aim into the sun ~panoramic view~3.27 札幌COLONY

2011年03月29日 00:02

今日も小さな白い雪の粒が時折冷たい風と供に降ったり止んだり

札幌は不安定な空模様でした。


しかし、、私の気持ちは揺らぎません!

はやる気持ちを抑えながら向かうは札幌COLONYへ!



会場を見渡すと今日は撮影が入っていない様子でした。

昨日は撮影用のカメラが回っていたので

誰も私を撮影している訳じゃないとわかっていても、

なんだか妙に気になって緊張してしまう小心者。。。

そんなこんなで、まずはちょっとほっとしたわけです(笑)


昨日出会ったsuzumokuさんファンの方々とまたお会いできたり♪

色々、モロモロありがとうございました!


徐々に集まりだす人達から感じる熱量も、昨日の雰囲気とはどこか違って感じました。

2日目と言う事で昨日ライブに来た人もきっと沢山いたのかも・・・?



登場したsuzumokuも、バンドメンバーも


どこか落ち着いてライブに挑もうとしている?そんな風に感じられて安心しました。



一曲目の「素晴らしい世界」が終わった後

昨日とは違う「プラグ」が・・・!

・・・あれっ、昨日ともうセットリストが変わっている!

今日はまた違ったライブを見せてくれるんだ!

スゴイぞ、、嬉しい。。。!!!

期待がグングンと高まりました。


「身から出せ錆」

「昨日のワルツ」

「酒気帯び散歩」

「如月」



suzumokuの力強い歌声と、ギターとバンドの音に身を委ねて

またこの場所で、こんなに近くで歌声を受け取れている事に幸せ感じながら

色々な想いが胸の中を交差する中

一曲一曲、ひと言一音聞き逃さないように、見逃さないように心に焼き付けました。


そんな中ふっと思ったのが

suzumokuは前日にあれだけ熱唱していたのに、

今日も全く声に疲れが感じられず、むしろより緊張感がとれて楽しそうに歌い上げて、、

本当に表現力溢れる歌声を、ギターを届けてくれました。

うん、、圧巻です!




ここからsuzumoku弾き語りが始まりました。


始まるストーリー。

「ドライブの話・・・?」

・・・・・・やっぱり昨日とは違う・・・・!



「レイニードライブ」


「適当に透明な世界」


この曲はNORTH WAVEのラジオで曲の出来た経緯を話してくれていて

凄く印象に残っていた楽曲でした。


曲から感じ取った風景と、歌詞の世界が混ざりあって

海の匂いや、、そこに流れる空気さえも感じられる程に。


透明で、切ない二人の姿が浮かんでは消え・・・

ただただ・・・その世界に酔いしれました。




一人の男性の一日を追っているかのような話が続く。



「フォーカス」


何度繰り返し聴いても、優しく心に響く言葉たち。

こんな風に大切な人との何気ない時間を過ごしていけたら、どんなに幸せだろう・・・

色褪せない日々。。。かぁ



「甘いアルコール」


心地よいリズム、艶のある声、どこか夢心地で

suzumokuの織り成す音に酔いしれた時間でした・・。




昨日よりも弾き語りが一曲多くて、、とても贅沢な時間を過せました。


ここからはまたバンド編成になりました。


「ガタゴト」

軽やかで、軽快なリズム、今まで弾き語りでも十分その世界観は完成していましたが

バンドの音がプラスされてさらに楽しさを増していました!


「セスナの空」


「ソアラ」


大好きなソアラ!

思わず一緒に歌いたい衝動にかられながら、踊りたい衝動を抑えながら。。(笑)

何度も・・何度も・・!




「同窓狂想曲・・?」


この札幌ライブで聴いた新曲

昨日は歌詞を噛締める余裕も余りなかったわけですが、、今日は余裕で!?


あはは・・・やっぱり勢いに飲まれて聞き取れなかったのであります。。。笑

いつか手元に届くその日まで。。ライブの記憶の中だけの幻の一曲になりそうです!



「鴉が鳴くから」


「週末」


昨日のライブが終わった後、、会場の物販で

シングルの「アイス缶珈琲」を手に入れたのですが。。

その中に入っている弾き語りの「週末」が胸に突き刺さり

余りの衝撃に。。。言葉をなくしてしまいました。



以前からこの曲は知ってはいたのですが、

曲の中の世界が余りにも辛くて、苦しくて聴けずにいました。


でも、ライブで届けられるsuzumokuの生の歌声に乗せて、

想いを乗せて届けられた「週末」は

ただ痛いだけじゃなく、心の違う場所に響き、心を揺さぶりました。




「真面目な人」

「モダンタイムス」




アンコール


「ベランダの煙草」

バイバイバイ・・・

もう楽しかった時間は終わってしまう。。終わって欲しくない

今日のライブで感じたsuzumokuの魅力溢れる世界観を、、歌声をもっと感じていたい


そんな思いの中、最後に嬉しい情報を届けてくれたsuzumoku!


会場からの喜びの叫びが沸き起こりました!

うんうん、、嬉しい!!

思わず飛び跳ねちゃった・・・・笑


その日まで・・・力を温存させて待っています!




「僕らは人間だ」


最後に元気と空気を、、被災地に届けようと・・!


suzumokuとバンドメンバー、そして会場にいる沢山の人の想いがひとつになった気がしました。


音楽の無限の力が人の気持ちに、心に優しく響いて、

何かを残して、力に変わっていく事を願っています。



駆け抜けるように燃え尽きた、あっと言う間の時間でした。


しっかり地に足の着いた、客席と距離を感じさせないライブを届けてくれました。

最高のライブを感動をありがとう!

本当に沢山の元気をもらいました。

今もまだライブの余韻の中、目に心に焼き付けた全てが、音が歌声が鮮明に蘇ります。


これからも続くツアー、体調に気をつけて熱く駆け抜けてください!

沢山の人が、きっとsuzumokuのライブを、音楽を待ち望んでいるはずだから。。



ライヴ終了後も、ライブでクタクタな筈なのに、

あふれる笑顔でファンを迎えてくれました。

suzumokuとバンドメンバーのその心意気、本当に嬉しかったのであります。


本当にお疲れ様でした!!!

一人ひとりの気持ちが、、被災地の皆さんに届く事を願っています。





私のツアーはこれで終了致しました。


改めてsuzumokuという一人のアーティストの魅力を存分に堪能できました。


これから先も自由に、素直に、あるがままに自分を表現していって欲しいです。

その姿をずっと見続けていたいと思いました!




ここまで読んでくれてありがとうございました。


一人でも多くの人にsuzumokuの音楽が届く事を願って。。。


ではではこの辺で・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/362-bfd10738
    この記事へのトラックバック


    最新記事