秦 基博「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 6月3日・4日 東京国際フォーラム ホールA

2016年06月04日 10:53

ツアーセミファイナルの記憶が上書きさせる前に、感じた気持ちを少しだけ残しておこうと思います。


と、、セミファイナルが終わってから途中まで文章を書き進めていましたが、途中で時間切れ、、(笑)


自分的に近い場所で受け取れたセミのことが中心になってしまいますが、、

ファイナルの感想と織り交ぜながら、感じた事を綴っていこうかと思います。




熊本、札幌、カナケンと秦くんと一緒に想い重ねながら、

瞬間、瞬間の光景を、歌声を心に刻みながら音の旅をしてきました。

青の光景の最終駅は国際フォーラムです。


広い会場に足を踏み入れ、凛とした空気感に心もキリッと引き締まる思いでした。

彼方此方に撮影のカメラが入っていて、期待がさらに高まっていきました。


今回のセミファイナルは真正面から受け取ることができました。


数席前からなかなかの傾斜があって、足元も結構な斜めな感じで、

天然のヒールを履いているみたいでした(笑)

ステージまでの距離は少しばかりあったけれど、表情もちゃんと見える♪

遮りものは何もない素敵な場所でLIVEを味わう事ができました。



そして、ファイナルは、、と、言うと残念ながらHGでチケットが取れず、1階の後方からの参加となりました。


会場全体を高い位置から見渡せるまた違った感じ、

冷静に、ゆったりと、このツアーのラストを迎えることができました。



1.嘘


静かに刻まれていく青の旋律

嘘の世界に身を沈めて

曖昧な心模様の狭間を彷徨う

無限のパラドックス

揺るぎのない歌声が

心の奥底に渦巻く邪悪な傷口に問いかけてくる

[秦 基博「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 6月3日・4日 東京国際フォーラム ホールA]の続きを読む
スポンサーサイト


最新記事