aim into the sun ~nickel wound~Musicasa 8月18日

2011年08月19日 11:07

記録的猛暑!

やったーーー!!!

昨日の東京はまさかの今年初の最高気温をたたき出しました!

そんなある意味記念すべき一日にわたくし遥々東京へ…笑

なんということでしょう・・・!

ある意味ありがたくない(笑



朝は清々しい北の冷たい空気を感じつつ目指すは東京へ!


本日はsuzumoku弾き語りライブでございます。


七月にムジカで第0回目をありがたく頂戴したばかりなのに、

生歌を受け取れる事に深く感謝しながら、

嬉しさと、期待を胸に向かうはMusicasa♪



クマミ的音楽月間第6弾です(笑)←月またいでますけどw



会場となるMusicasa

上質な音楽を楽しめる最高の空間。


CAFO7VID.jpg


会場の雰囲気は、落ち着いた大人な空気感が漂っておりました。

これから始まるsuzumokuの作り出す弾き語りの世界と実にぴったりとはまって・・

会場に足を踏み入れたその瞬間から自分も大人モードへ(笑)←ホントかっ


今日も爽やかな風のように、お供のエレキを片手にふわ~っと会場に現れるsuzumoku



1.ガタゴト

2.ホープ


陽気に軽やかに奏でられるエレキのリズム

suzumokuの歌声と一緒に嬉しい気持ちも音に乗せて♪



3.ユーカリ

重ねられる音、気持ちも穏やかに流れていく。

優しい光を感じる・・・

suzumokuの澄んだ歌声に包まれて、心に沁み込ませました。



MC

実家に帰省していた時の話を・・・

お祭りでライブをやって欲しいと頼まれたらしく

神社の会場はなかなか味のある感じたっだらしいのですが音響は良かったとか(笑)

司会の方がちょいとお酒を引っ掛けていたらしく

suzumokuのすぐ隣にいて、一曲終わるたびにイチイチ会話に入って来たらしいですw

町内会長さんと司会の方が喧嘩をおっぱじめたりして(笑)

素敵な一日になったようですw



4.ライトゲージ

ブルージーにその姿を変えた一曲

ちょぴり辛口な世界観をより一層華やかに・・♪



ここからアコギに持ち替えて。

マイクを使わないで、アコギもそのままで三曲歌いたいと思います・・・と!


Niは平和な日常を切り取ったものだけれど

それだけじゃない、どこか心に引っかかる感情を歌に込めた曲たちを・・・



5.退屈な映画


完全にリアルなギターの音色。

マイクを通さない生のsuzumokuの歌声。


会場に響き渡る生声の響きを、ダイレクトに伝わってくる音の響きを

味わい尽くしました。

suzumokuの本当の歌声に、出会えた瞬間でした。


空の彼方まで届きそうなクリアでそれでいて力強い歌声。


ただただ、、感動して涙が溢れました。



6.盲者の旅路


まさかこの曲を聴けるなんて!

初めて受け取ったわけです。それもこんな形で・・・。

描き出される世界の力強さ、真っ直ぐに訴えかけてくる。私の心にも・・・


心が震える。




悩んで自分なりの答えを見つけて、前に進めるんじゃないかと思いますと、suzumoku

光と闇があって自分の心の中でもこれから何をしていけばいいのか

より輪郭がはっきりしてくるかもしれないと・・・



7.僕らは人間だ


suzumokuがこの曲を作ったあの日から時は流れ、

そして私も色々な思いを重ねながらここまで来ました。


暗い闇も悲しみも沢山感じては塞ぎ込んだり、涙を流してきたけれど

悩み、足掻いて、苦しみの中を彷徨っても、いつもかすかな光が射してくれた。


色々な想いが頭の中を駆け巡り、、

suzumokuの魂の歌声に心を鷲掴みにされました。


感動の涙が後からあとから・・零れおちました。




アコギとエレキの違いを楽しんで頂けたらと

ここからはまたエレキに持ち替えて。。


就職活動中にギター工房を訪れた時の一幕。


職人さんに会って「僕の作ったギターどうですかっ!」と思わず言ってしまったと(笑)

職人さんからはダメダシ・・・・されてしまったと。


帰りの電車の中で、アレコレ色々な後悔、この先の不安・・・

ふと見ると車窓から綺麗な夕焼け・・・

その時の列車の中の気持ちを歌に込めた一曲ですと、suzumoku。



8.夕焼け特急


曲の生まれた背景を知って改めて聴く「夕焼け特急」。

なるほど・・・suzumokuの感じた切ない気持が伝わってきて

流れる車窓からの夕焼け空が目に浮かぶ。


私が感じた曲の情景と重なり合う不思議な感覚に酔いしれました。



9.幻灯機


大好きな夕焼けの景色。

過去と今の自分自身も感じてきたどこか切ない思い出が

ふわりふわりと頭の中を通り過ぎていく。

美しいギターのメロディーに心を委ねて・・・





いつも見ている風景を曲の中に織り交ぜつつ、

ちょっとそこに自分の理想、妄想を込めて作った一曲ですとsuzumoku(笑)



10.衣替え


ようやく「衣替え」を生で受け取れるんだ♪

この前のアコースティックライブでは聴けなかったので嬉しくて!


suzumokuの作り出す、あったかい世界にほっこり♪

かわいらしいなぁ。。私も手をつないで歩きたいなぁ・・・

なんてね、、妄想も飛び出す(笑)



失恋とか切なさとか色々な事も歌に込めて、

静岡の海を再び思い出しながら・・・

曇り空、日が沈みそうな海岸線、小銭と君と普通列車・・



11.適当に透明な世界


潮騒を感じる。

この曲を聴くと、一瞬で曲の中に入り込む事ができる。

私も海岸線を歩いているような感覚になる。

透明なブルーの世界。


suzumokuの感じた切なさを感じながら…

「適当に透明な世界」最高でした。



あっという間に残すところ2曲ですとsuzumoku・・・


え、、もう終わりなの!?

前回のバンドツアーとは一味違った

今回のツアーはまったりとしたモノを届けられたんじゃないかとsuzumoku


12.セスナの空

13.ラムネノーツ


エレキとの出会いに改めて感謝!

アコギで織りなす音も、エレキで奏でられる音も両方それぞれに素晴らしい。

色々な音の変化を楽しませて感じさせてくれました。



アンコール



時は夜へと、その歩みを進めて。。。


14.ジオラマ


曲の中で「静かな丘で」というフレーズ

静岡で~と歌いなおし・・・

そうなのかーとまた一つ謎が解けたりして(笑)



15.如月


ハンドクラップで楽しさを共有する♪

今日の感じた様々な感情、感動、涙も笑顔も響かせあって・・。


CABLUWTK.jpg


こうして素晴らしい音楽の時間はあっという間に終わりました。

本当に本当に心が満たされた時間。

suzumokuの歌声とギターを思う存分に堪能しつくせました。



今回、、何が一番かと聴かれれば・・・


やはりマイクと通さない生の歌声を受け取れた事に尽きるのであります。

またいつの日か・・・聴ける事を願っております!



幸せな時間をありがとう。



ご一緒してくれた秦友さんありがとー!

会場でつぶやきから偶然にも出会えた、まさやんさん!

お会いできて感動しました(笑)


こうして北の地から遠征できて本当にありがたく思っております。


またもや家族の協力してもらって

自分の時間を有意義に過ごせている事に改めて感謝感謝・・!!



実は。

ホテルのラウンジのPCからupしてしまいました・・・笑

昨日のライブの余韻が薄れない内にと思い、

人が行きかう中、人目を気にしながら足早にライブを思い出し振り返ってみました。


思いのままに書き連ねてしまったので、誤字脱字多々かもですが・・

その辺は後日修正って事で・・

読んでくれてありがとうございました!!


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/391-b73d5b95
    この記事へのトラックバック


    最新記事