秦 基博 GREEN MIND from Fukushima

2011年12月17日 23:01

本日秦くんは福島をライブ開催の地に選び、

GREEN MINDを開催してくれました。


そこから世界に向けてUSTREAMでの中継行ってくれました。



朝から、いやもっとずーーーっと前からこの日のライブ中継を楽しみにしておりました。



途中PC故障事件から、ハタシテこのUSTに間に合うのか?


どうなのかっ?

どうなのよっーー!?



そんなハラハラなソワソワな難関も無事突破致しまして、

本日無事ライブを堪能することが出来ました。



来週に行われるGREEN MIND AT BUDOKAN


ライブの内容がほぼ同じという事で、、、一瞬どうしようかと迷いも頭の中に渦巻きましたが、


いやっ!

ライブはひとつとして同じものはないんだ!


たとえセトリを知ってしまっても、大丈夫!


そう気持ちを切り替えて、あとは今日のライブを思う存分堪能するだけ。。そう心に誓って・・。



ここからライブのネタばれがありますのでご注意くださいませ♪



17時15分・・


今回のライブはステージ上には秦 基博ただ一人。


沢山のギターに囲まれながら、秦君の弾き語りオンステージが始まりました。


次々に繰り広げられる楽曲達。


秦君のバックには映像が映し出されていた。。。気がします(笑)

(私のPCからは確認できませんでした)



今まで聴いてきた曲達が、また違った息吹を吹き込まれその姿を変えて届けられました。

懐かしさと、新しさ、不思議な融合に溢れておりました。


hata1219_1.jpg


PCの前で繰り広げられるGMの一部始終を心に焼き付け、

存分にライブの雰囲気を楽しませていただきました。


ヘッドホンから流れてくる秦君の歌声は、遠く離れた福島のライブ会場から

私の気持ちへと真っ直ぐに届いてきました。

 

Lily聴けて嬉しかったなぁ。。


USTから会場に流れる音の広がりや熱、空気までも

リアルに伝わってくる生の感覚に酔いしれ、ライブの感動を共有する事ができました。


本当に最高の時間を過ごす事が出来て幸せでした!



UST中継をじっくり楽しむ事が出来たのも、

娘たちの協力のおかげでした♪感謝感謝です!


そして秦君、このライブに関わった沢山の方々に本当に感謝感謝です!



秦君が福島の地で、音楽を奏でてくれた事、

きっときっと沢山の人の心に温かい何かを残してくれたはずです。


ライブの最後に秦君が語ってくれた想い、ジーンと胸が熱くなりました。


音楽の力。

私は信じています。


音楽で伝わる想い、通じ合う何かが、きっとあるから。。





今日のライブで嬉しかった事のひとつを上げるとしたら・・・


「エンドロール」を受け取れた事でしょうか。



まさか新曲を披露してくれるとは思ってもいなくて・・・


あわてて録音のスイッチを押しました。


初めて出会う秦君の新しい一曲。


澄んだ秦君の歌声、静かに爪弾かれるアコギの旋律。


メロディーも、描き出されるコトバの一つ一つも噛み締めながら・・・。



冬の情景が目の前に映し出され、

重なりあう二人の姿、、あの日の記憶、後悔・・・


曲の中を流れる切ない物語が胸の奥を揺さぶりました。



  一人きりの街で舞う雪をみていた・・・・



今は今日の音を心に沁み込ませ、受け取れるその時まで心待ちにしています。


素敵な一曲をありがとう・・・。





ライブを聴きながら書きとめたセトリです。


1 風景
2 フォーエバーソング
3 Lily
4 Honey Trap
5 虹が消えた日
6 プール
7 夕暮れのたもと
8 猿みたいにキスをする
9 dot
10 朝が来る前に
11 トラノコ
12 今日もきっと
13 赤が沈む
14 キミ、メグル、ボク
15 鱗(うろこ)
16 新しい歌
17 水無月
18 アイ

アンコール

19 エンドロール(新曲) ←カタカナかどうかは不明です
20 メトロ・フィルム





12月22日、武道館

今年初めてのGM


秦君の弾き語りにどっぷり、たっぷり浸ってこようと思っております。


今日感じた沢山の曲達を今度は武道館で、生で受け取れる奇跡に感謝しながら・・・






コンサートの収益金は、東日本大震災の義援金として、全額が日本赤十字社へ寄付されます。

また、この他にも復興支援として、ライブにお越しいただけなかった方にも

ご協力いただける義援金募金活動を行っております。

皆様からご支援いただいた募金は、全額を千趣会が責任を持って、

日本赤十字社などの活動団体へ寄付し、災害復興に役立てます。


↓詳しくは下記をご覧下さい↓
http://www.bellemaison.jp/popup/omimai0318_bokin.html



本当に素敵な時間を届けてくれてありがとうございました!


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/405-177ace9c
    この記事へのトラックバック


    最新記事