HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-12月24日

2010年12月25日 23:51

函館市芸術ホール

会場は、木をふんだんに使っていて、とっても素敵な空間でした。

緩やかな傾斜も会場全体がよく見えるような作りになっておりました。


私の席は。。。遮るものはもう何もないの。。ないんだ・・・ないんだなホントに


へへへ、、へへへのへ、

緊張するじゃないか・・・・!!!


はいっ。



ここからライブ本編の内容に触れていきます。

ネタバレしたくない方はご注意下さいませ♪




抑えきれない気持、高揚感や緊張が入り混じる中


どこからか手拍子が始まる。


・・・いつの間にかリズムと重なり合って

バンドの音が絡まり、まるで秦君を迎えるファンファーレのよう。


高まる期待の中、、手がもうすでに熱く脈をうっている。


秦君の登場です・・・・!


今回は、スピーカーが目前で。。

音がガンガンに響いて、、戸惑ってしまいました。


耳が痛いかも・・・秦くんの声聞き取れるかな・・・




1「今日もきっと」


ただ、ただ、、目の前で歌い上げるその姿を見れただけで、胸がいっぱいになりました。


ずっと、、ずっと待ち望んでいたんだもん、この時を。。。


そんな事を思いながら、嬉しくて嬉しくて

自然と笑顔になっていました。

グッと胸に熱いものが込み上げてくるのがわかりました。



2「Hatation」

3「SEA」

初のアルバム曲

一緒に唄いたくなる、口ずさんでしまう。

何処までも広がる地平線、海の青を、景色を想像しながら・・



4「29番線」

透明だった世界のカップリングーーー!

実はほとんど聴いてないんだった・・・アハッ


いいじゃない!とっても新鮮に聴こえてきました。

体が揺れる、、加速していく、気持も想いも・・・!

秦バンドの一体感、、、ホントにカッコいい!


5「青い蝶」

ダイナミックな青い蝶。


6「アゼリアと放課後」


アルバムのアレンジとは全然違う始まり方だった気がして・・・

最初何の曲か分からなかったのですが、

CDで聴いていた曲が、、新しい息吹を吹き込まれて、光輝いているような・・・

不思議な感じでした。





ここから座りましょうと。秦君。

駆け抜けるように始まったライブだったので、ちょっとほっと一息。


秦君のトーク

函館の寒さの話

四枚くらい着込んで。。股引きデビューーしたと(笑)

北島三郎記念館へ行った話。

秦君ライブ前に、矢野さんのオススメで行ってみたそうです!

そうとう面白かったようで。


「パラダイス」言うとりましたwww

北島さんとは色々共通点が多いと。

秦君のライブ時代の下積み時期と、デビューのタイミングが一緒で

僕は「北島三郎さん」だと申しておりました(笑)

僕のふるさとだと!!!

それくらい函館が良い街だと・・・!


なんていう話をね。。沢山しておりました(笑)


ここからは弾き語りをしたいと、秦くん。

クリスマスイブと言う事で

今日の雰囲気に合うんじゃないかと、、、




奏で始めたギターの音色、、一瞬で全身に鳥肌が立つのが分かりました。



、、、うそ・・・・ぉ・・・涙



7「僕らをつなぐもの」



ずっと、ずっとライブで、、生で弾き語りで聴いてみたかった

僕らをつなぐもの。


大好きな曲。

自分の記憶の中に浸透して、息づいている大切な曲。


出来る限りの五感を集中させて歌声に身を委ねました。

やさしく語りかけるように届くそのコトバも、情景も、

今まで幾度となく聴いてきたどの「僕つな」よりも

温かく、心に響きました。


ありがとう・・・涙



8「君のいた部屋」


水の音

流れるメロディー。

この曲がとっても好きだっていうのもあるのだけれど

すーっと全身に音が沁みこんで行く感覚に酔いしれました。


なぜ。。なぜ。。。



9「猿みたいにキスをする」


この曲がライブでどんな風に化学変化して聴けるのか、ずっと楽しみにしていました。

耳で、体で心でリズムを刻む、、、鼓動が騒ぎ出す。

抑え気味に唄う秦君の声に痺れる・・

いいっ。


10「Selva」


この曲、アルバムの中でも異彩を放つ名曲。

その世界に迷い込みたくて、曲の世界に溶け込みました・・・

いつしか深い森の奥へ・・・飲み込まれた。。。


秦君の魂の叫び・・・痺れた!



再び函館を熱く、、一緒に燃え上がろう!と秦くん。



11「oppo」

突き抜ける感じがホントに気持ちいい!

音の駆け引きも。。。気持いい!


12「パレードパレード」


混ざり合う、絡み合う、

ホントに楽しそうに演奏し合う秦君とバンドメンバーの一体感が素晴らしい!

ライブ中スゴイなぁっ、スゴイバンドになってるって何度も思いました。

ぐるぐる

見ている方も楽しくって

熱くなる、跳ねる気持を抑え切れませんでしたーー!


13「夜が明ける」

今までの「夜が明ける」じゃない。

アレンジもまるで違ってて、これまた熱くなる。


胸の奥が良い意味で抉られた・・・!

これは、沢山リハしたんだろうなぁ・・・って。

だって、、カッコよすぎるでしょ!

ハーモニカ・・かわいすぎるでしょ(笑)



14「透明だった世界」


言わずもがな、盛り上がる一曲です。

これぞバンドだ!

こんな「秦 基博」もいるんだぞ!!って見せ付けられた気がしました。

「秦 基博」は、、ドンドン進化しているんだって感じた一曲でした!




15「アイ」


弾き語りで・・・っていうのが自然と体に沁みこんでいたので、

バンドと一緒に広がる音の世界に

ちょっとだけ戸惑いもありました・・・。

しっとり、語りかけるようにじんわりと心に届けて欲しいアイだけど、、


だけど力強く形を変えたアイもいいじゃない・・?

なんて、、ね♪



16「ドキュメンタリー」

この曲を生で聴いたら、、泣いてしまうかもってずっと思っておりました。

歌詞も、言葉も、どこか自分の日常にリンクして・・・

秦君の魂の歌声が。。。全身を包んでくれました。

至福の時間をありがとう・・・!



MC

Documentaryの完成は

聴いてくれる人たちの中でどんな風に響くんだろうかと

すごく想像して、、、

そこではじめてDocumentaryの曲達も完成するんじゃないかとそんな風におもってました。

曲達を直接ライブで聴いてもらえて、僕自身も大切なモノを沢山もらったきがしています。

ついにDocumentaryも完成したんだと思います・・・

と秦君・・・


そんな想いを聞いた後で始まった


17「メトロ・フィルム」


はじめてメトロ・フィルムを聴いた時の想いが走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。

コトバのひとつひとつが、優しく語りかけてくるようでした。


秦君の声が気持が届いた気がしました。



今まで繰り返し受け取った音楽を聴いて、感じて、噛締めて、


自分の中で、少しずつ育っていった曲達が、

今この場所で、新しい息吹が吹き込まれたような感覚になりました。




嬉しいときも、辛いときも、泣きそうな時もそっと寄り添ってくれた曲達。


そんな風に秦君の曲が大切なものになっているって。。改めて感じました。


秦君にも、色々な想い、きちんと届いているのかな・・・?

きっと届いているよね・・?

なんて思えた瞬間でした。


いつのまにか、頬を伝う涙。。。


メトロ・フィルム 心に響きました・・ありがとう



アンコール



光太郎さんと二人で

18「My Sole,My Soul」


かわいい・・・♪


こんなあったかい歌詞を書ける秦くんが、、あったかいんだろうね。。。

私も、、そんな人になりたい・・・。


バンドメンバーを呼び込んで。。


ここで本日はクリスマスイブでもありますが、矢野さんの誕生日でもあります!!と秦くん。


ハッピーバースデーソングと供にケーキ登場!!


おおーー

ひゅーーーー!

ひゅ~~~~!

なんつーーーサプライズ!ぐっじょぶだぜぃ!!!


矢野さんにプレゼントがありますって事で、赤いでっかい靴下の中に

金色に光るツアーT特別バージョン♪

生着替えコールのかかる中(笑)

照れくさそうに重ね着する40歳の矢野さんがめっちゃ可愛かったレスwww

オメデトーコールが響くあったかいサプライズでした♪

そんな楽しい雰囲気の中始まりました


19「キミ、メグル、ボク」


もうね、盛り上がらないわけがない!

ハイになって、灰になったのであります!

これはね、今まで一番はっちゃけたと思う私(笑)

だって、、だって楽しい、バンドのメンバーも、秦くんも、お客さんも!

笑顔が満タンでした!



20「朝が来る前に」


壮大な朝が来る前に

感動という言葉だけでは、、言い表せない程

気持が溢れました。



最後、、秦くんがバイバイしてくれた気がして・・・

泣きそうになった。。。嬉しかった。。。ありがとう!!!



今回のライブ

こんな新しい「秦 基博」がいるんだ、

こんなにも違う世界を見せてくれるんだって

思わせてくれたライブでした。


勿論、秦くんの弾き語りは、どうしたって、なにしたって

私にとって、、揺ぎ無い唯一無二のものです。

私のど真ん中です。


だけど、、今日ここで感じた新しい秦くんも

「秦くんそのもの」なんだって確信したのであります!


素敵で、幸せな時間をありがとう!!!


最高に楽しくて、感動して、涙して、、心に残るライブになりました。


次は、、札幌で会いましょうーーー!

hakodate_convert_20101225234632.jpg



またまた、長くて、

私の想いに、気持ちばっかりの感想レポになってしまいました。

ここまで、、読んでくださって本当にありがとうございました♪

ではでは。。。♪


スポンサーサイト


コメント

  1. sunny_kyoko | URL | -

    Re: HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-12月24日

    kumamisan~!
    LIVE最高でしたね~♪
    まだ、余韻が残っております。
    遮るものは何もない場所だったのですね~☆ キャー!
    なかなか姿を見つけられなくて…。
    声をかけられなくてゴメンナサイ。
    私も今までにない最高の席☆ ありがとうございました!
    バッチリ秦バンドと一緒に盛り上がれましたよ~♪

    次は札幌!
    また盛り上がっちゃいましょ~!

  2. クマミ | URL | -

    Re: HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-12月24日

    >sunny_kyoko さん

    遠征お疲れ様でしたe-420
    函館で沢山の幸せを頂けましたねーー!ムフフこのこのぉ~~(笑)v-10
    へへへへ。。←おいっ
    なかなかどうして、そういうチケットが届きまして自分でもビックリしておりました。
    少々首が痛くなったり、色々モロモロありましたけども!?
    本当に最高の音楽を直接届けてくれた
    秦くんに、、、ありがとうと・・心から想いました!!!

    私も、、あの時はかなり自分の事でいっぱいいっぱいで。。
    お声をかけれずにスミマセンでした!!
    札幌でお会いできるといいですね~~♪
    今度はもう少し冷静にライブを見たいなぁと思ったなう(笑)

  3. クマミ | URL | -

    Re: HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-12月24日

    >take_hitorigotoさん

    どうも♪拍手コメのお返事こちらで失礼しまーす!
    ブログ訪問ありがとうございます♪

    少々、、いやかなり私目線全開のレポなので、
    気持よく読めない部分も多々あったかと思いますが、読んでくれてありがとうです(笑)
    来年のライブでは、きっともっと違った秦くんがそこにいそうな気がします!
    思いっきり楽しんで来て下さいませ~~v-10

  4. ひろ坊 | URL | nGPcSh2s

    Re: HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-12月24日

    >クマミさん。
    お早い 函館のおこぼレポ~v-10

    久しぶりの 生秦ハタ唄たちを。
    遮るものは何もない。。。抜群のロケーションで!
    まっ裸にされてきましたのねっe-266
    やっほ~いっ♪←?

    バンドの一体感も どんどん深まっていくんだろうなぁ~。
    来年のツアーでは さらに進化した姿を観れるのかと思うと?
    むひゅ~♪楽しみですわんe-269
    熱々レポ ありがとうです!
    ゴチになりました~♪

  5. クマミ | URL | -

    Re: HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-12月24日

    >ひろ坊さん

    もう勢い余って一気に書いちゃいました!あはっv-8
    レポ読んでくれてありがとうです!i-237
    頂いてまいりました、生秦生歌生生・・・(笑)
    有り難い事に、近い感じで斜めな感じで秦くんを眺めさせていただきましたe-266
    まっ裸です!裸の心でおいで・・とね・・言われてませんけどもwww

    私もびっくりしました、ホントに秦バンドの結束力に脱帽です。
    あんな秦、こんな秦、立ち膝する秦くんにもう。。脱帽です(爆)

    まだまだ、どんどん変わっていく予感にワクワクですね!
    ひろ坊さん的レポもまっとるでぇぃ~~~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkorihata.blog114.fc2.com/tb.php/342-64571322
この記事へのトラックバック


最新記事