水無月の向こう側へ

2011年06月14日 23:23

気づかないうちに、、この日が来ていたとは。。

そうです。「水無月+BEST OF GREEN MIND 2010」のフラゲDAY!

こんにゃろめ。

連日の秦祭りにワイノワイノと大騒ぎしていたせいでね。

すっかりフラゲの日をスルーするところでした!いっけね(笑)


朝からつぶやきでハタと気づく有様。アリサマ。

さぁ、気づいたからには迎えに行かなくちゃ。

予約を入れたお店のオープンまでそれはそれはソワソワ。

。。。いやオープンと同時に駆け込む勇気は私には無い。

せ、せめて30分後にしようかな?なんてしょーもない考えで紛らわすドキドキ感。

車のキーを握りしめ、走り出した頬を吹き抜ける風~~♪

生憎空は青くは無かったけれど

青を口ずさみながら。。。ひた走る。


手に取る水無月。ずっしりその重みを噛締めて。。。

今度は水無月を歌いながらおうちへ帰ろう!

CDケースからそっとCDを取り出す。

オーディオに移し変える手が震える。焦るな焦るな・・・!!!

気持ちを落ち着かせて

CA5P7R60.jpg


水無月の爽快なメロディーに心が躍る。


熱く脈を打つ鼓動。何度も何度も 聴いてきたはずなのに。。


水無月の世界、自分の中で温めてきた想いも、

秦君の水無月に込めた沢山の想いも

ここでまた初めて受け取れたような不思議な感覚。





夕凪の街


曲を視聴してから美しいメロディーに秦くんの歌声に一瞬で心を奪われて

ずっとフルで聴いてみたかった一曲でした。



目を閉じながら歌の世界に入り込む。

頭の中に夕凪の街の情景が現れて・・・

秦くんの静かに囁くような歌声や息遣い。

儚く切ない響きが美しくて酔いしれる。


そして何度も何度も繰り返し聴いてきたメロディーにつながる瞬間・・・


胸にグッと切なさと、哀愁が迫ってきて

涙が後から後から溢れ出しました。。。




この曲が秦くんの元に戻ってきて良かったと本当に思いました。

秦くんが歌ってこその夕凪の街なんだと。。。。




猿みたいにキスをする(Live at The Room)


まず心を奪われたのは島田さんのピアノの調べ。

秦くんの歌声が際立つように、

でも決してただの伴奏じゃない。。。共演者として成立しているピアノ。

そして優しく寄り添うように響くマンドリンの音色。


より一層ドラマチックに、曲の世界感を引き立てあって。

生まれ変わった猿キス。。。いやぁ最高です。


いつまでも、、いつまでも、、聴いていたい。



初めて聴く時にだけ感じる事のできる興奮と感動で、

私の目から絶え間なく感動の涙が流れておりました。


きっと、この先も何度も何度も聞いていくことになるこの曲達。

自分の心に色々な時間や風景と共に刻まれて行くのかな・・・


ライブで受け取れるその日まで、繰り返しこの水無月の世界を自分なりに楽しんで温めよう。

そして、ライブでまた。。。秦くんと一緒に違った世界をみせてもらおう・・・。


そして続くはGREEN MIND 2010へ・・・・!


一気に野外のライブ会場へ引き込まれる。

Theme of GREEN MIND から始まる

、、あ、そっかこれはGMの招待状なんだと。



沢山の拍手も、鳥のさえずりも、野外に広がる音がリアルに伝わってきました。

風が頬を優しく吹き抜けていくような感覚になるほどに・・


あ、これは河口湖なのかもしれないなぁ・・?

あっ・・鴉の鳴き声!!!青は芸森だよ!あの時の事憶えてるよ!


あれやこれや色々想像したり思い出したり。。。


秦くんの野外に響き渡る素晴らしい歌声も

会場の温度も、空気も楽しみながら、ライブを改めて体感する事ができました。


自分の記憶の欠片達が次々に頭の中を駆け巡り

気持ちごとあの日あの時の感覚が蘇り

感動が思い出されて。。心が幸せ色に染まりました。


最高の音源を届けてくれて、、本当にありがとう!



そうこうしている間に、CDは終わってしまった・・・

よし!もう一度聴いちゃおう。。!

あれ?今日はこれで何回目だろう?

フラゲしたその日に相当リピートしております私。

だって、、楽しいんだもの!!!


さぁ。。もう一度水無月の世界へ・・・♪



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/377-1ea163da
    この記事へのトラックバック


    最新記事