aim into the sun ~panoramic view~3.26 札幌COLONY

2011年03月27日 11:22

3月11日に起きてしまった大地震から2週間少しが経ちました。

中止や延期を余儀なくされたこのsuzumokuのワンマンツアー

札幌の地から、もう一度、、!

suzumokuが音楽を、歌声を届けに来てくれました。


ライブが始まるその瞬間まで、、期待と不安が混在してとても緊張していました。


きっとそれはこのツアーに関わる人達も同じように

色々な想いを抱えて、、、不安と背中合わせの中でここまで来たのかも知れない

そんな想いを感じるからこそ

今日ここで、この場所で、

想いを、歌声を受け取れる奇跡に感謝しなければいけないんだと強く想っていました。


会場に向かう途中で偶然お友達に会うことが出来て、緊張も和らぎました。

整理番号順に並ぶ時も、suzumokuファンの方々と何気ない会話で気持ちも段々と高まり。。

そのあと秦友さんも無事合流!

徐々に高まる期待。。。


会場のステージの前に立って、、見あげるマイク、ギター。

この場所にsuzumokuが立つんだ。。。!

ここから始まるんだと、、、決意を新たにしました。



ここからライブの感想に。。。しかしセットリストも所々曖昧なのですが・・・



「素晴らしい世界」


バンドで作り上げられる世界。

初めてバンドと一緒に作り出す音を体感できました!

熱く歌い上げる歌声も表情も、光る眼差しも。。。

素晴らしい世界の歌詞が、、心に染み渡り胸が締め付けられるほど感情が揺さぶられました。



「鴉が鳴くから」

「プラグ」

「酒気帯び散歩」

「昨日のワルツ」

「身から出せ錆」



今まで弾き語りのライブしか体感した事がなかったので驚きと興奮に包まれました。

ギターと歌声以外の音がどんどん絡みあって

アルバムや弾き語りで聴いてきた曲達が、新しく生まれ変わり輝きを放っていました。



そうそう、、黄色いTシャツのお二人の事も・・!!!

ベーシスト ハルさん
ドラムス  辻 凡人(ツジボンド)さん


とにかくライブ中バンドメンバーの二人の笑顔に、迫力に何度も目を奪われました。


あんなに熱い演奏で一緒にライブを盛り上げて、作りあげてくれるとは、、!

見ていてとても嬉しかったし元気付けられたのです!

suzumokuは素晴らしいバンドメンバーに支えられているんだと、強く感じました。

suzumokuの曲達を、音楽をより一層ドラマチックに、華やかに、時に激しく演出してくれました。


生の音に酔いしれました。



「如月」


この曲に抱いていた、どこか切なく儚い雰囲気が

バンドアレンジで、違った曲のように感じられて。。。



ここから、suzumoku一人の弾き語りになりました。


突然一人で話し始め・・・ん???

会社員。。。先輩?

suzumokuが一人二役で織り成す物語。。。笑

話の内容を聞き進めるうちに、、あっ曲の中の物語なんだと気付き始め・・・



「アイス缶珈琲」


優しい歌声。

弾き語りはやはりsuzumokuの声をクリアに届けてくれるから

グッと気持ちに真っ直ぐに寄り添ってくれる。


suzumokuの歌声に身を委ねて穏やかな気持ちになっていくのを感じながら。


アイス缶珈琲の曲の風景に誘われて

頭の中に映像が浮かんでは消え、、

曲の主人公の気持ちになったかのような不思議な感覚を味わいました。


今ふと気がついた

少しは前進出来る事


辛い事も悲しみも、少しでも前を向く力にかえて、前進できるように・・・

そんな想いが伝わってきました。



「フォーカス」


かけがえのない日常、大切な人を想い、大切に生きていこう


あたたかい歌をありがとう・・・



「ホープ」


なんだか、、この軽やかメロディーいつもは楽しい気分で笑顔になれるのに

今日はグッと胸に込み上げてきて、、泣きそうになってしまいました。

当たり前の日々が、何気ない日常がどれほど幸せなモノなのかを。。

小さな希望、、、大切にしなくちゃ・・




ここからバンドメンバーを呼び戻して

今まで弾き語りで届けてきた楽曲をバンドアレンジでと・・・!


「放課後スリーフィンガー」

「ソアラ」

「真面目な人」

(このどこかで新曲が・・・同窓会の歌だったハズ。。同窓会きらーぃだとか笑)


「週末」


「モダンタイムス」




新しい息吹が吹き込まれて、楽曲がキラキラ輝きだして

suzumokuの歌声は力強く、音楽を奏でるのが楽しくて、歌えることへの喜びを

歌声にギターに込めて届けてくれました!


私も楽しくて、嬉しくて

同じ時を、音を想いを響かせあって、共有できる事へ感謝しながら。

あっと言う間の本編終了・・・

え、、もう?



アンコール


「ベランダの煙草」


今日の札幌の青空を思い浮かべながら・・・

バイバイバイ。。。みんなでコール&レスポンス

会場がひとつになる、今日のライブを振り返りながら

終わって欲しくない、、



北海道からリスタートできたことが嬉しいとsuzumoku。

自分に出来る事を探し、自分に何が出来るのかを考えて

やっぱり歌う事だと・・・。


元気な人は踏ん張っていこうぜと

周りから盛り上げていく事も、、音楽に出来る事のひとつなのでは。。と

最高の元気をお届けしたいと・・・!



「僕らは人間だ」


朝の光だ 始まりの合図だ
取り戻してみせよう いつかの日常を
夜の暗闇に 底なしの不安に
星が寄り添うだろう 光を携えて
涙流れて 全て奪われて
ここから生きるんだ 僕らは人間だ


ただただ、、涙が溢れ出しました。

歌ってくれてありがとう。

魂の歌声確かに届きました。

言葉で表現するのは、、難しいけれど



本当にありがとう。

これから先も、suzumokuの音楽が沢山の心に届きますように。。。。




リスタートの地、北海道。一日目が終わりました。
今日のステージ、あの日から今日までの感情が開放されるような、
荒かったけれど色々な光景のフラッシュバックの繰り返しが声を押し出させてくれた。
明日も精一杯、いきます!
 
suzumoku(ツイッターより)



直前まで開催も危ぶまれていたこの札幌公演。

ずっと前からこのワンマンを心待ちにしていたから

こんな時に私達が楽しんでいいんだろうか

でも音楽によって元気付けられて、何かの力になって前へ進めるキッカケになるハズ・・・

私の中でも、、どれか正解なのかわからなくて自問自答を繰り返していたほどなのに。



地震のあったあの日から様々な困難を乗り越えてこの場所に立ってくれて。。

歌を届けたいとう、元気付けたいそんな想いが

今日のライブを実現へと導いてくれた事に、勇気に本当に感謝します。



音楽がどれだけの力をもっているかを改め感じる事ができたし

立ち上がって、前を向いて進む力を沢山もらいました。



明日も、、最高のライブを楽しみにしています!

一緒に元気パワー炸裂させましょう!!!




ここまで、読んでくれてありがとうございました!


元気充電できました!

少しでも、、会場の熱をお伝えできていたら、オスソワケできていたら幸いです。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/361-79c7fbfa
    この記事へのトラックバック


    最新記事