以心伝心

2014年12月30日 09:33

2014年もあと少しで終わろうとしております。

年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか?


私は目の前の現実と、自分の感情と向き合いながら、

そして家族との時間を大切にしながら

一日一日を過ごしておりました。


世知がない世の中を嘆きながら、、受け止め咀嚼する日々。

変わらない、恐ろしい権力の前に、諦めの境地ではあっても、

微かでも未来に希望の光を灯し続けることを忘れずにいたいな・・・。



今年一年を振り返ってみても、、

夏から続く「ひまわりの約束」のロングヒットが一番に思い浮かびます。

沢山の人に秦くんの音楽が届いた事、本当に、本当に嬉しく思います!


連日の怒涛のプロモに大忙しの秦くん。

12月に入ってからもTV出演が相次いで、もう数えきれないくらい!! ←忘れちゃダメ

秦くんの姿や、歌声が届く機会が多くて、嬉しい反面、

相当にお疲れなのでは?と、、心配な気持ちもありますが・・・今が勝負の時なのかな。。。?!

いや、いつだって、今までだって、

ずっと音楽と真摯に向き合っている秦くんの姿は変わらないよね!


始めから手の届かない人だってわかっていたけれど、さらに遠くにいってしまったような

寂しさも感じてしまったり・・・秦くんの存在の大きさにちょっとだけ。。涙


でも、秦くんの音楽に触れた瞬間に、

近くに感じられるから不思議。

どんな時も、気持ちにそっと寄り添ってくれるから離れていても大丈夫って思えるのです。


ライブに行きたいなぁ。。

秦くんの生の歌声を聴いてないから寂しんぼ病を発症しちゃうのです、、きっと(笑)




そうそう、昨日の『THEビッグチャンス』もリアルタイムで観させて頂きました~。



[以心伝心]の続きを読む
スポンサーサイト

秦 基博×映画監督・河瀨直美 トーク&ライブセッション「シンクロニシティ」12月5日 西の丸ドーム

2014年12月07日 15:07

今年は関西へ遠征することこれで何度目になるのでしょうか・・

GM初日、セミ&ファイナルと、、なんだかんだで3度目でした。


秦 基博の弾き語りライブと、河瀨直美監督の映像のコラボ。


それもSAPPORO CITY JAZZで見覚えのある

あのテントときたら行かないわけには・・・!←こじつけ上手


実際はホワイトロックミュージックテントの大きい盤だったようです。(秦くんがライブ中に教えてくれましたw♪)



関空も伊丹空港も飛行機の空きがなく、今回はお初の神戸空港経由で~。


12月の関西は想像以上の寒さでびっくり。

寒波の影響で、冷たいからっ風が吹き、想像したよりもそれは、それは寒うございました。

こんなはずじゃなかったのにーーの巻ね。


それでも冬の空は青く澄んで、、神戸の海はキラキラ輝いて、、

初めての風景に癒されるひと時でございました。

ライブが始まるまで、お友達と美味しいランチを頂いたり~

ハターさん達との偶然の再会にも、ほっこり・ほっこりなのでした☆



坂の陣400年天下一祭特設会場 西の丸ドーム(大阪城西の丸庭園内)へ行く道すがら

大阪城に感動しつつ・・気持ちは秦くんへまっしぐら。。。笑


どこか懐かしさを感じるテントに足を踏み入れ、

チケットを頼りに自分の座席に座り、、想像していたよりもステージが近くに感じられてむふふ。。



昼の部と、夜の部、それぞれに感じたことを少しだけ振り返ってみます。



今回のライブは「ガリゲル」のプロデュースという事らしく、

秦くんの音楽が使用された「なぜか離島へ、明日8:00、波止場にて」の映像が

テントに映し出されました。

「色彩」 「朝が来る前に」 「鱗」からの河瀬監督の映画作品が流れました。


ステージが近めだったので、かなり見上げなくてはならず、、

チラチラと眺めつつ、、目を閉じつつ耳で味わう時間でございました(笑)←ダメだろう


秦くんと河瀨監督が登場して、ライブ前に少しだけまったりトーク♪


B4ILsrMCIAAa1D8.png


監督は会場に集まったお客さんの大半が秦くんファンだという事を察した上で

色々とハター目線に立ってお気遣い頂いて。。素敵で優しいお方でした~!


前半、ライブでは5曲、

そのうちの2曲を河瀬監督の映像でコラボをすることが伝えられました。

テントの半分は秦くんもライブをしながら眺められるように配慮されていたそうです!


[秦 基博×映画監督・河瀨直美 トーク&ライブセッション「シンクロニシティ」12月5日 西の丸ドーム]の続きを読む

「Great Studio Live at BUDOKAN」~バラスーシな奴らがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!~11月4日

2014年11月06日 14:38

前日から発達した冬型の低気圧の影響で、

冷たい北風が吹き荒れておりました、こちら北海道。

暴風&雪の世界から向かうは3度目ましての武道館。


音楽プロデューサー島田昌典活動30周年記念ライブを受け取りに行ってまいりました♪


2011年の秦くん5周年ライブ、そしてGM AT BUDOKANと、

二か月連続でこの武道館へ足を運んだ記憶が淡く蘇りながら

どこか懐かしい風景も、そこに流れている厳粛な空気感も、

変わることなく私を迎え入れてくれました。



ライブ開催が決まって、チケットが発売されたのは確か2月頃。

その時は10か月も先の予定も全く立たない状況の中、、

島田会は行っとかなくちゃダメなやつでしょう。。。!?と、迷うことなく決断した遠いあの日。

はい、、、私の予感に間違いはありませんでした!(笑)


このライブをひとことで言い表すならば

「バラスーシ!」

なんて的確な言葉なのでしょう。。。!


ステージセットはGreat Studioを再現したものでした。

並べられたソファーに、沢山の楽器とCD達。


島田さんの自宅Studioにプロデュースしているミュージシャンがお邪魔する展開から始まりました。

「ピンポーン」 最初に訪ねてきたのはback number。


[「Great Studio Live at BUDOKAN」~バラスーシな奴らがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!~11月4日]の続きを読む

「evergreen」

2014年10月30日 11:36

冬へ一歩ずつ歩みを進めておりますこちら北海道。

みぞれ交じりの冷たい雨が降った後には、

気持ちを晴れやかにしてくれる虹が待っていてくれました。

心待ちにしておりました弾き語り”によるベストアルバムの封を開け

ヘッドフォンから流れ出す音に全神経を集中させて再生ボタンを押す・・・

クリアに響く音の粒は、心の隅々まで染み込み、、感情を揺り動かすのです。。

色々な場面で、ライブで聴いてきた曲達なのに、ひとつとして同じものはないと改めて感じました。

CDを聴きながら、、この歌声はもしかしたら?あのライブかも?と思う瞬間があって、、

最後まで聞き終わって、、今度はどのライブのテイクなのか特定したくてうずうず(笑)


ライナーノーツのヒントを頼りに、カナケンのDVDから該当曲を探す旅へ。。。←猪突猛進


[「evergreen」]の続きを読む

ハタペと歩いた道

2014年09月30日 11:51

ハタペディア終わってしまいましたね。。

昨夜は無事に最終回を受け取る事ができました。

ハタペの放送開始から1年9か月、なかなか深夜に起きて聴くことは難しかったけれど、

優しさのお零れを頂いて、ほぼ全ての放送を楽しませて頂きました。

本当に感謝感謝なのでした!


秦 基博の殻を破って、今まで閉じられていた扉をどんどん開けていきましたね!

意外な?一面を垣間見れたり、、♪

素の部分に触れられる貴重な時間でした!


ラジオの向こうとリスナーの、Twitterを通したリアルタイムな繋がりも、

UST生中継も双方向な感じで嬉し恥ずかし☆

自分のメッセージが読まれないかなーと、ドキドキしながら聴くのも楽しかったなぁ。。

今まで結構な数のメッセージをハタペに送ったけれど、、

結局最後の最後まで読まれることはありませんでした(笑)

梅ちゃんにいけずーーーw


話している表情が見えない分、頭で想像する余白が沢山あるので

言葉のニュアンスや、声から伝わる感情に、

あれこれイメージを膨らましながら楽しませて頂きました。

開花しちゃた、ディープな深夜の世界とか、物まねとか、、

そんな事まで言っちゃっていいのーーー?!とハラハラドキドキ&にまにま(笑)←妄想が暴走


ラジペスタッフによる茶目っ気たっぷりに加工されたフォトも最高でした(笑)

pic141029008.jpg


[ハタペと歩いた道]の続きを読む

Home Ground 7th 「ようこそ!秦 基博 ロイヤルサロン 2014」

2014年09月28日 13:13

一つとして同じものは無いハズなのに

どこか懐かしい思い出が蘇るのはなぜ


色づいてゆく木々 枯葉舞う音

大空に描かれていく雲の風景画

仄かに香る記憶

夕陽は変幻自在に色彩を重ねていく

秋がくれる贈り物

心を奪われて なんとなく寂しくて 切なくて

胸がサワサワと悲しい音を奏でてしまいそう



季節の移ろいを目や耳や肌触りで感じる日々を過ごしております。

秋は物憂げで、哀愁を感じてしまうのは、

意味もなく感傷的になってしまうのは何故なのでしょうか、、

ひとりひとりの季節もまた巡りくる。




そんな中、、、

3度目のロイヤルサロン、無事に頂く事ができました!!←女心と秋の空

HG7周年おめでとうございます!


ゆったり、まったりお家で楽しませて頂きましたー♪


髪の毛を切ってすっきりした笑顔の秦くん。


今年もやっぱりスタッフとしてジョイマンのお二人が登場したよね、、、w

呼んどいてアウェイ感ハンパなかったよね(笑)←秦くんのドS炸裂だよね


毎年あまり変わらない!?コントに冷たい視線を浴びせる秦くん&ハターの皆様(ツイが次第に氷点下)


池谷さんの過去のミスの映像からの、滑舌の悪さを克服しようっていう展開に→コンテナへ強制退去

打ち上げで活きるだけじゃイケナイよねってことらしいです(笑)←秦アイだよねw


そんなこんなで、秦くんと高木くんと二人で進行されることに。

これが意外とスムーズでした(笑)


[Home Ground 7th 「ようこそ!秦 基博 ロイヤルサロン 2014」]の続きを読む

みんなで“UHB!”ライブ 9月19日 ニトリ文化ホール

2014年09月20日 11:45

秋深し北の大地に豪華なミュージシャンの皆様が集結致しました。

空はコロコロとその表情を変え、雨時々晴れのち虹・・・

そんな忙しい上空ではございましたが、なんてことないのさー♪

ライブが始まるまでの、あれもこれも、ドキドキでホクホクで、ほろ酔いで(笑)

会場のニトリ文化ホールはGMファイナル以来、、でしょうか?

今回はステージからはちょっとばかり離れておりましたが、真ん中ゾーンで視界良好でございました★

初KANさん企画wのコラボライブ。始まる前から期待はむくむくとね(笑)


出演者、スターダスト☆レビュー / KAN / 馬場俊英 / 秦 基博



セットリストが、拾いきれなくて、、検索に次ぐ検索でも、、

実は秦くんの楽曲以外は曲名も殆どわからずじまいですが、、

秦くんの歌ったセトリの雰囲気を少しだけ、、


オープニングから出演者の皆様SKBH(スケベww)がステージに並び、

KANさんは燕尾に白い羽の衣装で~wこの羽がのちに皆の背中も、、、


繰り広げられる数々の極上コラボと小芝居、、ダンスと可愛いコスプレと・・・謎のオクトパスコーナー(笑)


曲間で登場したUHBアナウンサーさんを交えてのトークも面白かったなぁ。

一台の小さなカメラしか連れてきてない「U型ライブ」スタッフに

後日ニュースで流れるのはトーク部分だけなんじゃないか!と突っ込まれておりましたw


おしゃべり上手な要さんと、KANさんがステージにいたから、

暫く言葉を発せない笑顔の秦くんが愛おしかったです。



それぞれの持ち歌を全員で歌い、演奏していく時間はそれはそれは新鮮な気持ちで、、

重なるハーモニーとメロディ。

[みんなで“UHB!”ライブ 9月19日 ニトリ文化ホール]の続きを読む

J-WAVE LIVE 2000+14 国立代々木競技場第一体育館 8月30日

2014年09月01日 17:01

行ってまいりました、私的には4年連続のJ-WAVE LIVE !

毎年驚くほどの灼熱の代々木でございましたが、

今年は北の気温と大差もなく、それはそれは快適な東京でございました~!


予想外のデング熱騒動もありましたが、

そこは虫除けスプレーの出番ということで(笑)


30日のアーティストが発表になる度に、期待度がグングン上がっていった今回の一日目。


蓋を開けてみれば、、5組とも大好きなシンガーソングライターばかり♪


今年のラインナップはもう、もう、、本当にありがとう!!!なのでした。


そんなこんなで、涼しいハズの東京某所を颯爽と、、いや必死で走るワタクシメ。

お友達と合流するまでに山手線を乗り間違えたりね、

冷や汗タラタラのすったもんだありましたがw

そこは、ほら旅の醍醐味っていうことで!←大迷惑

ライブが始まるまでは、美味いランチや、

久しぶりのハターさん達との再会も堪能致しました♪

今年は2年連続一桁はならずとも、

なかなかに素敵なお席でライブを見ることができました♪ありがたや~~



[J-WAVE LIVE 2000+14 国立代々木競技場第一体育館 8月30日]の続きを読む

海辺のスケッチ

2014年07月15日 23:26

こちら北海道も夏本番を迎えました。

暑いのは大の苦手だけれど、清涼感たっぷりの抜けるような青空と、

爽やかな夏の空気を吸い込むと自然とパワーが湧いてきますね。


庭先には香り高いのラベンダー、目にも鮮やかな紫陽花が庭先を彩って、

四季折々の自然を味わえる幸せを噛み締めております。。


心が折れてしまいそうな悲しい出来事もあったりしたけれど、、、

人の優しさや、温かさに、そして強さに、何度も救われました。

人生の先輩の背中はとっても大きかったのです。

私はまだまだ未熟者だと痛感いたしました。


命の尊さも、儚さも、、人とのつながりも、絆も

普段はなかなか深く意識することも少ないけれど

今、この瞬間瞬間を大切にしていかなければと、自分自身に問いかける日々でした。


そんなこんなで、、

色々ありましたが、、やっぱり心の拠り所は、音楽ということで。。

ひまわりの約束のカップリングがハタペでOAとなりました。

今回はメロディよりも歌詞を先に書いたそうです。ほぅほぅ珍しいですねっ


[海辺のスケッチ]の続きを読む

Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014”6/18.19 大阪フェスティバルホール

2014年06月21日 14:42

蝦夷梅雨の北の空から太陽が消えて、、数えれば2週間も雨が続いていました。

静寂と湿度を含んだ澄んだ空気に包まれてしっとり、、しんみり。

大阪へ行く数日前に一本の電話。

ずっとずっと心配していた事態に、ざわめく心。

。。。もしかしたら全てキャンセルすることも覚悟しておかなければ、、、。

心を落ち着かせることが精一杯で、自分が出来る事は、ただ、、祈ることだけ。

そんな不安な状況が大阪へ飛ぶ直前まで続きました。

頭の中で理性と欲望が渦巻き、葛藤を繰り返す時間


本当に不謹慎で、弱くて情けない自分の姿を自覚しながらも、、


こんな状況の中でも、、秦くんの歌を受け取りたい想いがどうしても消せなくて、、苦しかった。

迎えた当日の朝。

不安で後ろめたい気持ちを抱えたまま、乗り込む飛行機。

どうかこの旅が無事に終われますようにと、何度も何度も祈りながら

自分自身に戒めながら、、。




大阪セミファイナルは自分の気持ちがちょっと不安定な事もあって

ちゃんとした感想が書けそうもなくて。。ごめんなさい。


ライブ中も、、どこかぼんやりしてしまうことが多々ありました。


GM札幌でも実は同じような感じで、、それは自分自身の問題なのか

秦くんへのものなのか、、、。


どんなに素晴らしい歌声を聴いても感情が動かない、心が震えない。

深く楽曲の世界に入っていけない。

何故?

どうしちゃったんだろう・・・何が変わったというの?

気持ちの飽和状態なのかな?


戸惑いと疑問が残るばかりで答えは見つからなくて。


今まで何度も深く浸透して、胸を熱くさせてくれた音が自分の身体をすり抜けていってしまう。

ライブに集中出来ない自分がいたのです。


しかし、大阪セミファイナルの

「言ノ葉」で

そんな気持ちのモヤモヤも、、何もかも忘れて歌の世界へグッと引き寄せてくれた。

何も考えずに、ただ心を真っ白に解き放って受け取る秦くんの歌声。

心の何処かで頑なに閉ざしていた感情が次々に涙と一緒に溢れだしました。


もっと単純に、素直に聴けていたら違っていたのかな。

過去と今のギャップに戸惑っていただけなのかもしれないと気づいたのです。。



そんな反省と、秦友さんと一緒に飲み明かした美味しいお酒で自分を取り戻したわけです。。笑

ぺしっと頭を叩かれて、ほっぺたごむぎゅーーーっと引っ張られた気分のセミファイナルでした。。。←意味不明

そんなこんなで、、ごめんなさい。ちゃんとした感想になっていなくて、、、笑


そんな疑心暗鬼な気持ちがクリアになって迎えたGMファイナル。

とっても、、とっても素晴らしかった。

秦基博の本質は何も変わっていなかったし、ちゃんと心の真ん中にいてくれた。



秦くんの歌声を生で受け取れる事の尊さを噛み締めて、一曲一曲大切に受け取る事ができました。


[Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014”6/18.19 大阪フェスティバルホール]の続きを読む

Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014” 5月11日 札幌市民ホール

2014年05月13日 10:27

5月11日


抜けるような青空と

鮮やかな新緑が目にしみる。

爽やかに北の大地を吹き抜ける風は

いつかの懐かしい記憶を連れてくる。


心を和ませてくれる自然の息吹に

そっと背中を押されながら会いにいくよ。 

たった数時間だけれど

かけがえのない時間の大切さや幸せに気づいたから・・・



風薫る五月の札幌に秦くんが歌を届けに来てくれました。


GM初日の記憶がまだ鮮やかな色彩でふとした瞬間に蘇り、、

物思いに耽る日々でした。


ライブ前は沢山の秦友さん達に再会出来る喜びも、楽しさも味わいつつ

楽しい時間を過ごすことができました♪



今回は自分の座席の横も、そのまたお隣も、

ずらーっとお友達5人が一緒になるというミラクルシート!

チケットを別々に取ったのにあるんですね~こんな偶然(笑

そんなこんなで、すっかり気分はリラックスモードで、

初日に感じた緊張感は何処かに置き忘れてきちゃったみたです(笑)



[Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014” 5月11日 札幌市民ホール]の続きを読む

Hata Motohiro presents an acoustic live“GREEN MIND 2014” 4月30日フェスティバルホール

2014年05月02日 14:03

今年初めての秦くんの生歌を受け取りに、

一年ぶりの大阪へ行ってまいりました。

天気図は不穏な空気を漂わせておりましたが、朝には雨も止み、

空港に降り立つとそこはどこか懐かしい初夏のような温かさ。


2度目の大阪だけれど、この前のグランキューブの時と同じ道だからなんくるないさ!

今回は迷子にもならずにスイスイと軽快な足取りで(笑)

向かう道すがら、変わらない景色に次第に胸が高鳴っていく。


重厚な佇まいのフェスティバルホールに、

徐々に集まりだす沢山の人達、皆様笑顔が眩しい!

沢山のお久しぶりの再会にほっと心が和む時間でした♪

こうして広がっていったご縁も秦くんが繋いでくれたものだから長く大切にしていけたらな。。♪


ロビーにはメイトンギターの展示や、緑の窓口もあったりお楽しみもいっぱいでした☆


BmhSPwYCcAEPoVf.jpg




自分の座席に座り、想像以上の近さに感動、、自分ぐっじょぶ(笑)←



静かに流れ出すTheme of GREEN MIND 、、

新しいGMの幕開けです。

ここからライブのネタバレがありますのでご注意くださいませ♪


[Hata Motohiro presents an acoustic live“GREEN MIND 2014” 4月30日フェスティバルホール]の続きを読む

『STAND BY ME ドラえもん』

2014年04月18日 10:57

おはようございます。

今朝は思わぬニュースにビックリなのでした!!!

ドラえもん初の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』

(八木竜一、山崎貴監督、8月8日公開)の主題歌を秦くんが担当することになりました!


2014年8月6日(水)発売
タイトル:「未定」
作詞・作曲:秦 基博 / 編曲:秦 基博、皆川真人
all songs written and produced by Hata Motohiro





小さい頃から大好きで観ていたドラえもん。

今は娘達の世代へ受け継がれているドラえもん。



公式オフィシャルに添えられたメッセージ


思えば、気がつくとドラえもんはそこに居ました。
そう、ドラえもんは現代の日本人の心に浸透しきっています。
なんと漢字変換ソフトで「どらえもん」と入力すると、一発で「ドラえもん」になって出てくるほどです。
それほどドラえもんは日本人の日常に溶け込んでいるのです。
あまりにも日常的に身近にあって、空気のような存在で‥‥ドラえもんはいてくれてあたり前‥‥と、
ほとんどの日本人が感じています。しかし本当にそうなのでしょうか?
当然のことですがドラえもんにも始まりの物語があり、また何度か最終回も描かれています。
僕たちは、今回、そこにもう一度光を当てて、『ドラえもんは未来からやってきたロボットで、
いつでも帰ってしまう可能性を秘めているのだ』ということを再認識する物語を作りたいと思っています。
そして当たり前のように見える『日常の風景』がどれほど貴重で尊い物であるかということを逆に照射するような映画が出来るといいなと思っています。
もう一度原点に戻り、ドラえもんとの出会い、次第に友情が深まっていく様、
そして悲しい別れを丁寧に描いて日常と空想が最高の形で手をつないでいるドラえもんを再発見したいと思っています。

八木竜一・山崎貴




懐かしさと新しさの共存が、今でも色褪せないドラえもんだからこそ

大人の自分が観ても架空の物語の世界へ、

一瞬でタイムスリップ出来ちゃうのです。


[『STAND BY ME ドラえもん』]の続きを読む

ねがい

2014年04月16日 14:41

4月、新しい門出の季節ですね。


娘っちも新しい世界へ一歩を踏み出しました。

小学校から中学へ、、

想像以上に今までとガラリと変わった生活にまだココロが落ち着かない日々。

私も慌ただしい毎日の中で、一つずつ経験値を積み重ねている気分です。



私自身が過ごしてきた学生時代の頃を思い出しながら、

その時の母の姿を思い浮かべたりして。


男勝りの母はどーんと構えていたような気もするし、

あれこれ口出しされていた気もするし。

だけど、いつも私の事を、家族の事を一番に考えて

大きな心で見守っていてくれたのは強く感じていました。


あの頃の私は至ってのほほーんとかきゅきゅーんとか、、

誰が好きだとか、好きだとか。。。勉強なんて二の次でw

そんな風に過ごしていた記憶ばかりが思い出されるのは何故(笑)


親になって初めて、親の寛大さに気づくことも多くて・・・

時々自分の姿を客観的に見つめなくちゃと反省の日々。


そっと見守る勇気も必要なのかな、、とか。

自分の感情や理想ばかりを押し付けるのは、やっぱり違うのかな・・・とか。


自分の基準で相手を見るのではなく、相手を深く理解しようとしなくちゃ。


何気ない言葉が他人を傷つけているかもしれないし、

全てが自分の思い通りになわけではないし。

どれが正解かなんて、正しい尺度かなんて誰にも解らない。


認めて、受け入れる。


相手の事を思いやる気持ちを忘れずに、、いられたらいいな。


まだまだ心配ばかりしている未熟な母ではございますが、


人の痛みを共感出来る人でありたい、、そんな風に思っております。




そうこうしている間に時は流れ、

新曲のプロモも始まったご様子の秦くん。


お疲れ様です!


ハタペでC/W「五月の天の河」もOAされましたね。

早速聴かせて頂きました。





「五月の天の河」


[ねがい]の続きを読む

芽吹く春のはじまり

2014年04月04日 11:47

春の雨、、気分は桜雨かな。


こちらはようやく雪解けも進み、春へと歩み始めたばかりですが、

桜前線を追いかけるように桜の便りが届き始めて、

満開の花々を愛でるひととき。


一足お先にフォトでお花見気分を味わっております。



ラジオからはダイアローグ・モノローグが流れ始めましたね♪

今朝も偶然の出会いにどきどき♪


不意に好きな人に会えた時のような心が躍るような感覚は

何度経験してもやっぱり嬉しいものですね♪


五月の天の河も楽しみだな。

いつ出会えるかな♪

ん、4月23日に届くのを心待ちにするのもいいかな。



そして、まだまだ先だと思っておりました、

GM初日はもうすぐそこに。。きぃーー!


今回は初日と、札幌と、大阪セミ&ファイナルに飛んでいく予定のワタクシメ。



今年前半は節約に次ぐ節約で、アレもコレも我慢の日々でございましたので、、

これからぐーんと加速していく次第でござます(笑)←



HG Reportで秦くんの姿を見つけてトキメク秦ゴゴロ。←私の頭の中も春ですね(笑)


新曲プロモに、GMの打ち合わせに忙しそうな秦くん。

お疲れ様です!!!


[芽吹く春のはじまり]の続きを読む


最新記事