようとしているのに、暮れることができない空。

夕暮れのジレンマ・・・

私の心を映し出しているかのよう。


夜を越えて行けるのかな?

久しぶりに生で受け取れた「夕暮れのたもと」本当に素晴らしかったです・・・。




8.猿みたいにキスをする


弾き語りで描き出す世界。

今にも消えてしまいそうな、たよりない二人の影。

儚さを知ったところから始まる物語もあるはず・・・



9.dot


水玉の青い映像で美しく彩られるステージ。


今にも空から雨が降り出しそうな雨雲。

涙で目が曇り、涙の雨が降る・・・




10.朝が来る前に


BFC1~2



どこかの駅の風景、旅立つ列車の風景・・。


今日の「朝が来る前に」は新しい気持で受け取れた気がしました。


秦君の歌声に確かな確信を感じました・・。

止まらない涙・・・






MC

喉のイガイガには「カンロのど飴」がいいんじゃないかと秦君(笑)

今日はフライヤーと一緒にカンロのど飴(梅味)をプレゼントしてくれました♪


トラノコ曲の背景を話してくれました。

大切な宝物を得るためには、キケンの中に踏み出していかなくてはいけない

待ってるだけでは何も始まらないんだよ、と言う事を歌いましたと秦君。




11.トラノコ


顔と顔を合わせて~♪

ようやく秦君の笑顔を見つめながらトラノコを受け取れました(笑)←一方的にですがw


明るくなった会場を時折振り返ると、みんな笑顔でハンドクラップ♪

楽しい、嬉しい、幸せな気持で満たされました。


温かい歌声が武道館の隅々まで届いて、

ひとりひとりの心を幸せ色に染め上げてくれたのかな~


好きだ好きだ、、秦君大好きだよ~~♪



12.今日もきっと


重ねられるギターの音色。

力強く放たれる歌声。


hata 12 22


何度も何度もこの曲の力に勇気付けられ、助けられてきました。

言葉や音楽の力を信じて

一歩一歩自分の道を歩いていこう・・今日もきっと!




13.赤が沈む


一人なのに、ここまで音を多彩に感じさせるなんて。。

圧倒的な歌の力と表現力に酔いしれました!



14.キミ、メグル、ボク


いぇーーーーい!

ここからは迷う事無くスタンディング!


一気に会場の熱が上がったような気がしました。

ハタ熱急上昇!

秦君も笑顔全開で嬉しそうで、どうしたって、なにしたって楽しいし!


加速する気持で心を身体を一緒に弾ませて思いっきり楽しみました♪




15.鱗(うろこ)


胸がギュっと締め付けられるような思い出がいっぱい詰まっている大切な一曲。


その時々で心に染み込ませてきました。

一つ一つが比べようもない感動で胸に胸に中にそっと咲いています。


全身で感じる鱗。

大空を悠々と飛んでいるような・・・

今日感じたこの感動も、風景も、、気持もまた私にとってかけがえの無いものになりました。。




16.新しい歌


今思い出しても、涙が溢れてきます。

武道館で聞く新しい歌。

それだけで、越えられない壁をひとつ乗り越えたような不思議な感覚。



寄り添ってくれるような優しさをより色濃く感じました。


曲の持っている雰囲気や、言葉が放つ温度も、意味合いさえも変化させて

心にグッと深く響いてきました。


lp_3__MG_7952_590.jpg


ららら~一緒に歌えて、想いを響かせ合えて本当に感動しました。




17.水無月


新しい歌の余韻をそのまま、、水無月へつなげて。

スクリーンに映し出される水無月の歌詞。

「一緒に歌おう」と秦君が言ってくれて、


秦君と会場のお客さんが歌でひとつになる。


武道館に響き渡る歌声。

本当に本当に感動しました。


僕らだけの歌を・・・・!

会場全体がアイに包まれました・・・!



MC

一人で、武道館で弾き語りでやりたいとスタッフにお願いしたそうです。

今年は色々な辛い事も起きて考えさせられる事もありましたが

音楽を見つめなおして辿り着くのは

自分の信じる表現を歌を続けていくしかないのかなと思いますと秦君。



18.アイ



秦 基博の弾き語り。

ここ数年は、ワンマンライブでも弾き語り一本で一人でライブをする事は無くて

それが当たり前になっていたような気がしていました。


たった一人でこの大舞台に立ち

音楽を奏で、沢山の人を、、一人ひとりを魅了できる実力を

改めて感じさせてくれました。


BFC1~1


伝わる想い、伝わるアイを。。しっかりと受け止め心に刻みました。




アンコール


2月8日に「エンドロールEP」を発売するという話。

シングルでもアルバムでもない

個性的な4曲を深く広く秦 基博の世界を感じてもらえるのではないかと秦君。




19.エンドロール


初めて生弾き語りで受け取る事が出来ました。


今日歩いた東京の街がフッと頭の中を過ぎる。

夜に近づくにつれ

今にも空からちらちら雪が舞い降りてきそうな、冷えた空気を感じる。


lp_4__MG_7999_590.jpg


エンドロールの描き出す物語を、

天にのぼるような歌声に乗せて届けてくれました。




エンドロールのMVも、、楽しみだなぁ。。♪


そうそう

途中何度もお茶をこぼす秦君が可愛らしかったです。。。。(笑)



20.シンクロ


最後も皆で一緒に歌おう!

と始まったシンクロ!


感じられる五感をフル稼働させて思いっきりこの時を、この瞬間を胸に焼き付けて

燃え尽きました!


笑顔も涙も、今日感じた沢山の感動も、音楽を通してつながれる奇跡に

感謝しながら、、。



秦君の「ありがとうの」言葉、笑顔が今日のライブを全てを物語っているようでした。



会場から降り注ぐ温かい拍手に包まれてGREEN MIND AT BUDOKAN は幕を閉じました。





今改めてこうしてライブを振り返り、

秦君に出会えた奇跡に

感謝の言葉がいっぱい溢れてきます。


ありがとう。



秦君の音楽にかける溢れるような情熱、弾き語りにかける心意気。

しかと受け取り感じる事ができました。

CDやラジオで受け取り、自分なりに聴きこんで

こうしてライブで実際に受け取ってより曲の世界を広げていける楽しさ。。

やっぱり止められません。


これからも、、ずっとずっと秦君が歌い続けてくれるその言葉を信じて

応援していくよ。。!



2011年の歌い納めお疲れ様でした!!!


2012年も沢山音楽でつながっていけますように。。。♪

 


ここまで読んでくれてありがとうございました。


本当に素晴らしいGMでした!


暫くはこの余韻に酔いしれたいと思います♪


スポンサーサイト


コメント

  1. agnes | URL | -

    あぁなんてステキなレポでしょうo(><)o
    ありがとう(^人^)
    今携帯で開いたコトを後悔しています
    老眼が悔しいv(>w<)v
    あらためてPCからお邪魔して感動しますわ

  2. クマミ | URL | -

    Re: 秦 基博 GREEN MIND AT BUDOKAN 12月22日

    >agnesさん

    GMの余韻に溺れながら書き上げまして、
    改めて読むと?な表現多々ありますけれども。。笑
    ライブの雰囲気を少しでもオスソワケできていたら幸いでございます♪

    あらっ老眼、、w!?
    拡大、もひとつ拡大でお読み下さいませぇぇ(〃ω〃)
    はぁ、秦君最高でした!
    久しぶりに味わう弾き語りの世界は本当に幸せな時間でした~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/407-482d3e54
この記事へのトラックバック


最新記事